2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〜どうよ?統一スレ

1 :DOU〜YO!:01/09/18 20:51 ID:6GXxhs32
どうよ?

2 ::01/09/19 13:33 ID:mc0xoNBk
俺のウンコどうよ?

3 ::01/09/19 14:14 ID:CBQ7AIdY
俺のチンコどうよ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/19 14:20 ID:3BWEoSRs
          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          || むやみに     。   Λ_Λ.||  いいですね。
          || スレをたてない\ (゚ー゚*).||
          ||________⊂⊂ |. ||
  ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (・,, ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |.      |
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(    ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
   @_(  ∧ ∧_(    ∧ ∧_(    ∧ ∧  は〜い、先生。
    〜(_ (   ,,)〜(_ (,, ・o・)〜(_ (   ,,)
       〜(__ノ    @___ノ    〜(___ノ

5 : :01/09/19 17:51 ID:NI28qBJ.
1はある日、猛烈に駄スレを立ててみたいという衝動に駆られた。
日々繰り替えされるハードワークの中で、1はある種の目眩に襲われた。
いや寧ろ、1の中にある欲求がオブラートのように現実を歪ませて見せたのであろう。
もはや1には駄スレを立てる以外に心神喪失を防ぐ手立ては残っていない様に思われた。
ゆっくりと、確かめるように駄スレは立てられ、1の中で何かが音を立てた。
掻き毟る様な音と共に精神の均衡が崩れ去ろうとした刹那、上司の一声で我に返った。
体中から吹き出す汗でワイシャツがべっとりと体中に張り付いている事に1は戸惑い、
鬩ぎあう白昼の悶絶の果てに陥っていた自我を初めてそこで認識した。
何とか取り繕おうと必死に返事をかえしたつもりが、むせ込むばかりであった。
上司は顔色を曇らせながら1のノートパソコンを覗きこんでいた。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/19 18:36 ID:l6p6BY/E
>>4

めちゃ、かわいい(は〜とぉ)

7 : :01/09/19 20:32 ID:SqjkXOws
>>8-1000
レス付けちゃダメだよ
あんたがココで厨房を相手にしたら
スレ立てれば相手にして貰えるって思うバカが増えるだけだからね
あんたのチョットした気まぐれでココの板に、ごみスレッドを増やす結果になっちゃうんだよ。

あと怒りや不満のレスも付けないで、厨房は相手にして貰いたいだけでスレ立ててるからね
このアトも>>1を相手にしてる人間も無視して、>>1と同じ種類の人間か>>1の自作自演だから。

8 :DOU〜YO!:01/09/23 19:17 ID:UUJAkQds
agege〜n

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)