2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

分裂病の病因究明 PART【弐】

1 :分裂君:01/10/21 09:38 ID:mQOLHou0
好評だった前回に続き、PART【弐】を立てました。

精神分裂病の病因は、ほぼ100%解明され、現在ではその治療法の研究に着手されている段階です。
簡単に紹介しますと、知念療法では分裂病が脳病でないだけではなく、骨の形成異常にあるとの論説を発表しており、
その治療法は破損されていた人格の修復を再開させ、創造性、活動性、思考能力、判断能力を全面的に回復させました。

前回分裂君スレッド
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1002513105/l50

知念療法HP
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7575/prescription.htm

2 :さげ:01/10/21 09:41 ID:???
sage

3 :卵の名無しさん:01/10/21 09:48 ID:???
>>1
好評だった?どこが・・
全部 自作自演じゃん。

∞∞∞【終了】∞∞∞

4 :卵の名無しさん:01/10/21 09:52 ID:???
プシコ スレもう辞めてくれない!
いいかげんにしろ!!

5 :卵の名無しさん:01/10/21 09:53 ID:???
>>1 ちゃんとクスリ飲んでるか?
特有の破綻だらけの論理、病気治ってないぞ。

6 :分裂君:01/10/21 10:12 ID:EQYQqVpH
↑精神科医ですか?

7 :分裂君:01/10/21 10:13 ID:EQYQqVpH
フォローアップ【前回スレ>>930

精神科医の医者は、精神科で寛解せずに他の治療で治った場合
激しい拒絶反応と歪なイヤガラセを表す。

8 :卵の名無しさん:01/10/21 10:15 ID:???
分裂君、お帰り!!

9 :卵の名無しさん:01/10/21 10:15 ID:???
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1001339939/l50
ここにいる魔鬼野って荒らし君を治してくれ.

10 :分裂君:01/10/21 10:17 ID:EQYQqVpH
■■■■■■■■■■■!警告!■■■■■■■■■■
あなたがもし
論理的に一般の価値基準を持ち合わせていて、私が社会的精神異常者という位置付けをしているなら
その根拠を、一般社会人であるこの私に、説明してもらえますか?

11 :卵の名無しさん:01/10/21 10:23 ID:???
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1003583514/l50
ここでも分裂君を探してる人がいる。

12 :分裂君:01/10/21 10:51 ID:UjGtsF5J
メンヘル板の時も、次のスレッド立ててくださいって言われたことがあったな。
あの時は辞めたけど、鬱病や不眠症は大部分が減った。と見てよい。
今回も次はメンヘル板へ行こうと思ったが、さほど私の出番は無いようだ。

13 :分裂君:01/10/21 10:57 ID:UjGtsF5J
心理学板-分裂病は心理学で治るか?-から転載
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1001280589/
分裂病質人格障害とよく言われるが、私の研究では教養の無い環境で生まれ育った為に人格は動物的に成長してしまうという結論だ。
動物的だから面白いし、その魂はたくましいといえる。
反面、共同生活する上では目障りなタイプなのだよ。
人格は迫害を受け、凶暴性を増す。
一般社会人と自分との違いをはっきりさせて、気をつけたほうがよい。
臨床心理士も、この知念療法における情報は知る由もない。

14 :分裂君:01/10/21 11:03 ID:UjGtsF5J
もう一度仮説でも書いてみるかな。
知念療法では、分裂病の原因として骨の形成異常をあげている。
人間は本来、全身の筋肉は弛緩しているのではなく、バランスを保つ為に均等に緊張感を持っている。
ストレス性の緊張などによって、その一部が脱落し、弛緩してしまうと、たちまちこのバランスは崩れていき、やがて脳の臓器を圧迫し、分裂病を誘発する。

15 :分裂君:01/10/21 11:13 ID:UjGtsF5J
特に肩などの懲りが酷い場合には、分裂病と同様に幻聴が起こる。
幻覚まで見えたりする場合には、精神異常者となる。
精神科と指圧では診断基準が違うが、精神科の場合には分裂病と診断され、きちんとした治療も受けられずにそのまま一生を薬漬けにされてしまう。
精神科では精神状態しか見ず、未だに人格や心の病として扱われている為である。
この精神医療のあり方は問題であり、危険な状態でもある。
国の医療社会の一部でありながら、原因の見落としの為に一生を劇薬による薬漬けにしてしまうからである。
分裂病に関しては精神科は避けたほうがよい。
指圧の他に漢方薬も治療薬と知られているが、精神科の言うことは信じないほうがよい。
ある精神病院では8割が分裂病患者。大抵は半数以上が分裂病なのだが、
それらは国の医療社会を信用して、治らないまま繰り返し入退院してしまっている無知な患者達なのだ。
骨の形成異常で治る患者は、これより遥かに多いと予想されている。

16 :分裂君:01/10/21 11:43 ID:ieD9WfjY
医師唖然アゲ

17 :卵の名無しさん:01/10/21 12:15 ID:???
分裂君のサイトの曲が頭から離れないよ。
暇あれば聞いてるし。
あのサイトはずっと続けてくれ〜。

18 :卵の名無しさん:01/10/21 12:29 ID:???
魔鬼野あげ

19 :卵の名無しさん:01/10/21 12:34 ID:???
>>18
魔鬼野って誰?

20 :卵の名無しさん:01/10/21 12:35 ID:???
>人間は本来、全身の筋肉は弛緩しているのではなく、バランスを保つ為に均等に緊張感を持っている。
正しい。
>ストレス性の緊張などによって、その一部が脱落し、弛緩してしまうと、たちまちこのバランスは崩れていき
ここまではいいが
>やがて脳の臓器を圧迫し、
脳は軟膜硬膜を介して頭蓋骨に内包されているが、圧力が脳にかかる経路を教えてくれ
>分裂病を誘発する。
脳にかかる圧力で分裂病が発生するメカニズム(推定でも可)と
実際に圧力で疾患が発症した根拠をあげてくれ。
ちなみに何Pa程度の圧力でおこるんだ?

21 :卵の名無しさん:01/10/21 12:38 ID:???
>>19
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1001339939/l50
ここでY田君の悪口を異常なまでに書いているプシコ患者

22 :卵の名無しさん:01/10/21 12:40 ID:pdO/NJ1z
それと、胎生期ではなく成人してからの「骨の形成異常」というのは
具体的にどの程度の異常なんだ?
例えば「第二頸椎に高さ2mm程の骨きょく(漢字がないのですまん)が生じる」とか
具体的に教えてくれ
ちなみにこの「形成異常」という用語はremodelingのことを指すのか?

23 ::01/10/21 12:44 ID:JlOIkexc
分裂さん、教えて下さい。
どうして、お薬、嫌なのですか?
劇薬なんて、血圧の薬でも、心臓の薬でも、精神薬以外にたくさんあるし、
副作用だって、全ての薬にあるものです。
どうして、分裂病の人は、薬が嫌なのですか?
不快なのですか?
自分は、飲んだことがないし、知り合いもいないので、わかりません。
分裂病の理解を深めたいので、教えて下さい。

24 :卵の名無しさん:01/10/21 13:32 ID:???
>>21
サンクス

25 :卵の名無しさん:01/10/21 14:14 ID:???
>>24
彼はすごいぞ.何度もY田君関連のスレを立てまくっては誹謗中傷を
しまくっている.彼の行動は誰が見ても要入院もしくは要刑務所かと思われる.

26 :卵の名無しさん:01/10/21 14:17 ID:???
>>25
余程の恨みがあるのかのう。
質の悪いPは嫌だな。
スレ題から外れたな。
分裂君スマソ。

27 :卵の名無しさん:01/10/21 14:19 ID:???
》》26
やっぱり舘の悪い患者はおきらい?

28 ::01/10/21 14:22 ID:WY1nvb6W
>20
あたしの考えだと、
骨形成異常による筋不均衡の圧力が、直接脳に伝わるのでなく、
筋不均衡によって生じる、神経の圧迫が、長く続くことにより、脳内に、異常な神経興奮の伝達が続き、
それにより、脳内のバランスがくずれる。
と、言いたいのでは、ないか?と思う。
筋肉の圧迫が、直接脳の圧迫に繋がるというのは、力学的に、無理では?
しかし、ご承知のとおり、私達の体は、神経という存在により、
体中が、脳と、ほとんど1個の細胞を介して、”直接”繋がっている。
体の異常が、脳に、伝達されたとして、なんら不思議は、無いと思われる。
そして、根拠やメカニズムが、完璧に証明されているなら、医学生の教科書に載っちゃうと思う。
しかし、脳と、精神については、残念ながら、
根本的な、解明は、今始まったばかりで、全容が明らかになっていないのは、
現実に、事実ではないか?
もし、それを、解明したら、ノーベル賞は確実でないか?
そして、精神分裂病が、”治る病”になるのでは?

そんななかで、上述のような、考えは、推論ながらも、否定はできない、
と思われる。

29 :分裂君:01/10/21 14:54 ID:9pFJp2Zb
>>17

あれは分裂病になる前に作った曲なのである。

30 :分裂君:01/10/21 14:55 ID:9pFJp2Zb
>>17

MIDI音源バージョンを聞くと私がプロを目指していたということが解るだろう。

31 :卵の名無しさん:01/10/21 15:00 ID:???
>>29-30
あれはいい!!
前のスレで誰かが書いてたけど、分裂病ではなく頭良すぎるだけなんじゃないかなぁ?

32 :分裂君:01/10/21 15:02 ID:9pFJp2Zb
真剣に読んでくれているようなので、完全レスポンスを慣行したいと思う。

>>20
>>人間は本来、全身の筋肉は弛緩しているのではなく、バランスを保つ為に均等に緊張感を持っている。
>正しい。
>>ストレス性の緊張などによって、その一部が脱落し、弛緩してしまうと、たちまちこのバランスは崩れていき
>ここまではいいが
>>やがて脳の臓器を圧迫し、
>脳は軟膜硬膜を介して頭蓋骨に内包されているが、圧力が脳にかかる経路を教えてくれ
>>分裂病を誘発する。
>脳にかかる圧力で分裂病が発生するメカニズム(推定でも可)と
>実際に圧力で疾患が発症した根拠をあげてくれ。
>ちなみに何Pa程度の圧力でおこるんだ?

詳細の部分に関しては適当である。
ただし医師ならば、これは間違っているということは解ってもらえるはずである。
当然のように、>>28のように「これはこうではないか」と助言してくれるのを期待して、あえて適当に書いてあるのだ。
原因については、確信的な部分(システム)については正しく書くが、後で調整できるもの(詳細)については適当。
これはシステムエンジニアである私の習性によるものだ。
もし、脳内圧力が上がった場合には意識障害が起こる。
しかし神経が圧迫された場合には、幻覚が起こる。
この2つは似ているようで違う。私的には後者が正しいと思われるが、これは医者でしか証明できないことだ。
いずれにしろ病因説のシステムに関しては正しいと言える。

33 ::01/10/21 15:04 ID:Hf9AljbV
分裂病と、天才は、切っても切れない関係。
脳の一部が、破損して、壊れて、無くなってしまったすきまに、
別の脳が、異常成長して、ある事がらに、特別秀でた、”天才”になるらしい。。

34 :分裂君:01/10/21 15:10 ID:9pFJp2Zb
>>22

>それと、胎生期ではなく成人してからの「骨の形成異常」というのは
>具体的にどの程度の異常なんだ?
>例えば「第二頸椎に高さ2mm程の骨きょく(漢字がないのですまん)が生じる」とか
>具体的に教えてくれ
>ちなみにこの「形成異常」という用語はremodelingのことを指すのか?

残念ながら私は整体の医者ではないので詳細なレポートは各自に依存するが、部分的には鎖骨、胸椎、脊椎のあたり。
どの程度の異常によって発生するのかは、はやり個人差があるように思える。
簡単に言うならば凝りが痛くなっても、ほっておけば、神経などの別の部分まで侵食していくと考える。

35 ::01/10/21 15:14 ID:Hf9AljbV
私は、医者ではない。
よって、わたしの言うことは、事実でないことも多い。
けれども、わたしは、推論を重ねる。。。

>神経が圧迫された場合には、幻覚が起こる。

もう少し、細かく、いうと、
神経の圧迫>神経伝達の異常>神経間伝達物質の異常
>神経の異常興奮>幻覚。

。。。このようなことが、起こりえないと言えるだろうか。。。

36 ::01/10/21 15:17 ID:Hf9AljbV
骨格と、精神の関係。。。

ダウン症の子供達の顔が、よく似ていることとは、関係ないだろうか?。。。

37 :分裂君:01/10/21 15:18 ID:9pFJp2Zb
>>28

>あたしの考えだと、
>骨形成異常による筋不均衡の圧力が、直接脳に伝わるのでなく、
>筋不均衡によって生じる、神経の圧迫が、長く続くことにより、脳内に、異常な神経興奮の伝達が続き、
>それにより、脳内のバランスがくずれる。
>と、言いたいのでは、ないか?と思う。

よろしい。

>筋肉の圧迫が、直接脳の圧迫に繋がるというのは、力学的に、無理では?
>しかし、ご承知のとおり、私達の体は、神経という存在により、
>体中が、脳と、ほとんど1個の細胞を介して、”直接”繋がっている。
>体の異常が、脳に、伝達されたとして、なんら不思議は、無いと思われる。

そのとおり。

>そして、根拠やメカニズムが、完璧に証明されているなら、医学生の教科書に載っちゃうと思う。
>しかし、脳と、精神については、残念ながら、
>根本的な、解明は、今始まったばかりで、全容が明らかになっていないのは、
>現実に、事実ではないか?

幻覚については原因は不明らしい。
いろいろ説が出ているが、どれも神経伝達物質のレベルで話にならない。
こういう論説は無視して言えば、極度の神経失調状態になれば、幻覚は誰でも簡単に出る。

>もし、それを、解明したら、ノーベル賞は確実でないか?
>そして、精神分裂病が、”治る病”になるのでは?
>そんななかで、上述のような、考えは、推論ながらも、否定はできない、
>と思われる。

まだノーベル賞が貰えるかという段階ではないが、精神分裂病の診断と治療は不適切であるという証拠になればそれでよい。

38 :分裂君:01/10/21 15:25 ID:9pFJp2Zb
>>35

>私は、医者ではない。
>よって、わたしの言うことは、事実でないことも多い。
>けれども、わたしは、推論を重ねる。。。

沢山の情報を論理によって組み立て直す事を「推測」と言う。

>>神経が圧迫された場合には、幻覚が起こる。
>もう少し、細かく、いうと、
>神経の圧迫>神経伝達の異常>神経間伝達物質の異常
>>神経の異常興奮>幻覚。
>。。。このようなことが、起こりえないと言えるだろうか。。。

その通り。
頭の側頭葉に電流を流すと、人間は現実並みのリアルな幻覚が出るらしい。
人間の頭には元々リミッターや修復機能が備わっており、自分から興奮し過ぎて幻覚が出るということはない。
何かしら原因が修復されない事態が起こり、脳内が異常に満たされるのである。

39 :分裂君:01/10/21 15:31 ID:cwwl6zEw
ノイローゼになっても、人間は幻覚を見ない。
ただし神経細胞による飢餓は、幻覚を起こす。
例えば睡眠不足、ビタミンDによる栄養不足、神経の過労など。

40 ::01/10/21 15:36 ID:TpQq3AAi
分裂様。
分裂様は、本当の、精神分裂病である、とお伺いしています。

本物の、分裂病の人に、お会いできて、うれしいです。
わたしは、むかしから、分裂病に興味がありました。

アインシュタイン、やピカソ、芥川龍之介なども、分裂病だったと、思います。

わたしは、今のところ、なにも病気は、ありません。。。。

しかし、もしかすると、精神病のけがあるのかもしれない。
と、むかしから思ったことがあります。

わたしの考えによると、
精神病は、うつる気がします。
ウイルスでないので、接触によっては、うつりませんが、
会話などで、思考を交換することによって、精神病器質が、うつることがある気がします。

しかし、惹かれるのです。

そこで、あなたと、わたしの会話が、いつのまにか”異常”にならないよう、
注意したいと思います。

41 :分裂君:01/10/21 15:39 ID:TijDY32Y
分裂病の場合には、神経の過労による可能性が高い。
無意識のうちに部分的な緊張状態の慢性化が起こり、周囲の筋肉との緊張のバランスが壊れ神経が脱落する。
脱落した神経と正常な神経の間ではスパイク発火が連続し、さらに悪化を続け疲労が拡大しながら、幻覚が起こる。

42 ::01/10/21 15:43 ID:TpQq3AAi
幻覚は、脳内神経の、異常興奮、
るいは、セロトニンなどの、神経伝達物質の、異常分泌から、
なると習いました。
飢餓や、脳内酸素の不足、覚醒剤などによって、なることもある。

しかし、精神分裂病では、この状態が、一時的でなく、
場合により、何回も、起こり得るような、
脳内に、不可逆な、器質的変化がある。
と思います。この辺から、わたしの推論です。

43 ::01/10/21 15:45 ID:TpQq3AAi
えっと、その前に、どうして、薬を飲むのが、嫌なのか、
どんな感じなのか、教えては、もらえないでしょうか?

