2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

♪ヌーヴェルヴァーグの雄、リヴェット最高♪

1 :名無シネマ@上映中:02/10/08 22:30 ID:rbW8pECd
セリーヌとジュリーは船で行く、北の橋、美しき諍い女、
修道女、最高に素晴らしい!!

リュック・ベッソンのジャンヌ・ダルクもいいかもしらんが、
リヴェットのジャンヌとは、比較にならんと思う。

同志はいるか〜?

2 :名無シネマ@上映中:02/10/08 22:50 ID:rbW8pECd
だれか〜。。。。来い!

3 :名無シネマ@上映中:02/10/08 22:52 ID:BuYNJXNh
美しき諍い女は2h版より4h版のがヨカタ。
あとリュック・ベッソンのジャンヌ・ダルクははっきり言ってクソ。
俺がこのスレに言える事はそれだけだ。>>1

4 :名無シネマ@上映中:02/10/08 22:58 ID:BuYNJXNh
映画評論家を経て、『カイエ・デュ・シネマ』誌編集長となる。その間、いくつかの短編を演出したのち、1960年に長編第1作を発表。ヌーヴェル・ヴァーグのひとりにも関わらず、日本での紹介は遅かったが、1991年に「美しき諍い女」がヒットした。

5 :1:02/10/08 23:02 ID:rbW8pECd
>>セリーヌとジュリーは嫌い?

6 :名無シネマ@上映中:02/10/08 23:06 ID:UhFc3G8K
秀作と愚作の差の大きな監督ですね。

『彼女たちの舞台』も素晴らしかったです。


7 :名無シネマ@上映中:02/10/08 23:08 ID:BuYNJXNh

不毛だった1970年代フランスのもっとも重要な作品。かな?
それと、「ジャンヌ」の出演者インタビューつき5時間半完全版をいつか見たい。

8 :1:02/10/08 23:22 ID:rbW8pECd
ジャンヌの音楽、サヴァール指揮エスペリオンXXなんやね〜。

9 :名無シネマ@上映中:02/10/08 23:36 ID:BuYNJXNh
興業的にも批評的にも長年無視されてたような。
こんだけのレスがついただけでも、感謝しろよ>>1(W

10 :名無シネマ@上映中:02/10/08 23:41 ID:UOMxMjtt
やっぱり『北の橋』でしょう。
まったく似てないオジェ母娘がパリの街をぐるぐる回る。
あまりに面白くて、おわんないでくれーって感じでした。
恥ずかしながらピアソラ知ったのはあれが初めてだったなあ。
パスカル・オジェがパリの街をバイクで駈け回るあのシークエンス、
忘れられません。

11 :名無シネマ@上映中:02/10/09 00:08 ID:8sozN5PT
>>6
そうか?おれはどれも好き。
秀作と愚作というより意識的に両極端な映画を撮っていると思われ。
最近では「secret deffense」のような救いのない映画の後に「恋ごころ」の
ような大団円の映画を撮っている。

12 :名無シネマ@上映中:02/10/09 23:25 ID:LBb0Pr1w
セリーヌとジュリー、まだヨーロッパ映画をほとんど知らない頃に
見ました。衝撃的だったな。
すごく自由で柔軟で、とにかく面白かった。

むずかしいコトはわかんないけど、それ以来、リヴェット作品のファンです。
もっと知られてもいい監督だと思いますよね。

13 :名無シネマ@上映中:02/10/10 00:08 ID:N0I6rX4w
リヴェットの映画は、難しくなんかない。
単に、面白いだけ。ただし、無茶苦茶面白い。

14 :名無シネマ@上映中:02/10/10 01:21 ID:o6cAOG6U
どっかで上映してくれないかしら?

15 :名無シネマ@上映中:02/10/10 12:18 ID:U47IrUw5
ホントホント。同感同感。

16 :名無シネマ@上映中:02/10/10 12:40 ID:XGzxoRsX
12さんと13さんの書かれていることに全面的に同意します。
最新作の『恋ごころ』だって、すごくシンプルでイキイキしていて面白い!

17 :名無シネマ@上映中:02/10/10 14:13 ID:AOV78Q+h
『恋ごころ』は良かったけど、『諍い女』は長すぎると思う。 


18 :名無シネマ@上映中:02/10/10 20:31 ID:Aq+PvMMF
リヴェットは、自由奔放な作品の方が人気アルと思うけど、
修道女のように極限的にシリアスな映画も素晴らしいと思う。


19 :名無シネマ@上映中:02/10/10 21:53 ID:WN+MNV4n
セリーヌとジュリーは船で行くが、マルホランドドライブに影響を与えているのではないか?という説はどう思いますか?

