2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死って病気ですか?

1 :病弱名無しさん:01/11/07 21:50 ID:???
死ぬ事を一つの病気だと考える事はできるでしょうか?
誰がもいつかはかかる病気。
専門家の意見を少しばかりアドバイスください。

2 :病弱名無しさん:01/11/07 21:56 ID:IVy2uhFj
考えられるとしたらどうするんだ?

3 :病弱名無しさん:01/11/07 22:22 ID:???
病気は生きているときにするものと、定義すると死は病気ではない

4 :病弱名無しさん:01/11/07 22:36 ID:???
テロメアのことを勉強してみな。答が見つかるかもよ。

5 :1:01/11/07 22:39 ID:???
私は医学を勉強しているわけではないのですが、死について興味があります。
>>3
私は「死」も病気と考えきれるかな?と思いました。
心臓停止や呼吸停止なども治せる範囲ではありますよね?確立は低いけど。

>>2
「死」のイメージについて発展性を見出したいだけです。
具体的に不特定多数の意見が欲しくてスレ立てました。

6 :1:01/11/07 22:43 ID:???
>>4
ありがとうございます。体細胞クローンですね。
友人とそれについて語ってたんですが、真核生物に関しての知識が足りなくて
今勉強中です。

7 :1:01/11/07 22:54 ID:???
哲学的な考え方でもかまいません。
様々な意見をお待ちしております。

8 :病弱名無しさん:01/11/07 23:04 ID:2rRbpFMC
心停止や呼吸停止の状態は死ではないよ。
不可逆で初めて死と呼ぶ。
それをムリヤリ「病気」とするとしたら、絶対に治せない病気だな。
となると、病気と呼ぶ意味もない。

9 :病弱名無しさん:01/11/07 23:06 ID:???
自分は、あんまり長く生きることに興味はナイんだけど、何故、病気と
とらえたのだしょうか?

10 :病弱名無しさん:01/11/07 23:16 ID:???
俺、ちっちゃい頃、死を病気と思い込んでいたよ。
母ちゃんに「ねーねー、どうしたら死は治るの?」
みたいな質問をしたことあったっけ(w
手前味噌じゃないがまさに
「子供は小さい哲学者」
の手本だね。

11 :とれま ◆HAGExl.c :01/11/07 23:17 ID:???
こういう話を聞くとガリバー旅行記の「不死国」を思う,わたくし

12 :1:01/11/07 23:24 ID:???
>>8
じゃ、死は絶対治せない病気として定義した方がいいのかな?
そうすると>>3の意見のように病気ではなくなりますね。
じゃ、「死」を「生きている時にかかるもの」と定義した場合、
「死」は治せるものと考える事はできないでしょうか?
その辺で妙に悩んでます。

>>9
長生きなどは考えた事は私もないんですけど、
死を病気と考えたのは単純に死のイメージを従来のイメージとは
違う形で考えてみたいからです。

13 :1:01/11/07 23:29 ID:???
>>10
キリスト教上、死は復活として回復できるものとしてとらえられているそうですよ。

>>12
それ読んだ事ないです。図書館で探してみます。
西洋では不死国や女国、男国などの概念が昔はあったようですね。

14 :病弱名無しさん:01/11/07 23:31 ID:???
死が病気なら、生物の発生もその進化も病気の一つだと考えられないかな

15 :きゅう:01/11/07 23:31 ID:???
誤字がありました。恥ずかしいっす。

死=病気というイメージでいくと、苦しい、必死に治す、病院、
チューブでいっぱい・・・てな感じかな。

死。自分は「長い睡眠」かなぁ。眠るんじゃなく、淡々とした
無機質なカンジで。

16 :病弱名無しさん:01/11/07 23:33 ID:HPAoB6lu
ていゆうか、生きてる状態も
病気やと言えるからねえ

17 :1:01/11/07 23:37 ID:???
>>14
死を病気の一つとして見た場合、退化も病気と考える事ができますね。
進化はどうなんでしょう。
不具合を切り捨てていくと見た場合遺伝子の作用ですから、同じくして
遺伝子の作用である死も、やはり病気。かな?
なるほど。
病気の定義を明確にしないといけないみたいですね。
貴重なご意見ありがとうございます。

>>15
長い睡眠とはいわゆる「無」ですか?もしくは仏教上の「空」。

18 :1:01/11/07 23:39 ID:???
>>16
そう考えると完全な健康というのは存在しない、、という事かな?