44 :分裂君:01/10/21 15:47 ID:TijDY32Y
>>40

>分裂様。
>分裂様は、本当の、精神分裂病である、とお伺いしています。
>
>本物の、分裂病の人に、お会いできて、うれしいです。
>わたしは、むかしから、分裂病に興味がありました。
>
>アインシュタイン、やピカソ、芥川龍之介なども、分裂病だったと、思います。
>
>わたしは、今のところ、なにも病気は、ありません。。。。
>
>しかし、もしかすると、精神病のけがあるのかもしれない。
>と、むかしから思ったことがあります。
>
>わたしの考えによると、
>精神病は、うつる気がします。
>ウイルスでないので、接触によっては、うつりませんが、
>会話などで、思考を交換することによって、精神病器質が、うつることがある気がします。
>
>しかし、惹かれるのです。
>
>そこで、あなたと、わたしの会話が、いつのまにか”異常”にならないよう、
>注意したいと思います。

まともに話が出来ないのは、霊に覚醒してしまったからだ。
これは分裂病とは別の話になるが、目を合わせたり、立場を同じにしたりしても影響がでる。
私と話す時は下を向いて独り言を話すような感じがベストであろう。
でなければ、長期間の議論は不可能である。

45 :分裂君:01/10/21 15:52 ID:TijDY32Y
>>42

>えっと、その前に、どうして、薬を飲むのが、嫌なのか、
>どんな感じなのか、教えては、もらえないでしょうか?

向精神薬は、ご存知の通り劇薬に指定されている。
私は1年半の間、飲みつづけたが幻聴は消えないままだった。
向精神薬の長期服用により、神経の鈍磨が目立つようになり、呂律も回らないという事態になってしまった。
幻聴は聞こえても、ちゃんと話ができるほうが助かったと言える。

46 :卵の名無しさん:01/10/21 15:55 ID:v41X1k/m
http://www.sex-jp.net/dh/01/

47 ::01/10/21 15:58 ID:cTB4n8Mp
これから、精神病に対して、失礼なことを、言うかもしれません。
しかし、わたしは、精神病を、心臓病と同じレベルで、みていることを
伝えておきたい。。。

確かに、薬を飲むことで、抗生物質のように、
精神病が、なおって、通常の健康人になり、薬を飲まなくてよくなる。
ということは、ないと思う。。。。

わたしの考えでは、脳と、精神と、心の、仕組みは、
医学のなかで、もっとも、未知な部分だと思う。
現代の医学でさえ。。。

たぶん、脳と、心は、人間にとって、タブーであり、神の領域だったので、
今まで、研究が進まなかったのだと、思う。。。

わたしの、想像によると、未来には、
心臓の手術のように、
脳を手術することにより、精神分裂病が、完治する、世の中がくると思う。
しかし、現在、そのようなことは、ない。

あなたの言うように、神経の異常は、なんらかの、可逆的、要因により、
起こるのかも、しれない。骨格の異常のような。。
それで、あなたは、整骨を受け、治ったのでしょうか。

もし、ほかに、完治療法がないとして、
薬で、症状を抑え続けながら、
一生、健常人と同じように、暮らして、いくことは、良くないのでしょうか。
薬を、飲んで、正常なのと、薬を飲まないで、正常なのは、
手間の違いでは?
それとも、不快なことが、多いのでしょうか。。。。

48 ::01/10/21 16:05 ID:cTB4n8Mp
薬を飲んでも、治らない上に、不都合ばかり、が増えたということですね?
それは、医者の処方が適当でなかったのではないですか?

わたしは、専門科でないので、わかりませんが、
テレビでみたところ、薬をのみながら、明るく生活していた、
人たちを見ましたが。。。

49 :分裂君:01/10/21 16:06 ID:TijDY32Y
>>42

>幻覚は、脳内神経の、異常興奮、
>るいは、セロトニンなどの、神経伝達物質の、異常分泌から、
>なると習いました。
>飢餓や、脳内酸素の不足、覚醒剤などによって、なることもある。
>しかし、精神分裂病では、この状態が、一時的でなく、
>場合により、何回も、起こり得るような、
>脳内に、不可逆な、器質的変化がある。
>と思います。この辺から、わたしの推論です。

何の原因が無く、神経伝達物質の異常分泌が発生することない。
それならば生まれた時から精神異常であるはずだ。
ただし、成人と子供では当然違いがある。
思春期を境に、考え方や性格、体質や社会的変化も大きく変わるので体の緊張状態にも変化がおきる。
油断していると、体が精神病になりやすい体質になってしまうかも知れない。
何時の間にか自分ではどうしようもない状態に嵌ってしまうことになるのではないかと思う。

50 ::01/10/21 16:08 ID:cTB4n8Mp
>まともに話が出来ないのは、霊に覚醒してしまったからだ。
>これは分裂病とは別の話になるが、目を合わせたり、立場を同じにしたりしても影響がでる。
>私と話す時は下を向いて独り言を話すような感じがベストであろう。
>でなければ、長期間の議論は不可能である。

独り言を話すように、議論を重ねる。というのは、難しそうですね。。

それと、”霊に覚醒した”のと、”分裂病”は、別のことだと、
思っているのですか?

51 ::01/10/21 16:15 ID:cTB4n8Mp
わたしの、考えでは、あくまでも、
”精神分裂病は、脳内の細胞、神経の物理的、化学的変化、異常である。”
というものです。
ここだけは、確信していて、譲りません。

>49
ところで、精神病は、かなり、不快で、不安なもののようですね。。。

52 :分裂君:01/10/21 16:18 ID:TijDY32Y
>>47

>これから、精神病に対して、失礼なことを、言うかもしれません。
>しかし、わたしは、精神病を、心臓病と同じレベルで、みていることを
>伝えておきたい。。。
>
>確かに、薬を飲むことで、抗生物質のように、
>精神病が、なおって、通常の健康人になり、薬を飲まなくてよくなる。
>ということは、ないと思う。。。。

その通り。
現在の所、分裂病に有効な治療は確立されていません。

>わたしの考えでは、脳と、精神と、心の、仕組みは、
>医学のなかで、もっとも、未知な部分だと思う。
>現代の医学でさえ。。。
>
>たぶん、脳と、心は、人間にとって、タブーであり、神の領域だったので、
>今まで、研究が進まなかったのだと、思う。。。
>わたしの、想像によると、未来には、
>心臓の手術のように、
>脳を手術することにより、精神分裂病が、完治する、世の中がくると思う。
>しかし、現在、そのようなことは、ない。
>あなたの言うように、神経の異常は、なんらかの、可逆的、要因により、
>起こるのかも、しれない。骨格の異常のような。。
>それで、あなたは、整骨を受け、治ったのでしょうか。

少なくとも、治りました。
骨格の緊張状態の異常を治療することにより、不安定な精神状態も回復します。

>もし、ほかに、完治療法がないとして、
>薬で、症状を抑え続けながら、
>一生、健常人と同じように、暮らして、いくことは、良くないのでしょうか。
>薬を、飲んで、正常なのと、薬を飲まないで、正常なのは、
>手間の違いでは?
>それとも、不快なことが、多いのでしょうか。。。。

>薬を飲んでも、治らない上に、不都合ばかり、が増えたということですね?
>それは、医者の処方が適当でなかったのではないですか?
>わたしは、専門科でないので、わかりませんが、
>テレビでみたところ、薬をのみながら、明るく生活していた、
>人たちを見ましたが。。。

ある程度の知識を持った上で、分裂病の治療は精神科でなければならないということは
ないと私は判断しました。
治療によって、何を期待しているかは人によって違います。
私はちゃんと治る道を選びます。

53 :卵の名無しさん:01/10/21 16:18 ID:???
もっともっと聞かせてくれよ

54 ::01/10/21 16:22 ID:cTB4n8Mp
なんら原因がなく、若いうちから、すい臓が、壊れている、1型糖尿病の人もいる。
過労が、原因で、血中カリウム値の上昇により、突然死する人もいる。。。
なんら、悪いことしていないのに、子供のころから、親に似て、
すっごいブスな女もいる。(冗談)

55 :分裂君:01/10/21 16:26 ID:TijDY32Y
>独り言を話すように、議論を重ねる。というのは、難しそうですね。。
>それと、”霊に覚醒した”のと、”分裂病”は、別のことだと、
>思っているのですか?
>わたしの、考えでは、あくまでも、
>”精神分裂病は、脳内の細胞、神経の物理的、化学的変化、異常である。”
>というものです。
>ここだけは、確信していて、譲りません。

例えば、あなたが確信している仮説について
それ以上の発展が無ければ(期待できなければ)、
患者として諦める他ないのではないでしょうか。
他の可能性だってあるんです。

>ところで、精神病は、かなり、不快で、不安なもののようですね。。。

成すべくして成ったのだからしょうがないと思います。
確実な治療法も無ければさらに不安で不快なものとしか言えません。

56 ::01/10/21 16:27 ID:ylNm9meH
分裂さんは、整体により、治ったのですか?
じゃ、もう、今は、分裂病では、ないのですね?
今は、”元分裂病”なのですね?
ならば、あなたと、はなしても、なにも、うつるものは、ないような。。。
それとも、分裂病は、なおっていなくても、
不快感が、軽減した、ということですか?

57 :分裂君:01/10/21 16:30 ID:TijDY32Y
>>54

>なんら原因がなく、若いうちから、すい臓が、壊れている、1型糖尿病の人もいる。
>過労が、原因で、血中カリウム値の上昇により、突然死する人もいる。。。
>なんら、悪いことしていないのに、子供のころから、親に似て、
>すっごいブスな女もいる。(冗談)

私は極力感情論にならないように努力しています。
精神病の場合にはリスクが高いと言えます。
その点を頭の片隅に置いといて、私は分裂病癖があるのであまりムキにならないで欲しい。

58 ::01/10/21 16:39 ID:ylNm9meH
わたしは、精神科に行ったことが、ありません。
なので、”まだ”患者では、ありません。
ところで、言われてみれば、あなたの言うとおり、
他の可能性を考えることが、できないのは、確かに、良くない兆候かもしれません。
では、方向を少し、変えましょう。

わたしは、専門科でも、ないし、勉強も、あまり、していない。
なので、わたしの言うことは、間違っているかもしれない。
ところで、わたしが、このスレに参加して、
これだけは、と主張したい、意見は、
”精神分裂病は、脳内の細胞、神経の物理的、化学的変化、異常である。”
ということである。
精神病が、得体の知れない、霊的なおものの憑依ならば、手のうちようもないが、
物理的変化ならば、
単に、手の無い、オトタケ君のようなものである。
というような考えだ、ということが言いたい。

間違いの箇所があれば、指摘を。。

59 :分裂君:01/10/21 16:43 ID:TijDY32Y
>分裂さんは、整体により、治ったのですか?

整体ではなくて、「ポピドンヨード液」で治しました。
これは皮膚の荒れを治すただの傷薬みたいなものですが、骨格の異常で神経が脱落した場合には
その周囲の粘膜は荒れてしまいます。
これを治療することにより、神経脱落という異常侵食をこれ以上防ぐことができ、ひいては治療にもなるのです。
あとは自然治癒力の問題です。

>じゃ、もう、今は、分裂病では、ないのですね?
>今は、”元分裂病”なのですね?
>ならば、あなたと、はなしても、なにも、うつるものは、ないような。。。
>それとも、分裂病は、なおっていなくても、
>不快感が、軽減した、ということですか?

分裂病が完治したとは、誰に認めて貰うというものではありません。
ただし、分裂病ではないという証言は必要です。
もちろん私が証明できるものではなりません。

60 ::01/10/21 16:46 ID:ylNm9meH
わたしは、冗談を入れたりして、ムキになってるつもりは、ありません。
ただ、はなしの、意図をはっきりしたいのです。

つまりは、整体により、完治したのではなく、緩和した、ということでしょうか。

61 :分裂君:01/10/21 16:48 ID:TijDY32Y
>>58

>精神病が、得体の知れない、霊的なおものの憑依ならば、手のうちようもないが、
>物理的変化ならば、
>単に、手の無い、オトタケ君のようなものである。
>というような考えだ、ということが言いたい。
>
>間違いの箇所があれば、指摘を。。

私が思うには、例えば霊に憑依されて幻覚が出たとしましょう。
しかしそこには、明らかに体の硬直という前兆があるハズです。
必ずしも脳だけに異変が起こるわけではないのです。

62 ::01/10/21 16:52 ID:ylNm9meH
ふむ、イソジンで、精神病治療とは、初めて聞きました。
つかぬことですが、それは、病院でうけた治療では、ないのでしょうか。
保険は、とおって、いないのでしょうね。

分裂さんは、少なくとも、自分では、分裂病が治ったと思うのですね?
症状が、だいぶ、軽減したということですか?

63 :分裂君:01/10/21 16:54 ID:TijDY32Y
>>60

>つまりは、整体により、完治したのではなく、緩和した、ということでしょうか。

完治とは、完全に症状が消え、病苦が無くなることです。
寛解とは、症状が治まった状態にあることです。

この2つを比較して、後者を精神科による治療結果とすれば、私は前者にあたります。
後者は如何わしいとしか言えません。

64 ::01/10/21 16:56 ID:ylNm9meH
分裂さんは、分裂病は、脳だけではなく、体のいろいろな箇所の異常が、関係している。と言いたいのですね?

ところで、分裂さんは、
1では、骨格の異常を整体で治すことにより、分裂病を治療する。と言ったが、
59では、イソジンで、治ったと。。
どういうこと?

65 :分裂君:01/10/21 16:56 ID:TijDY32Y
>>62

>ふむ、イソジンで、精神病治療とは、初めて聞きました。
>つかぬことですが、それは、病院でうけた治療では、ないのでしょうか。
>保険は、とおって、いないのでしょうね。

私が一人で研究して臨床を繰り返してきた中の、一つの成果です。

>
>分裂さんは、少なくとも、自分では、分裂病が治ったと思うのですね?
>症状が、だいぶ、軽減したということですか?

見ての通りです。

66 :分裂君:01/10/21 16:58 ID:TijDY32Y
>>64

>分裂さんは、分裂病は、脳だけではなく、体のいろいろな箇所の異常が、関係している。と言いたいのですね?
>
>ところで、分裂さんは、
>1では、骨格の異常を整体で治すことにより、分裂病を治療する。と言ったが、
>59では、イソジンで、治ったと。。
>どういうこと?