20 :名無シネマ@上映中:02/10/10 22:32 ID:QC4kv3de
>>19
セリーヌとジュリー>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>まるほらんどどらいう゛
だと思うけどそういわれてみると、ちょっと似てるよね。

21 :名無シネマ@上映中:02/10/11 01:12 ID:S7WBOvb1
いまから「パリでかくれんぼ」観ます。

楽しみ楽しみ!!

22 :名無シネマ@上映中:02/10/11 09:50 ID:4tnqoGbN
リヴェット大好き!

23 :名無シネマ@上映中:02/10/11 23:33 ID:KjCUI/ga
リヴェットって、女優さん選びが上手いなあって思いません?
諍い女で初めてベアールを知って、他の監督の出演作品もいくつか
観たんですけど、リヴェットほど彼女を魅力的に撮っている人はい
ないって感じました。

24 :名無シネマ@上映中:02/10/11 23:36 ID:TyPKOHVO
確かに。

っていうか、男優が主役のリヴェット映画ってボクはしらんけど、あんの?

おしえてちょっ!

25 :名無シネマ@上映中:02/10/12 00:00 ID:3Z+wJ7IZ
今は亡きACT SEIGEIでレトロスペクティヴ日参したなあ。
『彼女たちの舞台』のロランス・コートはやっぱ鮮烈でした。
女優さん選び確かにうまいよね。
『嵐が丘』のキャサリン役やったファビアンヌ・バブも
可愛くてセクシーだったし。ほかで観たことない人だなあ。

>24
『アウト・ワン』ってジャン‐ピエール・レオー主演じゃなかった?
しかし、いつか観れるのだろうか。

26 :名無シネマ@上映中:02/10/12 21:15 ID:SjCb7fGR
>>23
アタシもそう思うっ!
パスカル・オジェも、なんだか若いくせにスゴイ存在感だったし、
『修道女』のアンナ・・・アンナ・・ど忘れした。誰だっけ? 
彼女も良かった。重いテーマの映画ですよね。

リヴェットは作品ごとにテーマが明晰だから、撮る時にはあれだけ
遊べてしまったり、柔軟になれたりするのかな・・などと思うんですけど、
実際はどうなんだろう。


>>25
『アウト・ワン』って知らなかった。
やっぱり観れる機会少ないデスカ?

27 :名無シネマ@上映中:02/10/13 01:14 ID:jvUtdPM6
>26
『アウト・ワン』は、
日本人で観たのは蓮實重彦ともう一人くらいしかいないとかいうウワサの
呪われた(?)映画です。でも、それも無理ありません。
何せ、確か全部で12時間くらいかかる超大作なので。
観てみたいんだけどなー。無理かなー。
結構観られない映画多いっすよね、リヴェット。
初期の『パリは我らがもの』とか『狂気の愛』とか……。
うーむ口惜しい! 観たことある人います?

28 ::02/10/13 01:18 ID:hQIzPpXs
『狂気の愛』2hバージョンなら見た。
正直、4hバージョンが見たかった。2hだとドラマ的にもすごく中途半端な展開だったような気がしたんで…。

29 :名無シネマ@上映中:02/10/13 01:46 ID:4K2++3AF
リヴェットも映画館で見ると幸福になる。
良い人だと逆に大画面で見たくなってくるしくなる。

30 :26:02/10/13 22:17 ID:UbVMhi+g
>>27
レス有り難う!
それにしても・・12時間。そりゃ確かに呪われてますね(苦笑)。



31 :名無シネマ@上映中:02/10/13 23:05 ID:9YLfUhUT
『アウト・ワン』テラバイト・ディスクが普及する頃にはソフト化してほすい。
リベットはあまり映画館でかからないし、ゴダールほどDVDも出てないのでファン
はつらいですね。とりあえず
11/22 の
ttp://www.stingray-jp.com/~pldc/view_data.php3?softid=143584
と12/21発売予定の
ttp://www.kinokuniya.co.jp/02f/d12/2_12000m.htm
で飢えをしのぎましょう。(「美しき諍い女」買い直し...)