19 :きゅう:01/11/08 00:04 ID:???
>長い睡眠とはいわゆる「無」?もしくは仏教上の「空」

う〜ん、我が家は宗教がバラバラなんで、区別がつかないんですが・・・。
自分の中のイメージを説明するとですね(わからなくなったらゴメンね)。

「死んだら灰になって空に帰る。そして雪になって地上に戻って水になる」

こんなんでもいいかなぁ〜、と思ったのが始まりでした。死に関して。
でも、葬式とかってスンゴイ抵抗があって、嫌な自分もいたりする。
まわりに迷惑がかからなきゃ、そのへんに捨てちゃってもいい自分の死体。
(イヤ、ものすごい迷惑だって(W)
鳥葬でも水葬でも、ぜんぜん(・∀・)イイ!と思う自分は、魂と身体の分離を
考えているのだろうか?
・・・イヤだけど、どうもそうらしい!→んじゃ、睡眠と一緒じゃん。
途中かなり大きなジャンプをしましたが、こんなんです。・・・仏教なのか?

20 :病弱名無しさん:01/11/08 00:09 ID:u8ZXxwOX
>>1
生物が死ななくなったら地球上が生物でいっぱいに
なっちゃうよ。自分の生を一生懸命、全うしようよ。
子供を育てて遺伝子も残そう!

21 :病弱名無しさん:01/11/08 00:45 ID:???
宇宙は、エントロピーが増大する方向にある。(エントロピー増大の法則)
生物は、その増大するエントロピーをうまく体外に排出し、一定のポテンシャルを
保とうとしている。つまり、生命活動とは、エントロピー増大の法則に抗う活動だ
と考える事が出来る。

しかし、そのエントロピー増大の法則に抗う生体システム(細胞分裂とか)も有限
であり(そのへんは、テロメアの勉強をしてね)、徐々に体内のエントロピーは増
大していく。これが老化。

やがてそのシステムが停止し、エントロピー増大の法則に従い、宇宙の塵に返る。
これが老衰による生命の死だと言えるだろう。
ちなみに病気は、生体システムのエラー。そのエラーによりシステムが強制終了
されることを、病死だと言えるだろう。

以上、私の意見です。

22 :病弱名無しさん:01/11/08 08:10 ID:???
>>19
私も宗教は持っていないのですが、読んだ本に照らし合わせると仏教に近いですね。
でも葬儀の面から考えると民族宗教とも取れると思います。
で、「死」って治るものだと思います?

>>20
同意です。生をまっとうするのが勤めだと思います。
死ぬ死なないというよりも死そのものってなんだろうって疑問はつきまといますけど。

>>21
病死については納得できました。
でも老衰や自然死などと言われる部分はエントロピー増大の法則だけで説明できるのでしょうか?
遺伝子の中に「死」があるのは立証されましたが、
その遺伝子の中の「死」を操作する事は不可能ですかね?

23 :19:01/11/08 09:31 ID:???
なんか仏教に近い印象でしたね〜、自分。実はイチバン苦手の仏教、とほほ・・・。
で、治るのかどうか!ですね問題は。
ある限定された意味では、治るものだと思うんですよ。
生命体としての肉体が活動を中止したことを「死」と決めなければ。
どうですかねぇ。アホなのかな、自分。
もう少し考えてみるね〜!

24 :病弱名無しさん:01/11/08 12:29 ID:YUha80Vk
>>18
そんなの医療の世界じゃ常識だよ
完全に健康な人も完全に不健康な人も存在しない
ものすごく多様な「健康レベル」の人がいるだけだ
このレベルが下がりきった所に死がある
上は無限

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)