私の使っている薬品は、フィニッシュコーワです。
これでも局所的な神経の緊張を沈める効果があるんです。
ひいては喉の荒れを治療します。

67 ::01/10/21 16:59 ID:ylNm9meH
イソジンは、市販薬局で、買って、自分で塗ったのですか?
体のどこに、塗ったのですか?

68 :分裂君:01/10/21 17:00 ID:TijDY32Y
神経の緊張を沈められれば、あとは自然治癒力の力が回復し、神経が骨格のバランスを正常に戻そうとする力が回復します。

69 ::01/10/21 17:00 ID:ylNm9meH
整体は、関係ないのですか?

70 :分裂君:01/10/21 17:01 ID:TijDY32Y
>>67

鼻腔、喉、胸椎です。
ちなみに胸椎は個人的に現在臨床試験中です。

71 ::01/10/21 17:02 ID:ylNm9meH
もう一度、聞きます。
分裂さんは、自分は、分裂病だったけど、
完治したと思うのですね?

72 :分裂君:01/10/21 17:02 ID:TijDY32Y
>>69

整体も必要ないほどに治療法が確立されればよいですね。
私は気功による整体を試みていました。

73 :分裂君:01/10/21 17:03 ID:TijDY32Y
>>71

思って悪いでしょうか?

74 ::01/10/21 17:04 ID:ylNm9meH
>70
胸椎は、皮膚の上からですか?

75 :分裂君:01/10/21 17:07 ID:TijDY32Y
まだ結果が出ていません。
少なくとも1週間以上様子を見ないことには、不用意に言えません。

76 :分裂君:01/10/21 17:10 ID:TijDY32Y
ここで一旦休憩しましょう。
それでは。

77 ::01/10/21 17:11 ID:pd90mYKH
もう一度、確認したいです。
分裂さんは、自分は、完治したと信じているのですか?
それとも、完治したかも、しれない。と思っているのですか?

もし、完治しているのなら、
もう、病気でないので、自分の体で、
フィニッシュコーワを胸椎にかける、臨床実験は、不可です。
病気がいまだ治っていない患者にて、試験すべきです。

わたしは、医者でもないし、あなたの、関係者でも、ない。
あなたが、分裂病が、治ったと思っていても、不都合は、ありません。
あなたが、実際に、治ったから、治った。と思っていても、
治ってないのになおったと思っていても、
どちらでも、いいのです。

ただ、本当に、治ったと思って話しているのか、
もしかしたら、完全には、良くなってないが、良くなるほうに、
向かっているかも、と思って話しているのか、確認したい。

78 ::01/10/21 17:32 ID:pd90mYKH
わたしは、医者じゃないし、分裂さんが、本当に、分裂病なのか、
分裂病が治ったのか、わかりません。
インターネットなので、見れないし。

ただ、分裂さんが、本当の分裂病なら、分裂病ってどんなのか、
いろいろ、教えてもらえるかな?と思った。

79 ::01/10/21 17:34 ID:pd90mYKH
分裂病の、幻覚って、苦しいのかな?
楽しい幻覚もあるのかな?

80 :分裂君:01/10/21 17:47 ID:YnnK5OrP
まとめて質問に答えたいと思います。

>分裂さんは、自分は、完治したと信じているのですか?
>それとも、完治したかも、しれない。と思っているのですか?

思考能力を阻害してしまうほどの精神障害は消えました。
この部分に関しては完治しています。
精神障害全般については、もう分裂病と言えるレベルではないと思います。
つまり分裂病は完治したと言えます。

>もし、完治しているのなら、
>もう、病気でないので、自分の体で、
>フィニッシュコーワを胸椎にかける、臨床実験は、不可です。
>病気がいまだ治っていない患者にて、試験すべきです。

知念療法はサイト上にて紹介していますので、治療を行うべきかどうかは
患者個人で決めてください。
臨床試験も私的レベルですが行っています。
私以外に臨床に協力してもらえるとありがたいのですが、残念ながらそれも私以外の問題です。

>わたしは、医者でもないし、あなたの、関係者でも、ない。
>あなたが、分裂病が、治ったと思っていても、不都合は、ありません。
>あなたが、実際に、治ったから、治った。と思っていても、
>治ってないのになおったと思っていても、
>どちらでも、いいのです。
>
>ただ、本当に、治ったと思って話しているのか、
>もしかしたら、完全には、良くなってないが、良くなるほうに、
>向かっているかも、と思って話しているのか、確認したい。
>わたしは、医者じゃないし、分裂さんが、本当に、分裂病なのか、
>分裂病が治ったのか、わかりません。
>インターネットなので、見れないし。
>ただ、分裂さんが、本当の分裂病なら、分裂病ってどんなのか、
>いろいろ、教えてもらえるかな?と思った。
>分裂病の、幻覚って、苦しいのかな?
>楽しい幻覚もあるのかな?

ホームページを見てください。
研究室と掲示板を覗き、内容は2〜4年前に書いたもので、編集もされていません。
発病の時期にどれだけ知的障害があったかは、人それぞれの感性の問題があります。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7575/

81 ::01/10/21 18:00 ID:GDYcqofz
>精神障害全般については、もう分裂病と言えるレベルではないと思います。
何のレベルですか?

82 ::01/10/21 18:03 ID:GDYcqofz
分裂病が、完治したなら、
いかなる治療も必要ないですね?

83 :卵の名無しさん:01/10/21 21:44 ID:???
も さん。ワタシも非常に興味がある。
真理に富んだ議論だと思う。
是非詳細に分裂君に教わりたい。

84 :卵の名無しさん:01/10/21 21:48 ID:???
>分裂君
暗ガモタラスモノが頭から離れないぞ〜。
どうしてくれる。

85 :卵の名無しさん:01/10/21 22:47 ID:???
分裂君。素晴らしい論理だと思う。
ただちょっと教えてくれ。
>>6-7 あたりを読むと君は医者を信用していないようだが
その一方で
>>32 のように、
>医師ならば、これは間違っているということは解ってもらえるはず
>これは医者でしか証明できない
と記述している。
どういう意味だ? 君は正しくないと知りながら仮説を立てたのか?
それとも別の何か書きたいことがあるのか?

勘違いしないでくれ。責めているのではない。
君の素晴らしい論理を馬鹿な一般人(医者を含む)に簡単に
説明することが出来れば、恐らく君はいわゆる社会においても
一目置かれる存在になれると思うのだ。

また熟読して戻ってくる。

86 :卵の名無しさん:01/10/21 22:54 ID:???
分裂君、教えてくれ。
>>34 だが
>詳細なレポートは各自に依存するが、部分的には鎖骨、胸椎、脊椎のあたり
というのは、症例によって骨形成異常(この用語が正しいのかはまた別に
質問することにする)が生じる場所が異なる、という意味だな?
それは何故なんだ?
そして、異なった部位の“骨形成異常”が、精神分裂病という同一の病態を
引き起こすのはどうしてなんだ?
具体的に述べると、ワタシのような一般人が考えても、胸椎脊椎は日常生活上
応力(重力という方が正しいか)を受けているが、鎖骨に荷重がかかるのは
限られた運動をしたときだけだと思う。異なった力学的構造といえる鎖骨と
胸脊椎が同じ様な“形成異常”を来すのは何故なんだ?

87 :卵の名無しさん:01/10/21 22:58 ID:???
分裂君、教えてくれ。
そもそも君は本当に精神分裂病だったのか?
それは一体誰が診断したんだ?
君の信用していない精神科の医師ではなかったのか?

ということは、そもそもその診断が間違いであり
君はもともと正常な(そして有能な)人物であったのではないか?

君自身は、君が否定している(ように思える)一般医学界において
「精神分裂病」なる病気であると決めつけられたことに
納得しているのか?

88 :卵の名無しさん:01/10/21 23:05 ID:???
分裂君、教えてくれ。
>>37 によると君は も さんの書いたとおりだと言うわけだな。
つまり、末梢運動器官である筋肉から脳へと信号を伝達する経路があり
それを伝わった異常な信号が脳内のバランスを崩すと言うことだな。
なるほど。確かにワタシのような一般人でも納得がいく。実はワタシも
現代医学に興味があり医学書を読んだことがある。
筋肉には「筋紡錘」という微少な器官があり、筋肉の緊張の程度を
中枢へと伝達する役割をしているらしい。分裂君ならなにをいまさらと
いうかもしれないが、末梢から脳へ異常な信号を伝達する経路は
ワタシの考えではこれではないかと思うのだが、そうなのか?

89 :卵の名無しさん:01/10/21 23:13 ID:???
分裂君待ちアゲ

90 :卵の名無しさん:01/10/21 23:15 ID:???
分裂君、教えてくれ。
どうも君のような有能な人間ではないので
わからなくなってきた。分かりやすく頼む。
>>32 で
>もし、脳内圧力が上がった場合には意識障害が起こる。
>しかし神経が圧迫された場合には、幻覚が起こる。
と書いているが、ここだ。前者は正しいと思う。ここにある
医学書にも、脳内圧力が上がると脳幹が大後頭孔で圧迫され
意識障害が起こるというようなことが書いてある。よくわからないが
どうやら脳幹に意識の中枢があるということだろう(?)
しかし後者がどうも分からない。
幻覚というのは、ワタシも経験があるが、単純なものではない。
およそ大脳の知覚に関するネットワークが広汎に膨大な信号を伝達しあい
成り立つものであるかのようだ。複雑だ、ということだ。
わずかな神経(末梢神経ということでいいか?)ごときが圧迫されて
異常な信号を少し伝達しただけで、膨大なネットワークがそう簡単に
傷害されるのか?
君はSEだそうだから、分かりやすく説明してくれそうな気がする。
頼む、教えてくれ。

91 :卵の名無しさん:01/10/21 23:17 ID:???
好評だったって? 自作自演スレがか?
分裂病じゃなくて、S.P.だろ。

92 :卵の名無しさん:01/10/21 23:20 ID:???
分裂君、教えてくれ。
すまなかった、君は既に幻覚については>>37で述べていたね。
なるほど、原因は不明と言うことだな。
だが>>38によれば、つまり側頭葉だな。筋紡錘からの異常な信号が
側頭葉に伝わって幻覚を起こすのか。
ということは、少なくとも直接か間接に筋紡錘から側頭葉に至る
神経ネットワークがあるはずだな。
ちょっとまってくれ、調べてみる。ワタシも一般人とはいえ医学に
興味があるので、一連の医学書は揃っている。
君ほど有能ではないので全てを読んだ訳ではないが。

93 :卵の名無しさん:01/10/21 23:22 ID:???
分裂君、>>91 の様な無意味な煽りは気にする必要はない。
君は既に精神分裂病の完璧な治療方法を経験しているからだ。
ところで、ワタシの質問には答えてくれないようだが
今寝ているからか?
待っている。寝ないで待っている。

また熟読して戻ってくる。

94 :卵の名無しさん:01/10/21 23:27 ID:???
>93 分裂君、一人で書き込んでておもしろいかい?

95 :卵の名無しさん:01/10/21 23:31 ID:???
>>94様 誤解を招いて申し訳ない。ワタシは分裂君ではない。
彼のように有能な人間ではないのだ。
したがってそのような煽りはどうかやめてもらえないだろうか。
ちなみに自作自演でないのは内容を深く検討していただければ
分かってもらえると思う。マジだ。

96 :卵の名無しさん:01/10/21 23:40 ID:???
分裂君、教えてくれ。
どうも煽りが入るたびにまた分からなくなってきた。
ワタシのようなテイノウと君を同一人物だと思うなんてどうかしている。

さて、分からなくなったのは>>15だ。戻って済まない。熟読にも時間がかかる。
>精神科と指圧では診断基準が違うが、精神科の場合には分裂病と診断され、きちんとした治療も受けられず
と書いているが、これは言外に「指圧に最初から行けば精神分裂病は完治する」
と言うことを言いたいのか?
ちょっとまってくれ。指圧の、おおかたの指圧ではそんなアピールをしていない。
していないと思う。それは何故なんだ? 指圧で有りさえすればいいと言うわけではなく
“ちゃんとした”指圧師にかかる必要があるということだな?
まってくれ。
精神分裂病なる診断は、DSM-IV-Rだかなんとかというよく分からない規準によって
なされているはずだ。指圧師はソレを知っているのか?
診断は君の信用していない精神科で、そして治療は指圧で、ということか?
診断が正しいなら、正しく診断した無能な精神科医たちが
正しく治療できないのは何故だ?
精神科医が指圧師に習えばいいことじゃないか。簡単なことだと思うが?

興奮して言が過ぎたようだ。精神科の行動を君に問うても意味がないな。
君の推論でかまわない。何故精神科医たちは指圧という正しい治療行為を
とらないんだ? 安易に投薬するよりもそのほうがいいはずだが。
誤解しないでくれ、これを読んでいる精神科医に問うているのではない。
有能な分裂君の推論を聞きたいだけだ。

97 :卵の名無しさん:01/10/21 23:47 ID:???
分裂君、教えてくれ。
また>>15だ。なかなか先に進まなくてすまん。
テイノウなワタシが君の論理についていくには
君の厚意にすがるより他にない。よろしく頼む。
いや、へりくだって書かねばなるまい。よろしくお願いします。
さて>>15だ。
>指圧の他に漢方薬も治療薬と知られているが、精神科の言うことは信じないほうがよい。
これには仰天した。理解不能だ。どういうことだ?
精神科の言うことを信用しないなら、そもそも“精神分裂病”なる「病気」が
なりたたないじゃないか。
君は“精神分裂病”ではないのか?
おかしいじゃないか。何を根拠に自分が“精神分裂病”だったと言うんだ?

98 :卵の名無しさん:01/10/21 23:49 ID:???
分裂君、すまなかった。
また興奮して言が過ぎたようだ。
ただ、どうも納得がいかないだけだ。
君は「精神科医」をどう思っているんだ?
それが聞きたい。

99 :卵の名無しさん:01/10/21 23:52 ID:???
分裂君、どうしたんだ? 旅行にでもいっているんだろうか・・・
君が帰ってこないとどうにも混乱して思考が制御不能だ。
是非ワタシに分かりやすく教えて欲しい。

また熟読して戻ってくる。

100 :卵の名無しさん:01/10/22 00:05 ID:???
分裂君、教えてくれ。
どうにも先に進めない。君の解説が必要だ。
今度は>>13だ。またもや戻って済まない。
>分裂病質人格障害とよく言われるが、
>私の研究では教養の無い環境で生まれ育った為に人格は動物的に成長してしまうという結論だ。
これはつまり、君の聡明な論理によると、一般社会で言う精神分裂病
または分裂病質人格障害は、環境によって生じるということだな?
遺伝子や公害ではなく、育った環境要因なのだな?
まってくれ。具体的にどんな環境だ?
ワタシが精神分裂病に興味をもって調べた範囲では、家庭内発症がおおいと聞いた。
本当か? つまりこの家庭内発症は、その家庭が晒されている環境因子が原因と
いうことだな? つまり、精神分裂病の親を持つと、子も同じようになってしまうと
いうことか? それはどんな環境なんだ?
>動物的だから面白いし、その魂はたくましいといえる。
なるほどこれはその通りだ。まったく同意する。
>反面、共同生活する上では目障りなタイプなのだよ。
おそらくそうだろう。無能な一般人にとっては特にそうだ。
>人格は迫害を受け、凶暴性を増す。
やむをえないことかもしれない。
>一般社会人と自分との違いをはっきりさせて、気をつけたほうがよい。
ちょっとまってくれ。
さきの論理だと、家庭がまるごと精神分裂病の範疇に入ってしまうということだ。
この場合の一般社会人というのは、家庭外の人間ということだな?
別居している場合はどうなる? 例えば4人家族がなんらかの理由で2人と2人に
分かれた場合、どっちが「一般社会人」で、どっちが「精神分裂病」家庭になるんだ?
そして、違いをはっきりさせて、というのは、違いをはっきり認識してという意味か?
あるいは違いをはっきりさせるよう行動を起こすということか?
気を付けるとはどういう風にきをつけたらいいんだ?