32 :名無シネマ@上映中:02/10/13 23:11 ID:ai0C1Gmt
>>31
でも「美しき諍い女」230分を一枚に入れるって言うことよね。
画質的にはどうなるのかしら。

33 :名無シネマ@上映中:02/10/13 23:58 ID:9YLfUhUT
>>32
どうせなら2枚組みにしてほしいとこですが、片面1層と2層の違い気にするマニアでなければ
満足できるレベルなのではないでしょうか()

34 :33の続き:02/10/14 00:04 ID:rtC0A1Wn
とりあえず現状のコロンビア版「美しき諍い女」はメニューなし、ぼかしで色調変わる
というシロモノなのでパイオニアLDC版の「ニュープリントを起こし、HDテレシネによる
スクイーズニューマスター仕様 」に期待です。

35 :名無シネマ@上映中:02/10/14 20:57 ID:ImF28+eC
>>34
ぼかしがなくなるだけでもだいぶ進んだといえばいえるわね。
ニュープリントぼかしなしで劇場でもかけてほしいわ。

36 :名無シネマ@上映中:02/10/14 21:53 ID:kPLhSNa0
「セリーヌとジュリーは船で行く」はスゴくイイね。
「地に堕ちた愛」にはジャン・ユスターシュが出てたなぁ・・・

37 :名無シネマ@上映中:02/10/15 00:31 ID:474GXigX
ユスターシュ出てたのって『セリーヌとジュリー』じゃなかったっけ?
確か図書館で本読んでんだよね。うーむ、記憶が……。

ちなみに、
『地に堕ちた愛』出てたアンドレ・デュソリエってよく観るけど、
何か急に年取ってキャラ変わっちゃいません?
『愛を弾く女』とかに出てたとき誰この爺さん? とか思ってたら……。
両作品のあいだって10年も経ってないのになあ。
キャラの変わり具合はベルナール・ヴェルレークラスではあるまいか。
でも味あって好きな俳優さんです。
まあ、リヴェットは男優もいいのではないでしょうか、ってことで。

38 :名無シネマ@上映中:02/10/16 02:11 ID:DjlCmBgI
リヴェット全作品とその年代、ワカル人いません?

もし判ったら、貼って欲しいなっ!!

39 :名無シネマ@上映中:02/10/17 21:35 ID:0LrJ6RU2
age

40 :名無シネマ@上映中:02/10/17 22:36 ID:INY3WKoP
そうか、リヴェットは男優もいいのですか。
今度観る機会がある時は、気を付けてみようっと。

ところでセリーヌとジュリーには、確かオジェ母も出ていたように思う
のですが、彼女も北の橋のキャラとのギャップが大きくて、
「おおっ、さすが! これはきっと実力派女優に違いない。」
と改めて思った覚えがあります。

1さん。
40レス、オメデトウです。
やっぱりリヴェットが好きな人って居るんだあ・・と思うと、
なんとなく嬉しいですよね。

41 :名無シネマ@上映中:02/10/17 23:09 ID:2XX5EYYC
>>40
赤いドレスが素敵だった気がする。(オジェ母)
やな女みたいな風情がよくでてたね。

42 ::02/10/18 23:51 ID:GSAHfO+X
アリガト。

同志が意外に多いので、うれしいです!

43 :名無シネマ@上映中:02/10/19 01:45 ID:JjLBK3zI
>>38
とりあえず
http://amazon.imdb.com/Name?Rivette,+Jacques

actorのとこに「ジャンヌ/愛と自由の天使」が入っているが、どこに出てたっけ...?


44 :名無シネマ@上映中:02/10/19 23:48 ID:90BtRrcs
>>43アリガト、邦題が判れば直善いケド。。。。それはわがままですね。

ホントアリガト

45 :Filmo Rivette (1):02/10/20 13:38 ID:SGzkpJ8n
2001Va savoir 『恋ごころ』 154 min/225 min
1997Secret d?fense 〈秘密と機密〉 170 min
1995Haut bas fragile 『パリでかくれんぼ』 170 min
1994Jeanne la Pucelle, I. Les batailles 『ジャンヌ/愛と自由の天使』 160 min
1994Jeanne la Pucelle, II. Les prisons 『ジャンヌ/薔薇の十字架』 176 min
1991La Belle noiseuse, divertimento 『美しき諍い女−ディヴェルティメント』 125 min
1991La Belle noiseuse 『美しき諍い女』 240 min
1988La Bande des quatre 『彼女たちの舞台』 160 min
1985Hurlevent 『嵐が丘』 130 min
1984L'amour par terre 『地に堕ちた愛』 125 min
1983Merry-Go-Round 『メリー・ゴー・ラウンド』 155 min
1981Paris s'en va 〈行き去るパリ〉 40 min
1981Le Pont du Nord 『北の橋』 127 min