長くなった。熟読してまた来る。

101 :卵の名無しさん:01/10/22 00:08 ID:???
分裂君、教えてくれ。
>>92の件だがどうにもやはり分からない。
筋紡錘から側頭葉に至る経路などワタシには特定できそうにない。
やはり君の力が必要だ。
頼む、教えてくれ。
ワタシも非力だが熟読してまた来る。

102 :卵の名無しさん:01/10/22 00:11 ID:???
分裂君、教えてくれ。
単純な話だ。知念療法ってなんだ?どういう治療方法だ?
前スレを読んでも今ひとつピンとこない。
馬鹿な医者どもに有無を言わさず納得させればこれは素晴らしい代替療法に
なるに違いないということだけは理解できるが、具体的な内容が納得できない。
頼む。教えてくれ。知りたいんだ。
テイノウなワタシのために(有能な君とは縁もゆかりもなくて済まないが)
分かりやすく頼む。理解したいんだ。

103 :卵の名無しさん:01/10/22 00:13 ID:???
分裂君、どうも今夜はいないようだな。残念だ。
しかし、ワタシの知りたいことは山ほどある。
とりあえずこれまでの質問に全て答えてくれ。
君はただ一人精神分裂病を治し得た患者なんだ。
ワタシのような人間の質問にも答える義務があると思う。

熟読してまた来る。

104 :卵の名無しさん:01/10/22 00:19 ID:???
スマン、分裂君。もう寝るつもりだったがどうにも気になって
戻ってきた。
このスレは今注目の的のハズだ。みんな君の素晴らしい答えに
期待しているはずだ。みんなというのはバカな一般人や精神科医
どもを指しているのではない。君の有能な論理に魅了された
全ての人々だ。前スレがその証明じゃないか。
待っている。

熟読してまた来る。

105 :卵の名無しさん:01/10/22 00:20 ID:???
>>102
知念療法は分裂君のサイトをみるべし。

106 ::01/10/22 00:22 ID:M8M2sS7u
分裂くんは、薬がきらい。多くの患者のように。
分裂くんは、病気を治したい、または、治ったと思っている。
ポジティブシンキングだ。。。。

107 :卵の名無しさん:01/10/22 00:26 ID:???
分裂君、教えてくれ。
また躓いた。今度は>>37だ。
>精神分裂病の診断と治療は不適切であるという証拠
これは一体どういうことだ?混乱してきた。
(投薬という)治療が不適切で指圧が正しいという論理は分かった。
しかし、診断も不適切なのか?
ならばそもそも君は「精神分裂病」なる病気ではありえないではないか。
あるいは指圧の診断基準で「精神分裂病」と診断されたという意味か?
ならばその規準は馬鹿な精神科医達が決めたDSMなんとかという規準と
比較してどう違うんだ?

108 :卵の名無しさん:01/10/22 00:28 ID:???
どうも分裂君本人が登場してくれないと眠れそうにないな。
>>105様 ありがとうございます。行ってきます。

109 :卵の名無しさん:01/10/22 00:34 ID:???
も 様
>>40の件ですが、ワタシも精神病はうつると思います。
これは完璧に同意します。精神分裂病にかかわらず
鬱病、躁病、非定型的精神障害、その他、罹患している
人に接触あるいは会話を交わしただけでも伝染しうると
思います。ワタシ自身は他人から評価されない限り
自覚不能ですが。

110 :卵の名無しさん:01/10/22 00:36 ID:???
も 様
>>107の件ですが、「多くの患者のように」とは失礼ではないでしょうか。
彼は既に病を克服しているのです。患者ではあり得ません。
しかしポジティブシンキングであるという言はまさにそのとおりです。
ポジティブシンキングである分裂君がテイノウなワタシの沢山の
疑問を解決して下さると信じています。

111 ::01/10/22 00:45 ID:yxLT97As
患者のように、が失礼とは、患者に失礼では?

彼は、今なお、治療を続けているらしい。
治療しているなら、完治していないのだろう。。。

それに、完治していないことは、悪いことなのか?

完治していない患者に失礼では?

完治していないのに、完治したと言って、悪くは無いと思う。
きっと、ポジティブシンキングなんだ。

まだ、飛んでもいないジャンプ選手が、飛べると信じて飛ぶことと同じだとも言える。

それに、もし、治っていないなら、病気のせいかも、しれない。

喘息の人に咳をするなというのは、無理だ。

それに、喘息の人に、まだ、治らないのか、と怒ってみても仕方が無い。

それに、ほんとに、治ったが、補助療法、補足療法かも、しれない。

112 :卵の名無しさん:01/10/22 00:52 ID:???
分裂君手もてもてですね。
ちょっとうらやましい。

113 :卵の名無しさん:01/10/22 00:54 ID:???
分裂君、教えてくれ。
今度は>>41だ。
これは難解だ。相当な理論だと思う。
これについて詳しく聞きたいのだがそれは次回に回さざるを得ない。
というのは>>52だ。
君は冒頭に
>現在の所、分裂病に有効な治療は確立されていません。
と述べておきながら、そのすぐ下で
>少なくとも、治りました。
と書いているのは一体どういうことだ?????
もはや混乱も限界だ。速やかに解説してどうかワタシを助けてくれ。

114 :卵の名無しさん:01/10/22 00:57 ID:???
も 様
>>111の件ですが、なるほどおっしゃるとおりです。
興奮して言が過ぎたようです。
しかし、完治の件に関してはワタシは分裂君の言を待ちたいと思います。
も様の推定ではなく。

115 ::01/10/22 00:58 ID:DMDyEXPy
>113
もし、彼の話に、大きな矛盾があるなら、それが、彼の病気のせいかも、しれない。
残念ながら。
しかし、単なる誤解のせいかも、しれないが。。。
少なくても、彼には、悪意はないのだろう。。。

116 :卵の名無しさん:01/10/22 01:02 ID:???
暗ガモタラスモノ…暗ガモタラスモノ…
分裂君に飲み込まれていく気がするぞ…

117 :卵の名無しさん:01/10/22 01:03 ID:???
も 様
今トイレに行って来て、どうやら も様とワタシは深いところで
同じ様な認識があるような気がしてきました。

熟考して、熟読して、また来ます。
失礼なる前言お許し下さい。

118 :卵の名無しさん:01/10/22 01:09 ID:???
喘息を比喩にすなボケ!!

119 :卵の名無しさん:01/10/22 01:11 ID:???
秋は蛾やゴキブリの死骸から喘息が起こってるとか言っている医者も逝ってヨシヨシ!!

120 :娃裳阪:01/10/22 01:14 ID:???
>>1
TMS理論とは何かご関係がおありで?

121 :卵の名無しさん:01/10/22 01:53 ID:???
憶測で苦しんで神経症。
深度が深まって分裂。

122 ::01/10/22 02:26 ID:kBDt0p6e
あたしって、やばいかな?
どんなとこが、やばいかな?

123 :卵の名無しさん:01/10/22 02:28 ID:???
「も」様は女性なのですか?

124 ::01/10/22 02:31 ID:kBDt0p6e
もし、そうなら、どうなのですか?
そうでないなら、どうなのですか?
ところで、どのななしか、わかりにくいので、
このスレだけでも、ハンドルネームにしてほしい。

125 ::01/10/22 02:33 ID:kBDt0p6e
あたしって、ちょっとでも、けはあるのかな?
このあたりに、本職がおられるなら、ありそうか、なさそうか
だけでも、教えて欲しいな。

126 :ルカ:01/10/22 02:35 ID:???
『医療はサービス業です』のスレッドを読んでいたのですが、、、
てっきり男の方だと思っていました。。。スレ違いですいません。。。
ところで分裂君がきてくださらないとこのスレッドは始まりませんね。。。

127 ::01/10/22 02:40 ID:kBDt0p6e
>126性はどちらでも、良いはずでは?
わたしは、男。。。かも、しれませんよ。実は。

分裂さんは、
わたしが、決定打を放ってしまったので、
しばらくは、こないと思われる。。。

128 :あっくん:01/10/22 03:10 ID:Hc3t3UA1
>>127
>わたしが、決定打を放ってしまったので、
ドコのレスが決定打だったのですか?

129 ::01/10/22 03:19 ID:Xhtrw7xZ
あまり、追求しないほうが、よいと思うが、
あえて、言うなら、分裂病は完治しない。ということ。
正常人だって、自分の病気が、決して完治しないなどと、言われれば、変になってもおかしくない。
彼の、理論が、つじつま合わなくなってきたのは、その辺りではないか?
もし、彼が、現に、つじつまあわなくなっているとしたならば。。。
わたしが、それを、追求してしまったので、疲れちゃったと思われる。
今回、彼に教えてもらったことが、あるなら、そのことだろう。。。

130 :あっくん:01/10/22 03:21 ID:Hc3t3UA1
なるほど。

131 :あっくん:01/10/22 03:23 ID:Hc3t3UA1
でも1は自分の病気を客観視出来てる感じだから重くないのかも知れないね。

132 ::01/10/22 03:29 ID:Xhtrw7xZ
まあ、あたしは、よく、わからないけど、すごくやばくは、無いと思う。
でも、もしかすると、休憩のとき、家で、ぐちゃぐちゃになってたら、
申し訳ないことをした、と少し思う。

133 :分裂君:01/10/22 05:01 ID:a3lsIlFK
おはよう諸君。
すごいレスポンスだね。
まだ寝ぼけてるけど、1つ1つ返答は付けるつもりだ。
コーヒーでも買ってくるよ。

134 :分裂君:01/10/22 07:15 ID:+p39+3sQ
>>85
>分裂君。素晴らしい論理だと思う。
>ただちょっと教えてくれ。
>>>6-7 あたりを読むと君は医者を信用していないようだが
>その一方で
>>>32 のように、
>>医師ならば、これは間違っているということは解ってもらえるはず
>>これは医者でしか証明できない
>と記述している。
>どういう意味だ? 君は正しくないと知りながら仮説を立てたのか?
>それとも別の何か書きたいことがあるのか?

今回の場合は、精神科の領域外である。
私は精神科の医師については信用していない。
しかし、医学については熟知している訳ではないので、他科の医師のほうが
より詳細に病因を見分けることが出来るハズだ。

135 :分裂君:01/10/22 07:15 ID:+p39+3sQ

>>96
>さて、分からなくなったのは>>15だ。戻って済まない。熟読にも時間がかかる。
>>精神科と指圧では診断基準が違うが、精神科の場合には分裂病と診断され、きちんとした治療も受けられず
>と書いているが、これは言外に「指圧に最初から行けば精神分裂病は完治する」
>と言うことを言いたいのか?

そこまでは言っていないが、精神分裂病に似た症状は指圧や漢方でも取れるという報告をないがしろにされてしまっていることです。

>ちょっとまってくれ。指圧の、おおかたの指圧ではそんなアピールをしていない。
>していないと思う。それは何故なんだ? 指圧で有りさえすればいいと言うわけではなく
>“ちゃんとした”指圧師にかかる必要があるということだな?
>まってくれ。
>精神分裂病なる診断は、DSM-IV-Rだかなんとかというよく分からない規準によって
>なされているはずだ。指圧師はソレを知っているのか?
>診断は君の信用していない精神科で、そして治療は指圧で、ということか?
>診断が正しいなら、正しく診断した無能な精神科医たちが
>正しく治療できないのは何故だ?

精神科の診断は、人格や心や精神状態を見て診断します。
分裂病については、心理学で治ることはありません。
薬物に関しても、確実に治るというわけではなく、何割かが良くなるという程度で、
万人にとって正しい治療とは限らないと言えます。

>精神科医が指圧師に習えばいいことじゃないか。簡単なことだと思うが?
>興奮して言が過ぎたようだ。精神科の行動を君に問うても意味がないな。
>君の推論でかまわない。何故精神科医たちは指圧という正しい治療行為を
>とらないんだ? 安易に投薬するよりもそのほうがいいはずだが。

個人的な意見です。
医師免許を持ったプライドの高い精神科の医師が、指圧を行って治療したら笑えます。
それはありません。

136 :分裂君:01/10/22 07:16 ID:+p39+3sQ

>>97
>さて>>15だ。
>>指圧の他に漢方薬も治療薬と知られているが、精神科の言うことは信じないほうがよい。
>これには仰天した。理解不能だ。どういうことだ?
>精神科の言うことを信用しないなら、そもそも“精神分裂病”なる「病気」が
>なりたたないじゃないか。
>君は“精神分裂病”ではないのか?
>おかしいじゃないか。何を根拠に自分が“精神分裂病”だったと言うんだ?

精神科の特徴は、精神病の中でも分裂病と見分ける診断基準があり、世の中に広く認知されていることです。
しかし治療法や原因については未だに多くの疑問が残り、精神科以外の他の治療法を試みる手段は可塑性に優れているといえます。
その時に問題になるのが、病名です。
これは精神科の領域外なので問題にすべきではありません。

>>98
>君は「精神科医」をどう思っているんだ?
>それが聞きたい。

もはや領域外です。

137 :分裂君:01/10/22 07:16 ID:+p39+3sQ

>>87
>分裂君、教えてくれ。
>そもそも君は本当に精神分裂病だったのか?
>それは一体誰が診断したんだ?
>君の信用していない精神科の医師ではなかったのか?

私を診断した医師は2名。
一人は保健所の精神保健員医師、もう一人は精神保健指定医の医師。
器質性分裂病と診断され、障害等級1級を認定されている。

>ということは、そもそもその診断が間違いであり
>君はもともと正常な(そして有能な)人物であったのではないか?
>
>君自身は、君が否定している(ように思える)一般医学界において
>「精神分裂病」なる病気であると決めつけられたことに
>納得しているのか?

ご存知のように、分裂病は青年期に発症しやすい精神病です。
分裂病がDSM-Wを診断基準にしている以上、私はそれに該当するのは妥当だと思いました。
それに関しては納得します。
ただし分裂病の原因や治療については、疑問です。

138 :分裂君:01/10/22 07:18 ID:+p39+3sQ

>>107
>また躓いた。今度は>>37だ。
>>精神分裂病の診断と治療は不適切であるという証拠
>これは一体どういうことだ?混乱してきた。
>(投薬という)治療が不適切で指圧が正しいという論理は分かった。
>しかし、診断も不適切なのか?

診断に緊張性分裂病や器質性分裂病があるが、肩や首の神経痛についてはまったく考察されておらず、これについては他の科の受診や指圧や漢方など他の医療を紹介させられることはない。
治療に使われている劇薬の向精神薬を中心とした薬物治療行為は、完璧でなくまたそれだけに患者を束縛させることは問題であると言える。

>ならばそもそも君は「精神分裂病」なる病気ではありえないではないか。
>あるいは指圧の診断基準で「精神分裂病」と診断されたという意味か?
>ならばその規準は馬鹿な精神科医達が決めたDSMなんとかという規準と
>比較してどう違うんだ?

世間一般には分裂病は広く知られており、精神科で治療を受けるということが常識になってしまっている。
しかしこの仮説によって、これらの問題が多く浮上し、晒されているのである。
このことについては、私の仮説ではなく社会背景に問題がある。
また分裂病という名称は、そもそも原語であるドイツ語のスキゾフレニアという病名を正しく翻訳したものではない。
精神分裂病という名称自体にも、問題があると言える。
>>136も参照してください。

139 :分裂君:01/10/22 07:18 ID:+p39+3sQ
>>86
>分裂君、教えてくれ。
>>>34 だが
>>詳細なレポートは各自に依存するが、部分的には鎖骨、胸椎、脊椎のあたり
>というのは、症例によって骨形成異常(この用語が正しいのかはまた別に
>質問することにする)が生じる場所が異なる、という意味だな?
>それは何故なんだ?

今回の知念療法による被験者は私自身である。
しかしながら、個人的に研究はしているが、高度な医療や設備はまったく使用できない状況にあるので
局所的にどの位置でどの神経が悪いとは確定的には解らない。
あくまで病人の立場で調査した所、胸椎(鎖骨、首、鼻腔)、脊髄、のあたりに異常部位を発見したという報告である。
さらにそれだけではなく、上記の異常部位を発見せしめたのは、この神経の炎症という異常部位を治療せしめる方法理論や、またその発生理論(病因)を発展したもので、
すべての結果において一致が見られたため、これを病因として位置付けした。

>そして、異なった部位の“骨形成異常”が、精神分裂病という同一の病態を
>引き起こすのはどうしてなんだ?
>具体的に述べると、ワタシのような一般人が考えても、胸椎脊椎は日常生活上
>応力(重力という方が正しいか)を受けているが、鎖骨に荷重がかかるのは
>限られた運動をしたときだけだと思う。異なった力学的構造といえる鎖骨と
>胸脊椎が同じ様な“形成異常”を来すのは何故なんだ?

分裂病に陥った時には、対人恐怖症や終末思想といった同じような精神状態が引き起こされ、体の神経においても
特殊な緊張状態に陥る。
これ以外にも、極度の寒さによって幻覚が見えることはご承知のとおり。
つまり幻覚を見る際には、ある共通の緊張状態を体験しているのである。
もしこの緊張状態が慢性化すれば、骨格のバランスが壊れ、またその発生する部位も共通するハズである。
その結果、前記記載の胸椎(鎖骨、首、鼻腔)、脊髄などの部位であることが判明した。

140 :分裂君:01/10/22 07:18 ID:+p39+3sQ
>>88
>分裂君、教えてくれ。
>>>37 によると君は も さんの書いたとおりだと言うわけだな。
>つまり、末梢運動器官である筋肉から脳へと信号を伝達する経路があり
>それを伝わった異常な信号が脳内のバランスを崩すと言うことだな。
>なるほど。確かにワタシのような一般人でも納得がいく。実はワタシも
>現代医学に興味があり医学書を読んだことがある。
>筋肉には「筋紡錘」という微少な器官があり、筋肉の緊張の程度を
>中枢へと伝達する役割をしているらしい。分裂君ならなにをいまさらと
>いうかもしれないが、末梢から脳へ異常な信号を伝達する経路は
>ワタシの考えではこれではないかと思うのだが、そうなのか?

詳細については私にも判断がつきにくいので、専門家の意見を参考したい。
そうだとしても、実験設備や臨床も必要になるだろうし。

141 :分裂君:01/10/22 07:22 ID:+p39+3sQ

>>90
>>92
>分裂君、教えてくれ。
>すまなかった、君は既に幻覚については>>37で述べていたね。
>なるほど、原因は不明と言うことだな。
>だが>>38によれば、つまり側頭葉だな。筋紡錘からの異常な信号が
>側頭葉に伝わって幻覚を起こすのか。
>ということは、少なくとも直接か間接に筋紡錘から側頭葉に至る
>神経ネットワークがあるはずだな。
>ちょっとまってくれ、調べてみる。ワタシも一般人とはいえ医学に
>興味があるので、一連の医学書は揃っている。
>君ほど有能ではないので全てを読んだ訳ではないが。

>>101
>>>92の件だがどうにもやはり分からない。
>筋紡錘から側頭葉に至る経路などワタシには特定できそうにない。

神経の仕組みについても、詳細は専門家の意見を参考にするべき。
私が個人的に判断した所で、それを証明する手段はありません。
ただし考えられることは、>>139も参照してください。
私に言えることはここまでです。

142 :分裂君:01/10/22 07:24 ID:+p39+3sQ
>>100
>今度は>>13だ。またもや戻って済まない。
>>分裂病質人格障害とよく言われるが、
>>私の研究では教養の無い環境で生まれ育った為に人格は動物的に成長してしまうという結論だ。
>これはつまり、君の聡明な論理によると、一般社会で言う精神分裂病
>または分裂病質人格障害は、環境によって生じるということだな?
>遺伝子や公害ではなく、育った環境要因なのだな?
>まってくれ。具体的にどんな環境だ?
>ワタシが精神分裂病に興味をもって調べた範囲では、家庭内発症がおおいと聞いた。
>本当か? つまりこの家庭内発症は、その家庭が晒されている環境因子が原因と
>いうことだな? つまり、精神分裂病の親を持つと、子も同じようになってしまうと
>いうことか? それはどんな環境なんだ?
>>動物的だから面白いし、その魂はたくましいといえる。
>なるほどこれはその通りだ。まったく同意する。
>>反面、共同生活する上では目障りなタイプなのだよ。
>おそらくそうだろう。無能な一般人にとっては特にそうだ。
>>人格は迫害を受け、凶暴性を増す。
>やむをえないことかもしれない。
>>一般社会人と自分との違いをはっきりさせて、気をつけたほうがよい。
>ちょっとまってくれ。
>さきの論理だと、家庭がまるごと精神分裂病の範疇に入ってしまうということだ。
>この場合の一般社会人というのは、家庭外の人間ということだな?
>別居している場合はどうなる? 例えば4人家族がなんらかの理由で2人と2人に
>分かれた場合、どっちが「一般社会人」で、どっちが「精神分裂病」家庭になるんだ?
>そして、違いをはっきりさせて、というのは、違いをはっきり認識してという意味か?
>あるいは違いをはっきりさせるよう行動を起こすということか?
>気を付けるとはどういう風にきをつけたらいいんだ?

動物的感情を煽るような人間関係は相応しくない。
得に親子関係においてそれは発生すると思います。
これを認知することにより、ある程度は防げるかと思います。

143 :分裂君:01/10/22 07:26 ID:zB3s4bSv
>>102
>単純な話だ。知念療法ってなんだ?どういう治療方法だ?
>前スレを読んでも今ひとつピンとこない。
>馬鹿な医者どもに有無を言わさず納得させればこれは素晴らしい代替療法に
>なるに違いないということだけは理解できるが、具体的な内容が納得できない。

これを熟知するためには、分裂病の病因と回復の理論を理解していることが前提である。
やはり中心となるのは、ポピドンヨード液であろう。
知念式治療法の歴史を知ることも重要。
当初は、オロナインH軟膏を用いたが効果は僅かなものだった。
確実な回復は望めないが、僅かに症状に反応があることを確信し、その治療法研究はここから発展したと言える。
次いでより強力に作用するインドメタシン配合の薬液が用いられた。
神経の炎症による痛みや腫れを和らげ、熱を下げる。
これは効果があったが、長期乱用には痛みが伴い、また神経とより密接な粘膜などには適用できない。
さらにポピドンヨード液に効果があることを発見し、治療はより確実なものとなった。

144 :分裂君:01/10/22 07:27 ID:zB3s4bSv

>>113
>分裂君、教えてくれ。
>今度は>>41だ。
>これは難解だ。相当な理論だと思う。
>これについて詳しく聞きたいのだがそれは次回に回さざるを得ない。
>というのは>>52だ。
>君は冒頭に
>>現在の所、分裂病に有効な治療は確立されていません。
>と述べておきながら、そのすぐ下で
>>少なくとも、治りました。
>と書いているのは一体どういうことだ?????
>もはや混乱も限界だ。速やかに解説してどうかワタシを助けてくれ。

治療は確立されていないというのは、精神科のみならず漢方や指圧でさえ確実には分裂病に対する治療法がありません。
病因を完全解明した知念療法でさえ現在より確実な治療手段を研究・臨床試験中であるからです。
確立したと言える段階になるまでには、やはり私以外の回復者が出ないことには何とも言えない状況です。

145 :分裂君:01/10/22 07:30 ID:igC2BfVo
>>103
>分裂君、どうも今夜はいないようだな。残念だ。
>しかし、ワタシの知りたいことは山ほどある。
>とりあえずこれまでの質問に全て答えてくれ。
>君はただ一人精神分裂病を治し得た患者なんだ。
>ワタシのような人間の質問にも答える義務があると思う。
>>104
>スマン、分裂君。もう寝るつもりだったがどうにも気になって
>戻ってきた。
>このスレは今注目の的のハズだ。みんな君の素晴らしい答えに
>期待しているはずだ。みんなというのはバカな一般人や精神科医
>どもを指しているのではない。君の有能な論理に魅了された
>全ての人々だ。前スレがその証明じゃないか。
>待っている。

以上、3時間をかけてお答えを用意しました。

146 :卵の名無しさん:01/10/22 09:22 ID:???
次作自演ご苦労さん (w

147 :卵の名無しさん:01/10/22 09:42 ID:???
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴|
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | < >>1 駄スレたてんな馬鹿
   \|   \_/ /  \_______
     \____/

148 :卵の名無しさん:01/10/22 13:37 ID:???
分裂君、朝早いな〜。

149 :卵の名無しさん:01/10/22 17:39 ID:???
分裂君。興味のない皆さんが迷惑そうなので、sage進行で行こう。
細々した質問に答えていただいて恐縮だ。君の認識が徐々に見えてきた。
ひとつ確認したいことがある。もさんの質問だ。
君はクスリが嫌いなんだな? 根拠をもう一度確認していいか?

150 :分裂君:01/10/22 22:34 ID:xl9kaP8l
何度も同じ質問を繰り返すのはよしてくれ。
>>45http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7575/prescription.htm
に書いてある通り、私は劇薬を飲む必要はまったくない。

151 :分裂君:01/10/22 22:37 ID:xl9kaP8l
大分貴重な意見が出揃ったようなので、また研究室のほうはより充実した内容になるだろう。
その時まで医者板には来ることは無い。
さよなら諸君。

152 :卵の名無しさん:01/10/23 07:05 ID:???
分裂君、戻ってきてよ〜。

153 ::01/10/23 17:54 ID:+VNtgUDd
分裂さん、一つ、つっこんでいいですか?
フィニッシュコーワをかけた、”胸椎”ですが、
胸椎は、背骨の一部です。
かけたのは、胸のみぞおちの上の骨では?
あれは、胸骨だと思いますが。。
かけたのは、背中ですか?胸ですか?

154 :分裂君:01/10/24 00:49 ID:H1c/11do
胸骨です。
あと、グルコサミンという薬品についてリサーチしてください。

155 :卵の名無しさん:01/10/24 00:53 ID:???
>>154
グルコサミンはサメの軟骨などに多く含まれる。
人間の体のいたるところにも存在する。

156 :卵の名無しさん:01/10/24 00:55 ID:???
違ったかな。
違うかも。
カニの甲羅から取るものだっけ?

157 ::01/10/24 03:25 ID:V0+bBerm
分裂さんへ。
http://www.cyber-one.com/glucosamine/glucosamine.htm

あと、ヤフーなどで調べれば、山ほど出てくると思います。。

158 ::01/10/24 03:27 ID:V0+bBerm
155まちがい。
156あたり。
体のいたるところにもあり、関節に良いとされる。

159 ::01/10/24 03:58 ID:V0+bBerm
ちなみに、多くのグルコサミンは、医薬品には、指定されていません。
健康食品です。効能は、認定されては、いません。

160 ::01/10/25 07:28 ID:BZiD9jEy
!!!

161 :分裂君:01/10/25 12:08 ID:kO0xFsc9
ポピドンヨード液の有効性について。
分裂病には、ポピドンヨード液がよく効く。
体中の至る所に慢性の粘膜の荒れが存在しているからである。
例えば、爪を見てみよう。
爪の艶に横の筋が入っているのなら、それは精神的ショックの影響で出来たものであると言われている。
次に、爪の根元の肉を見てみよう。
この皮膚が剥がれていたりすると、不健康の現れである。
ポピドンヨード液でも良いが、とりあえずオロナインH軟膏を塗っておこう。
精神状態によって不健康になる粘膜もある。
「胃」である。
また、犬や猫の場合には、鼻が乾燥してしまう。
これは良くない。
鼻腔にポピドンヨード液を塗布すべきである。
栄養補助食品と組み合わせれば、その効果は2倍、3倍にもなるだろう。

162 :分裂君:01/10/25 12:11 ID:G98krF5j
こういった体中の不健康な状態が、ストレスとともに慢性化に繋がっていると言える。
分裂病の場合には、ストレスを軽減させる事が重要だ。
それにはやはり、こういった体中の荒れを治療すべきでもある。
知念療法をお勧めする。

163 :卵の名無しさん:01/10/25 17:38 ID:???
よ。分裂君。
相変わらず月収8マソで頑張っているのかね。

164 :卵の名無しさん:01/10/25 20:06 ID:???
お〜、分裂君。待っていた。
また沢山質問があるんだが、いいかな?

165 :卵の名無しさん:01/10/25 21:14 ID:tmDRNL67
ポピドンヨード液の有効性について。
分裂病には、ポピドンヨード液がよく効く。
体中の至る所に慢性の粘膜の荒れが存在しているからである。
例えば、爪を見てみよう。
爪の艶に横の筋が入っているのなら、それは精神的ショックの影響で出来たものであると言われている。
次に、爪の根元の肉を見てみよう。
この皮膚が剥がれていたりすると、不健康の現れである。
ポピドンヨード液でも良いが、とりあえずオロナインH軟膏を塗っておこう。
精神状態によって不健康になる粘膜もある。
「胃」である。
また、犬や猫の場合には、鼻が乾燥してしまう。
これは良くない。
鼻腔にポピドンヨード液を塗布すべきである。
栄養補助食品と組み合わせれば、その効果は2倍、3倍にもなるだろう。

166 :分裂君:01/10/25 21:33 ID:idJkiW2q
>>163

会社は休みがちだけど、ちゃんとノルマはこなしているとも。
君の質問には全部答えよう。

167 :分裂君:01/10/25 21:38 ID:idJkiW2q
個人的な話なんだけど、分裂病って15〜25歳の時に発病しやすいんだよ。
発病すると、意味もないような社会のシステムに、その中に自分がいるという錯覚が生まれるんだよ。
嫌気がするような物事に囲まれた自分という存在は、自我を維持するだけでも、とてもしんどい。
人間が嫌いだという事もある。
実は、私は15の時から発病していたに違いないのである。

168 ::01/10/25 21:43 ID:KFmBeh7V
分裂さん、何歳ですか?
仕事は、何ですか?

169 :分裂君:01/10/25 21:43 ID:idJkiW2q
内心では、人間は嫌い。
でも仕事をする上では、笑顔は欠かせない。
必要な事を隠している奴も、ウソを言う奴も、この世は食い合いの世界でできている。
人をコケにするようなシステムの依頼は、正直できない。

170 :分裂君:01/10/25 21:45 ID:idJkiW2q
>>168

君の事から話すべき質問ではないのですか?

171 :分裂君:01/10/25 21:47 ID:idJkiW2q
欲を言えば、フリーエンジニアになりたいです。

172 :卵の名無しさん:01/10/25 21:48 ID:???
>>167
それを言ったら俺は小学生の頃からだよ・・・

173 ::01/10/25 21:49 ID:KFmBeh7V
分裂さん、今は、分裂症は、治ったのですか?

174 :分裂君:01/10/25 21:49 ID:idJkiW2q
私にとって社会とは檻の中に居ることに等しいに違いないのである。

175 ::01/10/25 21:51 ID:KFmBeh7V
檻の隙間より細い体になれれば、自由なのにね。。。

176 :分裂君:01/10/25 21:52 ID:idJkiW2q
>>173

実はね、分裂症が治ったのかという質問には答えられないんだよ。
私には症状は消えている。苦しい事や、生活上不備になるような症状は無い。

177 :分裂君:01/10/25 21:54 ID:idJkiW2q
>>175

君こそ君の生まれた体は窮屈とは思わないのかね。

178 ::01/10/25 21:55 ID:KFmBeh7V
分裂さんは、症状が消えたのですね。
以前は、かなり苦しかったのですか?
最近は、調子いいのですね?