46 :Filmo Rivette (2):02/10/20 13:40 ID:SGzkpJ8n
1976Noro?t 『北西風』 130 min
1975Duelle 『二元的な女』 118 min
1974C?line et Julie vont en bateau 『セリーヌとジュリーは船で行く』 193 min
1972Out 1: Spectre (1972) 『アウト・ワン−スペクトル』 260 min
1970Out 1: Noli me tangere 『アウト・ワン−鳳仙花』 729 min (12h30)
1968L'Amour fou 『狂気の愛』 252 min
1966Cin?ma de notre temps: Jean Renoir, le patron (TV) 〈現代のシネアスト:「パトロン」ジャン・ルノワール〉 94 min
1966La Religieuse 『修道女』 135 min
1960Paris nous appartient 『パリはわれらのもの』 141 min
1956Le Coup du berger 『王手飛車取り』 30 min
1952Le Divertissement 〈ディヴェルティメント〉 40 min, 16 mm
1950Le Quadrille 〈カドリーユ〉 40 min, 16 mm
1949Aux quatre coins 〈いたる所で〉 20 min, 16 mm

47 :名無シネマ@上映中:02/10/20 21:39 ID:DGr0GY7i
以外と寡作なのかしら。
ゴダールとかが多いだけかしら?

48 :名無シネマ@上映中:02/10/21 00:42 ID:OUnsBQUa
あたんない映画ばっかだったんだから寡作は当たり前。
『修道女』は教会から上映禁止になったと思ったら、
誰も観れない12時間の映画撮っちゃうところなんざ、
自ら望んで「呪われた映画作家」目指してた恐れあり。

49 :名無シネマ@上映中:02/10/21 13:07 ID:jLD/GZl7
>>46

おう!!!ホンマありがとう!!!

50 :名無シネマ@上映中:02/10/21 21:01 ID:xz8RiJMv
>>48
本当にそうね。

51 :名無シネマ@上映中:02/10/22 23:36 ID:DsIfeDQO
>>45,46
す、すごいっ!!すごすぎるっ!!
訳してくれはったんですか?(思わず京都弁)
49さんじゃないですが、私からも有り難う。
寡作かも知らんけど、私はまだ、ほとんど観てないとあらためて判明。

ところで21さん、『パリでかくれんぼ』はどうでした?
私はねえ・・・んー、なんかオシイって感じたんですけど。
登場人物が突然踊り出したりするのはキワドイけど面白いし、
シャンソン音楽とか、めちゃくちゃ凝ってて素敵なんだけどなあ・・。
良かったら感想、聞かせてくださいね。


52 :21:02/10/24 18:35 ID:YNzXO4es
う〜ん、確かに。

やっぱり、セリーヌとジュリーなんかに比べると、失敗作っぽいって感じ。
それでも随所に、愉しいシーンやドキドキするシーンがあって、好き何ヤケド。

53 :名無シネマ@上映中:02/10/24 19:04 ID:CWqh/iuT
「セリーヌとジュリー」、大好きでまた見たいんだけど、
置いてあるビデオ屋がほとんどないなあ。

このスレ、長続きするといいですね。だいたいロメールもトリュフォーも
カイエ派はゴダールを除いて、みんな100行かずに落ちちゃう。
こうなりゃヤケで、ユスタシュのスレでも立てるか。

54 :名無シネマ@上映中:02/10/24 22:34 ID:SqTkPc74
>>53
かいえ派総合すれも可能。
ところでこないだ「北の橋」を見たんですけど、なんかマズーな感じでした。
科白と最後のドラゴンとの戦いとかちょっとやっちゃってるよって思って。
「セリーヌとジュリー」とかはすごく良かったんだけどなぁ。

55 :名無シネマ@上映中:02/10/24 23:14 ID:cgbpkEh4
実は私も、『北の橋』がちょっとマズーな感じって、分かるんですよね。

正直、観てて「これはイイんだろうか・・。」と思っていたフシはあります。
だけど、70年代を経験した当時の若者には、一種の「挫折感」みたいなモノ
があって、それがあの映画の中に表れているのかな?などと考えながら観てみ
ると、オジェ母娘の「やっちゃってる」滑稽感と悲痛さ加減って、もしかした
らリアルだったのかもよ?とも思った次第です。

皆さん、どう思われます?