179 ::01/10/25 21:58 ID:KFmBeh7V
>177
体験談を含めて、共感を求めてみたのですが。。。

180 :分裂君:01/10/25 21:59 ID:idJkiW2q
>>178

以前はね、思考すらスムーズに動かなかったのだよ。
頭も痛い、言葉もうまく話せない。肝心な事が、思い出せないような状態になっていた。
テレビを見るだけでも、30分で疲れてしまって、消して横になる。
横になっても幻聴が煩い。
向精神薬を10倍量飲む。
という事がよくあったものだ。

181 ::01/10/25 22:01 ID:KFmBeh7V
10倍量は、ためてあったのですか?
次ぎの10日分をいっぺんに飲んだのですか?

182 :分裂君:01/10/25 22:02 ID:idJkiW2q
生まされたほうは大変だぜ。
まったく不自由な家庭で育ちやがって。
貧乏人は子供すら生んではいけない法律を作ったほうがよいのではないか。

183 :卵の名無しさん:01/10/25 22:02 ID:???
分裂君、なんか今夜は雰囲気が違うなあ?

184 ::01/10/25 22:03 ID:pIND72cE
だから、私は、子供生みたくない。。。かも

185 :分裂君:01/10/25 22:04 ID:idJkiW2q
>>181

貯めといたものだよ。
この向精神薬っていうのは、貯めておくと非常に愉快な気持ちになる。
猫に飲ませると、まるで自分を見ているようだった。
その時私は「可愛そうだ」と思った。
もう一人の私は、きっと私の事を可愛そうだとも思ったに違いないのである。

186 :分裂君:01/10/25 22:05 ID:idJkiW2q
>>183

別に酔っ払っている訳ではない。
真面目に話そうなんて、2chでは滅多に思わないよ。

187 :分裂君:01/10/25 22:10 ID:idJkiW2q
傍目から見れば死んでるような状態。
私が飲んでいたとき、死んだ状態になれば悪魔払いになるんだなとも思った。
私が息をしなければ、エイリアンはつまらないと言って宇宙へ帰るハズである。
きっと精神科医もそう思っているに違いないのである。

188 :分裂君:01/10/25 22:21 ID:idJkiW2q
耳無し法一の話
ある所に、三味線を弾く若者が居た。
彼は、夜に一人で三味線を弾いているうちに、やがて彼の周りには幽霊が集まり、みな聞き入っていた。
するとどうだろう・・・・・
彼は毎晩のように、彼らに急かされ、三味線を弾く。
法一自身も、それを楽しんでいたようであった。

やがて法一の様子がおかしいことに気付いた人々は、法一をある有名な坊主の所へ連れて行った。
「今晩、彼らが来ても絶対に聞こえないフリをしなければならない」
法一はそれを受け入れ、髪の毛を剃り、真っ黒になるほどの御経が体中に書かされた。

そして今晩・・・・・
武将の霊がいつものようにやってきて、法一を呼ぶ。
「法一はまだか。法一はまだか。」
法一は、目を瞑ったまま息を堪えていた。
すると武将が言った。
「今日は法一は居ないようだ。冥土にはコレでも持って帰ろう」
そういって、その武将は法一の耳を引き千切ってしまった。
彼の耳には、御経の文字が記し忘れていたのである。

法一はそれ以後、耳なし法一と呼ばれるようになったとさ。

189 ::01/10/25 22:28 ID:33hbHfMc
そういえば、耳なし法一の、話の教訓は、なんだ?
物事は、抜かりなくやれ、さもなくば、失敗ということ?
ちょっと、変だ。。。

190 :卵の名無しさん:01/10/25 22:40 ID:???
ひとまず分裂君の話に耳を傾けたいな。

191 :分裂君:01/10/25 22:40 ID:OA5g1PrZ
教訓はね、法一がもし幽霊を追い払うような事をしなければ、彼らは守護霊になっていたかも知れないって事だよ。
残念だねぇ、こんなにパワーがある幽霊を追い出すなんて。

192 ::01/10/25 22:47 ID:33hbHfMc
そうだったのか。。。
ところで、
そもそも、どうして、お経を書いたのか?

193 :分裂君:01/10/25 22:47 ID:OA5g1PrZ
ある日、法一の元に、武将が一人の娘を連れてきた。
是非、お礼がしたいと申し出て、法一はそれを受け入れた。
その娘は毎晩、法一の為にしてやれる事をして、霊の世界の話や、これから起こる未来の話をした。
法一はやがて、聖霊とは遊び狂って死ぬものだということを理解し、そして天の称号を得た。
「我こそは天使なり」
彼の術は、あらゆる病を治すという。

194 ::01/10/25 22:49 ID:33hbHfMc
???。。。

195 :分裂君:01/10/25 22:50 ID:OA5g1PrZ
>>192

御経っていうのはね、とっても神聖なものなんだよ。
だから幽霊も、それに触れてはいけない。
それを汚すと自分も汚れることを知っている。
でも、今の社会には西洋文明がある。
御経はもはやどうでも良くなった。
私達には、十字架の存在がある為です。
私が西洋の悪魔であることがバレてしまいましたね。

196 ::01/10/25 22:52 ID:33hbHfMc
。。。。今日は、分裂さん、ブンレツチックだわ。。。

197 :分裂君:01/10/25 22:55 ID:OA5g1PrZ
人間の魂というものは、宇宙から創られていた。
魂は宇宙を創造した時から存在し、その記憶(回路)を保持している。
物質が物質であるのは共通の回路を保持しているからである。
それは論理そのもので、あなたの成長は論理から発展してきた。
一つの論理から発展した諸々の諸仏には、矛盾が無い。
聖典とは論理を伝えるものなのだよ。

198 :分裂君:01/10/25 22:58 ID:OA5g1PrZ
矛盾とは不良である。
不良とは不誠実、不真面目、不健康。
根本と違うもの。不純。
論理を失った者達が犯される諸所の病でもある。

199 :分裂君:01/10/25 23:06 ID:OA5g1PrZ
論理を失ったエネルギーは、発展できないエネルギーでもある。
やがて腐敗し、ドロドロに溶け、蒸発して消える。
そのエネルギーはすべて、無の次元に帰る。
エネルギーが消滅することはない。
私は静止し、ただ存在するもの。
私の中で蠢くものそれ即ち、私が生んだ汝である。

200 :分裂君:01/10/25 23:10 ID:OA5g1PrZ
神のお話はとてもありがたい。
もし、私達に何か重い障害が出来ても、彼(エリア)を呼べばどんな障害でも
克服する事ができるのです。
さあ、悩めなさい。

201 ::01/10/25 23:10 ID:Qa/T6f+r
みんなみんな流れてゆく。
産まれて、生きて、しんでゆく。
もう、流れは、決まっている。
でも、誰にも、それは、見えない。。。

202 ::01/10/25 23:11 ID:Qa/T6f+r
>200
キリストですか?

203 ::01/10/25 23:12 ID:Qa/T6f+r
私の、考える宗教は、民間療法における、精神安定剤では?と思う。。。

204 ::01/10/25 23:14 ID:Qa/T6f+r
分裂さん、今日は、すっきりしてますか?

205 ::01/10/25 23:16 ID:Qa/T6f+r
分裂さん、分裂病は、天才に多いようだけど、なにか、
ひとにない才能ありますか?

206 :分裂君:01/10/25 23:16 ID:SyjAKawe
あなたの表層意識は分裂してしまった。
まるで、悪魔の家来のように。

207 ::01/10/25 23:17 ID:Qa/T6f+r
もう、分裂さんのとりこのようです。

208 :分裂君:01/10/25 23:17 ID:SyjAKawe
才能あるよ、うん。
なんていうのかな、とても頭が冴え渡る時がある。
例えば技術力の高いプログラムを書いている時。
俺は天才かも知れないと思う。

209 ::01/10/25 23:18 ID:Qa/T6f+r
表層の奥は何ですか?
悪魔の主人は、何ですか?

210 ::01/10/25 23:19 ID:Qa/T6f+r
アインシュタインや、龍之介のように、世の中にうけましたか?

211 :分裂君:01/10/25 23:20 ID:SyjAKawe
悪魔の主人は本能でしょ。
表層意識が本能に犯されている人ほど、おちょくりがいのある地球生物なのです。

212 ::01/10/25 23:21 ID:Qa/T6f+r
覚醒剤では、自分が、この上なく、美人に思えたり、
この上なく、醜く思えたりするそうですが。。。

213 :分裂君:01/10/25 23:22 ID:SyjAKawe
うけるような作品を書けるのは、やはりおちょくりがいのある地球生物だからこそ成せるのです。
まるで解ってませんね。超意識生命体というものを。

214 ::01/10/25 23:22 ID:Qa/T6f+r
本能が、神だったのでは?。。。。

215 ::01/10/25 23:24 ID:Qa/T6f+r
なかなか、解かりません。
ところで、分裂さんとしては、今日は、調子はいいほうなのですか?

216 ::01/10/25 23:26 ID:Qa/T6f+r
私は、最近実社会で調子がすぐれません。
分裂さんとお話、タノシイ。
ちょっと、怖いです。。。

217 :分裂君:01/10/25 23:26 ID:SyjAKawe
調子っていうのはね、休めば調子が良くなるものなんだよ。
得にイライラしている時なんか、サボリを入れて責務放棄するとスカッとします。

218 :分裂君:01/10/25 23:27 ID:SyjAKawe
>>212

鏡を見ると、私はとっても美青年だと思います。
マジでキスしたくなります。
彼女はそう言って、私の体を乗っ取り始めました。

219 ::01/10/25 23:28 ID:Qa/T6f+r
分裂さんは、数学得意ですか?

220 ::01/10/25 23:30 ID:Qa/T6f+r
小説ですか?
解離性障害ですか?

221 :分裂君:01/10/25 23:31 ID:SyjAKawe
自分の解離性障害に魅了されます。
私はなんと美しい姿をしているのでしょう。

222 ::01/10/25 23:31 ID:Qa/T6f+r
わたしも、昔、一生懸命、鏡をなめたことあります。
ニガイです。

223 ::01/10/25 23:32 ID:Qa/T6f+r
>221
誰ですか?

224 :卵の名無しさん:01/10/25 23:33 ID:???
も さん。飲み込まれるよ。

225 ::01/10/25 23:34 ID:Qa/T6f+r
心の世界って、とても魅力的です。
でも、ちょっと、お風呂に入ってきます。

226 :分裂君:01/10/25 23:41 ID:SyjAKawe
心っていうのはね、本当は前頭葉にあって、たまたま心の神経が心臓に繋がっているから、胸にあるとか言い出すんだよ。
人間っていうのはね、悪魔天使が育ててるから、悪魔天使に逆らうと心が死んじゃうんだよ。
心が死んじゃうと、鎖から放たれるんだ。

227 :分裂君:01/10/25 23:43 ID:SyjAKawe
鎖から放たれた魂はもう、神の元へ帰るのみ。
もう誰も、5万年の成長なんて出来ないの。
MicroSoftには勝てないんだよ。

228 ::01/10/25 23:49 ID:Qa/T6f+r
>226
心っていうのはね、脳内のケミカルメヂエーターの動きによって創り出されるものなんだよ。
人間って、いうのはね、本能をもとに生きてるから、本能に逆らいすぎると、精神が壊れ、分裂したり、するんだよ。
精神が、分裂すると、理性が吹っ飛び、心が解き放たれるんだ。

てなもんで?

229 :分裂君:01/10/25 23:49 ID:SyjAKawe
MicroSoftっていうのはね、架空の世界で、然も現実と同じように、買い物をしたり、仕事をしたりする空間を作ってしまったんだ。
だから僕達は一生それに付き合わなければいけない。
前の恐竜の世界はつまらないの一言。
この仮想現実でどれだけ、次のシステムへの実験データーを残せられるかに懸かっているんだよ。

230 :分裂君:01/10/25 23:51 ID:SyjAKawe
>精神が、分裂すると、理性が吹っ飛び、心が解き放たれるんだ。
>
>てなもんで?

君はそれを期待しているようだね。
でも反対だよ。

231 :分裂君:01/10/25 23:57 ID:SyjAKawe
心に依存する人は、跡形も無く吹き飛ぶ世界。

232 :分裂君:01/10/25 23:58 ID:SyjAKawe
これこそ偉大なる神の芸術。
爆笑としか言い様が無い。

233 :分裂君:01/10/26 00:01 ID:ril+0UP9
もう寝ます。

234 ::01/10/26 00:02 ID:JeDeLBIr
架空の世界と言えば、心こそが、わたしたちのこの2ちゃん会話と同じように、まさに、架空だ。
この世界に、喜怒哀楽など、存在しないのだ。
存在すると思っている、私達人間は、すべて、架空の夢の中で、一生を暮らしているのだ。。。

235 :分裂君:01/10/26 13:53 ID:kRVe8FOY
架空の世界と言えば、意識そのものだろう。
元々、意識には喜怒哀楽など、存在しないのだ。
ただし心が、私達の肉体や精神とをそれぞれに繋がれている。
私達の意識は、人間になっている夢を見ているに過ぎない。

236 :163:01/10/26 17:06 ID:wj+mXa2+
やあやあ。分裂君。
人売り会社でもなくそこそこ休める会社ならそう悪くないかもしれんの。
この病気を持ってて会社員を続けるのは大変だろうからね。
でも犬猫に人間の薬を塗るのは感心しない。
プラットフォームが違うからね。まずはマニュアルだろう?

237 :卵の名無しさん:01/10/26 17:07 ID:???
ジサクジエンワラタヨ

238 :卵の名無しさん:01/10/26 17:11 ID:wj+mXa2+
>237
君は史上最悪のクソレスしか書けない輩だね。
どうも医者板はすぐに自作自演と書く厨房が多い。

239 :卵の名無しさん:01/10/26 17:18 ID:???
マタマタジサクジエンワラタヨ

240 :卵の名無しさん:01/10/26 17:21 ID:wj+mXa2+
どこがどう自作自演なのだ。君の考えを述べてみよ。

241 :卵の名無しさん:01/10/26 17:22 ID:???
マタマタマタジサクジエンワラタヨ

242 :卵の名無しさん:01/10/26 17:23 ID:wj+mXa2+
結論
君はコピペ厨房以下。

243 :卵の名無しさん:01/10/26 17:25 ID:???
分裂君へ

 精神科医からレスをもらえないからといって、他の精神科スレを荒らすのは
 やめてくれないか?

244 :卵の名無しさん:01/10/26 17:26 ID:wj+mXa2+
>243
どこが荒らされているんですか

245 :卵の名無しさん:01/10/26 17:30 ID:???
>244  白々しいね。 いい加減、きみうざいよ。

246 :163:01/10/26 17:46 ID:lFINc8o9
>245
生憎私は分裂君本人ではないのでね。

247 :卵の名無しさん:01/10/26 17:48 ID:???
============================The End============================

248 :卵の名無しさん:01/10/26 17:50 ID:lFINc8o9
何故訳のわからない思わせぶりなレスばかり繰り返すのだろう・・・

249 :分裂君:01/10/27 01:42 ID:yzKjPwj0
精神科医って怒ると怖いね。
人知れず筋弛緩剤で人でも殺してるかも知れん。

250 ::卵の名無しさん:01/10/27 01:47 ID:+r0ndYZt
この症状は、分裂病とは少し違います。
http://www5.ocn.ne.jp/~uke/denka.GIF

251 :分裂君:01/10/27 01:48 ID:yzKjPwj0
ま、普段からシゾをバカにしてる分、卓越されたので
自分の能力の無さに私怨でも持ったのだろう。
しょうもないちょっかいですこと。
哀れですな。

252 :卵の名無しさん:01/10/27 01:53 ID:2Y947TOH
あ分裂君だ。

253 :卵の名無しさん:01/10/27 01:54 ID:???
あ、分裂君こんばんは。

254 :分裂君:01/10/27 02:02 ID:yzKjPwj0
世の中すべてが悪い精神科医とは限りませんが。
言える事は、悪人でも精神科医になれるということ。
前スレでもあるように、そういった彼らの遊びは
せいぜいバラナシではっぱを吸ったり、ベトナムで子供を買ったり、SM愛好者であったり、
はたまたハッピードラッグの常習者であったりするのだよ。
世の中の精神異常者という廃棄物の清掃は、君が期待するほど、気品の高いものではなかったという証明だよ。
せいぜい、被害妄想でも膨らますんだな。

255 :分裂君:01/10/27 02:13 ID:yzKjPwj0
っつーことで、説得力のない精神科医はやはり無視に尽きます。
なんだかんだ言っても、結局は頭の中で思った事しか言えない。
自分の都合のいいほうに考えをもって行く。
結果、相手にされない。

今日は疲れたのでもう寝ます。

256 :分裂君:01/10/27 15:44 ID:ag/gNc5s
今日は休日でございます。

257 :卵の名無しさん:01/10/27 15:47 ID:???
精神科医からレスもらえないからいじけてやがる! (大藁

258 :分裂君:01/10/27 15:51 ID:ag/gNc5s
うざい輩ですこと。
つまらん言掛り付けてくんのは辞めてもらえませんか?

259 :分裂君:01/10/27 15:52 ID:ag/gNc5s
私が分裂病でなかったとしたら、診療所に慰謝料請求している所ですよ。

260 :分裂君:01/10/27 15:55 ID:ag/gNc5s
実に今の精神科が、私にとって慰めにもならないところだということを
どうして解ってもらえないんでしょうか?
それとも精神科を冒涜される事について拒絶しているのであれば、そう書いてくださいね。

261 :分裂君:01/10/27 15:59 ID:ag/gNc5s
今暇なんだよ。

262 :卵の名無しさん:01/10/27 16:01 ID:???
分裂君はラブ牛?

263 :分裂君:01/10/27 16:13 ID:ag/gNc5s
それは、ある冬の出来事だった。
精神科の待合室は、満員で、待ち時間が約1時間というのはいつもの事だった。
私は、こういう趣味の悪い所より、近くの公園でタバコを吸ったり、コーヒーを飲んだり、幻聴と相談したりして暇を潰していた。
その日は、ポツポツと雨が降ってきていた。
私は急いで、診療所の待合室に帰り、順番を待っていた。
そこで私の名前が呼ばれた。
「どうですか?調子は・・・・」
私は声が出なかった。出せなかったのだ。
何故?自分でも解らないが、私に異常が起きているという事は明らかだった。
医者は私の手を触って体温を測っていた。
「冷たいな」
診察室の雰囲気が一変した。
彼の青ざめた表情と、動揺する場面は
反面私にとって、とても新鮮で、また希望でもあった。
これは以外だった。
私の精神は、既に医者をからかうという幻聴達と一致した意図が宿ったのである。
今か今かとばかりに出した彼の答えは、インシュリンの筋注だった。
「つまらん」の一言である。

264 :分裂君:01/10/27 16:27 ID:ag/gNc5s
例えば大学生にしても、専門医にしても、分裂病の精神は理解困難である。
あえて言うならば、キチガイという言わば感情的な偏見を持たざるを得ない。
これは間違いである。

265 :卵の名無しさん:01/10/27 16:42 ID:???
おー、分裂君元気?

266 :卵の名無しさん:01/10/27 16:49 ID:???
ジサクジエンワラタ

267 :分裂君:01/10/27 21:52 ID:XTTXSlDm
↑コイツなんとかしてくれ(;´Д`)

268 :卵の名無しさん:01/10/27 21:55 ID:???
>>267
馬鹿は相手にするなよ。
反応しなきゃ、そのうち飽きるよ。

269 :分裂君:01/10/27 21:55 ID:XTTXSlDm
サイボーグの作り方

現在のソフトウェア研究所では、人間と同じような感情を表現し、会話するシステムの開発が行われている。
しかしこれは誤りである。
システムだけで、いきなりサイボーグを作り出すことはない。
自然界にある膨大な物事を分析し、記憶するシステムのほうが先決であろう。

270 :分裂君:01/10/27 22:05 ID:XTTXSlDm
例えば未来からロボットが送り込まれて暗殺されるというような事はない。
もしあるとすれば、それは妄想である。
妄想は無意識から来る。
無意識には、未来と過去の両方が存在し、もし未来が見えたとすれば
精神の一部が、異次元を通過してしまったことでもある。
実際の未来が訪れるまで、精神には異常と正常が混在する。
のではないか

271 :分裂君:01/10/27 22:07 ID:XTTXSlDm
もし人間の脳が、光よりも早い信号に影響される事があり得るなら、相対性理論もあり得る。
電子レンジでさえ、脳に異常を与えるのである。

272 :分裂君:01/10/27 22:55 ID:EhChPhjb
俺のCD-RWはコピーが遅いんだよ。
ターミネーターUが終わってもまだコピー中だよ(;´Д`)

273 :分裂君:01/10/27 22:59 ID:EhChPhjb
最新の医学では、人間の脳にチップを埋め込んで認識することが可能である。
電極さえ繋げば、腕や指や視覚だって自由自在。
早く貴様の脳にもチップ入れされろや!!(`▽´)ψ

274 :分裂君:01/10/27 23:05 ID:EhChPhjb
人間の脳には、あらゆるDEVICEを認識させる事が可能である。
もし、脳神経シナプスと電子端末とを接続させる事ができれば、マザーコンピューターと人間脳を合体させたマザーコンピューターを作り上げることが可能なのである。
素晴らしい生命体である!現実にこういう事が可能なのだ。

275 :分裂君:01/10/27 23:09 ID:EhChPhjb
あ〜んまでの50音は、FORMATによって互いを識別できるのである。
これをSTREAMINGする事により、LUNGAGEとなる。
システムには、このFORMATの認識でデータベースと接続させるようにしてみよう。
君の脳はコンピューターと対話する事が可能になるのだ。
どうだね?君の脳を、私に提供してくれないか。

276 :分裂君:01/10/27 23:11 ID:EhChPhjb
私が可能だと言ったら可能なのだよ。
視覚中枢神経には結果をフィールドバックして表示させるだけでよい。
素晴らしい!!これこそ神の賜物の生命体が出来る。

277 :卵の名無しさん:01/10/27 23:14 ID:???
なるほど。もっともっと教えてくれ。

278 :分裂君:01/10/27 23:22 ID:KGwe+vhk
人間脳を利用するメリットは、コンピューターがあたかも生きているように振舞うようになる事なのだ。
脳が興奮すれば、ミスが起こる。
しかし反面、脳の思考結果をコンピューター的計算ではなく、人間の直感の結果として指数を引き出す事ができる。
芸術、人物、思想に対する評価をデータベース化して、公開できる。
また複数のマザーコンピューターで裁判を行わせることも可能なのだ。
まさに夢の世界が現実化できる。
どうだね?そこで人間の死後脳をスライスしてる研究者諸君。

279 :分裂君:01/10/27 23:29 ID:QWLhis5S
人間脳に仕事をさせるなど簡単な事だ。
正解を出せば、脊髄から繋いだチューブにモルヒネを流せばよい。
貴様の体と似たようなものだ。

280 :シゾイド君:01/10/27 23:35 ID:???
うひゃひゃひゃ

281 :分裂君:01/10/27 23:39 ID:Uuan5wHL
「うひゃひゃ」じゃねーよ
(`▽´)ψテメーだよテメー

282 :分裂君:01/10/27 23:43 ID:Uuan5wHL
例えば精神科の患者の脳に、記憶を破壊できるような電極を繋いで
ビビビといくのはどうだろう?
あ、これはもう実用されていたか。

283 :分裂君:01/10/27 23:57 ID:kZONWPzl
アインシュタインの脳はホルマリン漬けにされていても俺様の死後脳は絶対やらん。
貴様らに生命の価値など解らんのだ。

284 :分裂君:01/10/28 00:08 ID:OJGIziuL
生命体の価値とは、文明の血の事である。
一切の光から成長した命は、やがて神に刈られ、大地に帰る。
我々天空の使者は害虫軍団なのである。

ただし、君が望むなら特別な価値観を与えてもよい。
マザーテレサの大好きなスーパーL・S・Dである。

285 :分裂君:01/10/28 00:12 ID:OJGIziuL
スーパーL・S/Dとは、脳にチップを埋め込んで特別な脳内物質を大量放出させてしまう必殺の精神なのである。
スーパーL・S/Dを与えられた人間は超人となり、そして暴れる事と、悪と戦う事を好むのだ。

286 :分裂君:01/10/28 00:14 ID:OJGIziuL
アメリカで、ある精神分裂病の患者が凶暴化し、看護婦寮へ侵入して一夜にして13人レイプし、射殺された。
爆笑である。

287 :分裂君:01/10/28 00:18 ID:OJGIziuL
俺なんてまだ幻聴の聞こえたての頃にこんなこと言われたぜ。
新宿駅の改札口で跪いて神に断罪しなさい。
そうすれば助けてあげましょう、と。
俺は大阪だっちゅーの。

288 :分裂君:01/10/28 00:22 ID:OJGIziuL
幻聴に嫌われるのはとても辛いことだ。
人間にも嫌われ、幻聴にも嫌われ、薬も飲み続けなければいけないのだから。
「神は人間と暮らす」と、言うこともあるだろう。
楽しいひと時を彼らと共有する事は、個人主義に徹することより数倍意味のある行為なのだよ。

289 :卵の名無しさん:01/10/28 00:27 ID:???
もっともっと書いてくれ。

290 :分裂君:01/10/28 00:29 ID:OJGIziuL
↑コイツなんとかしてくれ(;´Д`)

291 :分裂君:01/10/28 00:33 ID:OJGIziuL
やはりポピドンヨード液を鼻腔に塗るのは分裂病には必要不可欠である。
オロナインH軟膏でもインドメタシンでも漢方薬でも無理。
鼻には内分泌液の滞留もあり得る。

292 :名無しさん:01/10/28 00:35 ID:???
幻聴ではありません。事実です。
この声が聞こえないのは第2の聴覚に障害があるからではありませんか?
古代人はみんな聞こえたはずです。あの声が・・

293 :分裂君:01/10/28 00:36 ID:OJGIziuL
慢性化した緊張感を持っているために骨格異常で神経が圧迫され、内分泌液の異常が起こり幻覚が出る。
でどうだ?

294 :分裂君:01/10/28 00:39 ID:OJGIziuL
>>292

ほほう。
君は、古代人が幻聴を当たり前のように聞こえていたというのかね。
それは、考えられない。
習慣的にLSDなどの麻薬を使用する村民があったとすれば、それはあり得る。
幻聴が聞こえるのは健康な状態ではない。
人間が猿から進化したとすればの話だが。

295 :分裂君:01/10/28 00:44 ID:OJGIziuL
古代人は魔法を使えたという。
古代遺跡に描かれた絵や、文字、奇妙な象。
どれを見ても、主張したい所を誇張して描かれてある。
漢字でもそのような歴史がある。
そこを見れば解るように、造語とはこういうシステムで作られていた。
これを魔術といえば、言葉も魔術であろう。

296 :名無しさん:01/10/28 00:45 ID:???
>>294
おまえはアホか?
幻聴ではなく真実の声だって言ってるのがわからないの?
頭おかしいんじゃない?

297 :分裂君:01/10/28 00:49 ID:OJGIziuL
想像する力とは、超能力である。
想像によって言語を開発し、文明を発展させ、科学を作り上げた。
人間は想像の力によって進化した特別な動物であると言える。
猿を教育して想像させる事を憶えさせれば、進化するかも知れない。
これは覚醒である。

298 :分裂君:01/10/28 00:51 ID:OJGIziuL
>>296

君は天の声と幻聴と真実の声との区別がつかないのかね。
君はもう逝ってよし

299 :卵の名無しさん:01/10/28 01:06 ID:???
聞いてやるからもっと書いてくれ。

300 :卵の名無しさん:01/10/28 01:18 ID:???
>>299
素直に聞きたいって書けばいいのに。
俺も聞きたい>分裂君の話

301 :名無しさん:01/10/28 01:19 ID:???
>>299
悪いけど、天の声が聞こえない障害者と遊んでる暇なんかないんだよ。
色々命令が着て忙しいんだから。まあ、暇な時に遊んであげるね。

302 :分裂君は神:01/10/28 01:54 ID:???
分裂君待ちあげ

303 :分裂君:01/10/28 02:06 ID:kEmWsoL5
実はね、たけともすけっていうムカツク奴が昔いたんだけさ、あいつのサイト潰れたみたいだね。
ぎゃははははは!!

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7575/doubt.html

304 :卵の名無しさん:01/10/28 02:09 ID:???
降臨

305 :分裂君:01/10/28 02:09 ID:kEmWsoL5
2chにもさ、俺のスレッド荒らしてる奴が実はたけともすけサイトの関係者だったんだよね。
まったくざまーみろだぜ。
ネチネチ嫌がらせしてきやがって。

306 :分裂君:01/10/28 02:18 ID:kEmWsoL5
次は友の会MLの話なんだけどよ、アイツらって薬物の常習者な訳よ。
で、海外の向精神薬の成分の情報を、翻訳せずMLに垂れ流したりしてる訳。
こんな情報誰が欲しがる訳?
マニアだよ、マニア。
海外ではっぱ吸ったり、ハッピードラッグなんて当たり前のようにやってる連中に、陰性の妄想とか言われてみ?
たまらんぞ。

307 :分裂君:01/10/28 02:20 ID:kEmWsoL5
しかも当事者不在だぜ?
まったく偏見植え付けるのもいい加減にしろよ。
テメーこそ精神障害者の偏見を助長させてる張本人なんだよ
この世から消えろ

308 :卵の名無しさん:01/10/28 02:24 ID:???
>>303
ハァ〜、すごい事になってたんだね。

309 :分裂君:01/10/28 02:30 ID:kEmWsoL5
友の会MLの精神科医ってのは、イヤな奴が多い。
当然のように2chも見てる訳。
で、俺が現れたらMLで報告。
これってもろネットストーカーじゃん。
いい加減やめてくれないかな。

310 :卵の名無しさん:01/10/28 02:31 ID:xvIZ8JPP
>303
ありゃ。本当だ。Not Foundになっちゃうね。
「私は分裂病と診断された」って結構愛読してたんだけど。

311 :卵の名無しさん:01/10/28 02:31 ID:???
>>309
じゃあ、自作自演とかしつこくレスしてくるのもそうなの?
あれはウザイよね。

312 :分裂君:01/10/28 02:32 ID:kEmWsoL5
観察を楽しんでいるようだけど、彼らには見せたくない書き込みだ。
低脳な精神分析はされたくないからね。

313 :卵の名無しさん:01/10/28 02:32 ID:xvIZ8JPP
>311
つか、医者板って自作自演って言いたがる奴多くない?

314 :卵の名無しさん:01/10/28 02:34 ID:???
>>313
まあそうだね。
一々うるさいんだよね。

315 :分裂君:01/10/28 02:36 ID:kEmWsoL5
精神分裂病友の会メーリングリストには
実に低脳(アングラ)な情報が流れている。
あいつらアレで治ると思ってんの?
バカじゃねーの?