56 :名無シネマ@上映中:02/10/25 09:11 ID:QRBv1v6g
どう思うも何もさ、マズーだのヤッチャテルだのって君たち、
まず自分で人にわかるように説明して。

57 :21:02/10/25 19:08 ID:0ZRK27UQ
ふ〜ん・・・

僕は、「北の橋」ダイダイダイスキ。
それこそ、55さんのいうように、革命の夢に燃えた世界が、80年代に入って
、アジもそっけもない、どうしようもない沈滞した世界に変わっていく、それに対する
ぎりぎりの抵抗としてのドン・キホーテだったと思うけど。

マズーとかヤッチャッテルとかいう「評価」を加えたがる人には無縁の世界。
ま、わかんないヤツにはわかんない訳で。

58 :21:02/10/25 19:12 ID:0ZRK27UQ
だいたい、

「これはいいんだろうか?」

とかいう見方自体が、権威主義的でない?

ゴダールとか、タルコフスキーとか、それこそクロサワとかのように
一部ファンに神格化されたような監督作品についてなら、それなりに
わかるけど、リヴェットだよ?




59 :名無シネマ@上映中:02/10/25 21:23 ID:y/MKvVJK
>>ゴダールとか、タルコフスキーとか、それこそクロサワとかのように
一部ファンに神格化されたような監督作品についてなら、それなりに
わかるけど、リヴェットだよ?


あはは。ソリャそーだよね。
何と言っても「呪われた」監督だもの(もちろんイイ意味で)。







60 :55:02/10/25 21:31 ID:nD1D1gf8
「北の橋」は科白が少女趣味というか何というか、どういうつもりかと思いました。
科白を作る段階で女優とかにも参加させるというのはリヴェット独自のところですけど、
それがいい方にでたとは思えません。
同時に「セリーヌとジュリー」にしてもおとぎばなしみたいなものを独特の形で映画の中に導入していて
それがリヴェットの特色の一つなんだろうと思いますけど、
この作品では夢見がちな勘違い女とかいわれればそれまでの世界観という感じに収まっていると思う。
「セリーヌとジュリー」で感じられるような、独自の世界が構築されていくようなものが感じられない。
カメラでオジェ母娘の姿をじっくりと撮り続ける辺りとかはいいし、嫌いというのとは違うんですけど。


61 :名無シネマ@上映中:02/10/25 21:40 ID:YJVCFnfh
「北の橋」はすごいよー。
なんつっても「映画はなにやってもいいんだ」という衝撃のラスト!

62 :名無シネマ@上映中:02/10/25 21:43 ID:mEzL6NKt
あのラストはほんとにいい。
学生時代に空手やっててほんとに良かったって思った瞬間

63 :名無シネマ@上映中:02/10/25 23:21 ID:17panRW+
NHKBS−2「ミッドナイトシネマ」枠にて11月5日深夜1時〜「嵐が丘」、11月6日深夜1時5分〜「パリでかくれんぼ」放送。

ttp://www.nhk.or.jp/bs/calendar/cal_mov_bs2_n.html#

64 :55:02/10/25 23:55 ID:aYAdOktQ
>>60
アンタ誰? あんまり愉快じゃないな。

65 :名無シネマ@上映中:02/10/26 00:02 ID:8L9yVj/W
60さんは、シリアスに捉えるべきところを表面だけ観て、
パロディのところをシリアスに捉えちゃったんでない?

何か映画における手法の問題にばかり、捉われているみたい。
それよりその背後にあるテーマに、もっと関心をもったら?

僕は、「北の橋」は、徹底したパロディのうしろで、やりきれないほど
シリアスな映画だと思う。

はっきりいって涙も止まるくらいの衝撃受けた。



66 :55,59:02/10/26 00:16 ID:gjcCMmvX
>>57-58
21さん、厳しいですねー。
とっても残念な事に、味もそっけもない、停滞した時代の申し子である
私には、北の橋のテーマを一発で見抜けなかったんだと思います。
やっぱりその時代にしかない空気とか、あると思うし・・。

だけど今は、例えば、なぜリヴェットがあの映画の中でピアソラの音楽
を使ったのか?という事一つをとっても、きっと切実な理由があったは
ずだと、思ってます。
革命とか、関係してるよね、多分・・・。

だから54さんの率直な感想というのも分かるんだけど、マズーなだけで
片付けるのは凄く惜しいなって気がした次第デス。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)