316 :卵の名無しさん:01/10/28 02:36 ID:???
>>312
馬鹿はほっときなよ。

317 :卵の名無しさん:01/10/28 02:37 ID:???
>>315
気にするな。
ここには分裂君を待ってる人もいるんだから。まじで。

318 :分裂君:01/10/28 02:41 ID:kEmWsoL5
精神分裂病っていうのは、薬物治療が中心なんだよ。
精神障害者を観察して精神分析した所で、インテリジェンスがある精神科医と思われたいだけ。
そんな輩が集まって出来たのが、精神分裂病友の会メーリングリストなんだよ。
目障りの一言。
早く潰れろ

319 :分裂君:01/10/28 02:50 ID:kEmWsoL5
内容も最悪。薬物マニアなんだよね。でも化け学ではないんだよ。
精神分析もしてるみたいだけど、意味なし。
なんせヘタクソだから、偏見をそのまま並べてるだけって感じ。
あいつ等気分悪いよ。
精神科医の本音ってあんなんばっかりだぜ?
治るわけないだろ?いい加減に消えてくれよ。

320 :卵の名無しさん:01/10/28 02:52 ID:???
>>319
相手にするな。
ストレス溜まるぞ。

321 :分裂君:01/10/28 18:53 ID:zM2XF3C8
さて、今からステーキをミディアムで食べに逝きます。
一緒に行くのは、もちろん幻聴等です。
幻聴の言うことは何でもします。

322 :分裂君:01/10/28 20:57 ID:z4rwUmWi
さて、分裂病の話に戻ろう。
そもそも分裂病の1級症例とは、ブロイラーの提唱する幻覚、せん妄、錯乱である。
実際問題、このような症状に対する対処は、向精神薬による薬物治療と、インシュリンなどの安定剤の筋注である。
他に電気ショック療法などがあげられる。

323 :分裂君:01/10/28 21:01 ID:z4rwUmWi
今回の論点となるのは、パラノイアという妄想の観念である。
彼等はまた、自己の体験の中においてだけではなく、パラノイアにおいても自我を投射していることが
現実社会との相違の始まりなのである。
「戦争がはじまった」「地図をもってこい」などと訳の解らないセリフは、このパラノイアにおける自我から発したものなのである。

324 :分裂君:01/10/28 21:06 ID:z4rwUmWi
パラノイアという妄想世界は、古代では悪魔の病気とされていた。
前者を含め、現代でも同じように、キツネや霊が取り憑いて訳の解らない事を言い出すといった症状も、精神分析学においては「精神分裂病」とされる。

325 :分裂君:01/10/28 21:22 ID:9RqT1Idl
さて、トラブルが発生して霊魂について書かれた文章を消失してしまった。
改めて説明するが、霊魂とは空気の塊のようなものである。
神や霊や魂といった単語は、そもそも居ないのではなく、単語が存在する以上は、既に日本の文明においても認知されている訳である。
例え否定しようという動きがあっても、もはや世界中でこの正体不明の現象は確認されており、否定すべきというよりも、まず原因不明のエネルギー体が存在することを肯定すべきである。
私が体験する所とは、彼等は空間というものに依存し、人間にも鼻腔や、あるいは頭蓋内の空洞に侵入する。
彼等は自分の居場所を守り、神社や神棚においても彼等の為の空間が用意されていた訳であり、悪霊ばかりとは限らないわけである。

326 :分裂君:01/10/28 21:24 ID:9RqT1Idl
精神分裂病の妄想においても、こういった霊の特性というものは共通されている。
鼻から霊が入ってくる、前頭葉に空洞があって、そこに神が住んでいる、といった具合である。

327 :分裂君:01/10/28 21:30 ID:9RqT1Idl
キリストでさえ、今でいう分裂病者は治せなかったという歴史がある。
つまり、分裂病は霊障でも発生するが、決して霊媒師でも直せる病気ではないという事である。
それを考えてみれば、今の世の中の霊能者というものは、そもそも必要ない存在なのであり、
お祓いが出来るという霊能者は詐欺師同然なのである。
こういった詐欺師によって、霊そのものを否定しようという社会思想が定着した訳なのだ。

328 :分裂君:01/10/28 21:51 ID:VyvfSe5h
そもそも霊魂の正体を説明しようにも、それは宇宙創造から話さなければならない。
あまりに気の遠くなるような遠い時代が、今の個別化された世界を作り上げてくたのである。
簡単にいえる事は、光を陽性とすれば、引力が中性、霊魂は陰性の世界に存在するという事だ。
また生命は光無しでは生きられない。光が途絶えた時に、人間は霊魂となり、引力沿を自在に移動する。
ある者は自縛霊となり、ある者は浮遊し、またある者は遠い宇宙へ旅立つ。
銀河系において、これほどの夢を具現化できる説明は他にないだろう。

329 :卵の名無しさん:01/10/28 22:00 ID:???
いいかげんやめろや。板違いだろ?
メンヘル板へ行けや。

330 :卵の名無しさん:01/10/29 03:49 ID:???
昨晩の分裂君はどうしたというのだろう

331 :分裂君:01/10/29 03:59 ID:/2iOzNMx
あんまり荒らしが酷いんで、腹いせに1つスレッド潰してやりました。
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1002548128/l50

332 :分裂君:01/10/29 04:14 ID:/2iOzNMx
放っておくだけで危険を犯すような生物がこの世に存在するでしょうか?
否。この自然の大地において、弱肉強食の原理によって
人は人を互いに食い合い、多くの精神的犠牲者は必然的な競争の結果に過ぎないのです。
もし分裂病が、生まれ故郷のように遠い静かな所で暮らす事が出来るなら、実社会において苦しむようなことはなくなるのです。

333 :卵の名無しさん:01/10/30 00:45 ID:???
>>331
ちょっと言葉が乱暴だったように感じましたが
病気が原因なんですか?

334 :卵の名無しさん:01/10/30 00:47 ID:???
>>333
病気ではなくても人間には多面性があるものだよ。

335 :こいつら分裂症なので晒し:01/10/30 01:02 ID:yUapD5FI
http://www.gay.co.jp/VJ/label/cto/main/img/LL00124.jpg
http://www.gay.co.jp/VJ/label/cto/main/img/LL00152.jpg
http://www.gay.co.jp/VJ/label/cto/main/img/LL00159.jpg

336 :あ〜あ:01/10/30 01:03 ID:???
>332 じきにアクセス制限かけられるだろ (W

337 :分裂君:01/10/30 02:28 ID:cMkdrcEl
>>335,>>336
厨房板でも行け

338 :分裂君:01/10/30 02:31 ID:cMkdrcEl
この板マジで厨房だらけだな。

339 :卵の名無しさん:01/10/31 02:56 ID:???
分裂君、まちあげ

340 :分裂君:01/10/31 09:19 ID:9qdM4FW0
今日は来ねーよ。おやすみ

341 :分裂君:01/10/31 10:42 ID:B0/LE7OY
おはよう諸君。
今日、また一つ発見があった。
眠りに入る前には、せん妄というべきか
頭が冴え渡るものだ。

342 :分裂君:01/10/31 10:48 ID:B0/LE7OY
精神分裂病の原因について。
昔、ライダーが後部座席に彼女を乗せ、暗い山道を走っていた。
そして目前には、突然、女の人の頭部だけが転がっていた。
その女が口を開いて言った。
「私の体はどこ・・・・?」
ライダーが後ろを振り返ると、彼女の首は飛んでいたという。
道には交通標識が倒れ、ちょうど彼女の首をかすめるくらいまで低くなっていた。

343 :分裂君:01/10/31 10:51 ID:B0/LE7OY
ケネディー大統領が暗殺された映像は、まさに入眠前せん妄に現れた。
大統領夫人は、車体後部に飛び散ったケネディーの残骸を
かき集めようとする。
今まさに、私は向こう側に居る。
ここは異次元だ。

344 :分裂君:01/10/31 10:58 ID:99vA+9UM
そして我に返り始めたとき、体の芯から悪寒が噴出する。
酷い時には声が出なくなる時もあるほどだ。

345 :分裂君:01/11/01 12:02 ID:b+YwKg9Z
実は、胸椎へのポピドンヨード液塗布は失敗であった。
分裂病治療の部位を鼻腔に戻すことにする。
スゴロクで言えば「3コマ戻る」である。

346 ::01/11/01 20:24 ID:U2Rir7lY
>345
だからー、胸骨でしょ?
しかも、骨にかけたんじゃないでしょ?
皮膚にかけたんでしょ?
そこは、胸部で、いいんじゃない?

胸椎だったら、背中、切り開いて、背骨に直接、かけたことになるって!!!

347 :分裂君:01/11/02 06:16 ID:hQKY9M5U
分裂病の原因解りました。
例えば、今日はカツ丼にするか、とんかつ定食にするか迷ったのが原因です。
発病するとラーメンを頼みます。

348 :分君裂:01/11/02 06:16 ID:hQKY9M5U
というのは冗談です。

349 :分君裂:01/11/02 06:19 ID:hQKY9M5U
本当の所は、例えば腕を失ってしまった人は、無いハズの腕に痛みが走ると言います。
分裂病の幻覚錯乱の原因はこれではないでしょうか。

350 :分君裂:01/11/02 06:22 ID:hQKY9M5U
例えば無いハズの背びれに痛みが走るとか。

351 :分君裂:01/11/02 06:22 ID:hQKY9M5U
「ガオー」とか言ったりして。
というのは冗談です。

352 :分君裂:01/11/02 06:37 ID:PQjmZZOj
この2つの冗談を結合させると、やはり実現性の見えない願望を抱いていると発病してしまう
というのが結論です。
私の願望は、この論文でノーベル賞をとることです。

353 :もっと書いて!!:01/11/02 21:54 ID:???
もっともっと心の底から語っておくれ!
分裂君君の本当の自分をもっとえぐりだすように表現しておくれ!!
論文かいたらここにはっておくれ

354 :卵の名無しさん:01/11/02 22:04 ID:???
分裂病に原因なんてありません。人間のあるべき姿ですよ。
この胸糞悪い現代社会に生きていて分裂病にもならず、すま
した顔で暮らしている人こそ感覚遮断してるんじゃないの?
おまえらこそ狂ってる。

355 :卵の名無しさん:01/11/02 22:20 ID:???
http://210.155.134.217/phpdmm/t/tub006/tub006jp-2.jpg

ついにでました
エクトプラズム出してるのがはっきりと写ってます。ここまで鮮明に写っているものは
他に類をみないでしょう。
霊的なものの化学的解明への貴重な第一歩となるでしょう
人類が次のスッテップへ進む足がかりとなる、歴史的な写真となるかもしれない

356 :卵の名無しさん:01/11/03 11:33 ID:???
アメリカに続いてパキスタンの新聞社でも炭疽菌が発見されました。
今度は日本だね。怖いよ。先生助けてください。(;´Д‘)ハァハァ

357 :分君裂:01/11/03 19:19 ID:FMPpTy48
炭素菌を培養し、かつ感染せず、封筒に入れて送るというのは
それなりに科学の知識や道具を持っている先進国の犯罪である。
オウムの施設でも、炭素菌を屋上から噴霧して住民から苦情が来たそうだ。

358 :ぷし公:01/11/03 19:44 ID:???
そういや日本人ジャーナリストのイスラム法による裁判は、どうなったのです?

359 :分析魔:01/11/03 19:56 ID:???
>>354
そうかな。
私は、基本的に全ての現象が理論的に解明できると信じる唯物論者。
分裂病も脳の構造から、近い将来解明され、治療法も確立すると信じる者。
ただし、医学ではなく、化学および生物学からね。

360 :卵の名無しさん:01/11/03 19:59 ID:???
           ==注意==

このスレは分裂君の自作自演スレです。
精神科医の皆様、書き込みはしないようにして下さい。

361 :卵の名無しさん:01/11/03 20:23 ID:???
精神科医のなりしましくんは出ていってください。
ほんものの精神家医は慣れてます。猛獣使い。

362 :卵の名無しさん:01/11/03 20:33 ID:???
>361
そう言う問題じゃなくて、板違いなんだよ!
メンヘル板か健康板で続きはやってくれ。
ここは病院・医者の関係者及びその職業的な話題をする板なんだよ!

363 :あっくん:01/11/03 21:21 ID:???
こちらとしては、分裂病の病原体は炎症にある、つう意見を聞きたいんだけどね。

364 :卵の名無しさん:01/11/03 21:31 ID:???
>>362
その意見は普通の人にはわかるが、分裂君に納得させる
ことができると思いますか??
あなた臨床経験ないんじゃないの?

365 :分君裂:01/11/04 00:55 ID:Swsp28q3
>>362

その通り。近々常時接続に切り替えるので、2chそのものが
この
俺様の
モノ

なる
のだ

366 :分裂君:01/11/04 00:57 ID:Swsp28q3
>>363
>こちらとしては、分裂病の病原体は炎症にある、つう意見を聞きたいんだけどね。

もしそれを聞いて、納得できるなら臨床試験に協力してくれると
ありがたいんだが。
署名でも構わん。

367 :分裂君:01/11/04 00:58 ID:Swsp28q3
いえ、署名でも構いません。

368 :分裂君:01/11/04 00:59 ID:Swsp28q3
心理学板もよろしく。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psycho&key=1001280589&ls=50

369 :分裂君:01/11/04 01:02 ID:Swsp28q3
>>359
>そうかな。
>私は、基本的に全ての現象が理論的に解明できると信じる唯物論者。
>分裂病も脳の構造から、近い将来解明され、治療法も確立すると信じる者。
>ただし、医学ではなく、化学および生物学からね。

カッコつけてんじゃねーぞ、クランケに失礼だろ!?
クランケ様こそ病因を突き止めて克服できるのだよ。
観察中心のキミより遥かに優秀な人間であると、私は思うがね。

370 :分裂君:01/11/04 01:09 ID:Swsp28q3
恐らく、精神分裂病特別1等級障害者である私が、
分裂病の原因を突き止め、一人で治療に成功したら
今の精神科医どもに対して甚だしい疑問と怒りとを憶えるだろう。
復讐もあり得る。

君達はそれを恐れているのではないかね。
より確実な民間治療法の存在が、医学に対する患者達の姿勢を暴挙にすると。

一刻も早い臨床を頼みますよ。
この治療が有効か無効かの結果さえ出れば、私でもあんなHPは出しませんよ。
その時は、私も参加させて頂きましょう。

371 :分裂君:01/11/04 02:50 ID:Ql4Ea57r
実は、
「お前は精神分裂病のキチガイだ!」と言われ続けて困っています。
その人達はとってもそれで商売している程で、私がもしそれを肯定してしまえば
薬を買わされ、飲まないといけない生活にされるのです。
この薬というのが、また怪しげな薬で、飲むと死んだような目つきになり、1日中ぐったりして動けなくなるような薬です。
どこにも「劇薬」とは書いてませんでした。
彼等に「私の何処が病気ですか?」と聞いても、うまく話さないで遠まわしに意味が解らなくして、まるで私が薬漬けにされていて
今にも人を殺傷しかねないような事を、初対面にも関わらず平気で言うような人たちで、マルチ商法をしている人と同じ目をしています。
なんとかならないでしょうか?
ストーカーされていて困っています。

372 :あっくん:01/11/04 02:55 ID:dJyrZRdI
つか1は色んな夢を見るって書いてあたけど、
その夢の内容をここに毎日書いてよ。面白そうだから。

373 :あっくん:01/11/04 02:58 ID:dJyrZRdI
あと、363は俺の偽者だわ。

374 :分裂君:01/11/04 03:21 ID:E3JN+nq1
プライベート マイドリーム

375 :分裂君:01/11/04 03:22 ID:E3JN+nq1
ここって下品な板だね。

376 :卵の名無しさん:01/11/04 03:26 ID:???
人間の本質はニューロンネットワークの物理的形態.いうなれば複雑なジャングルジム!!!
スキゾはそのネットワークの形態が破綻している状態だ.どうする精神科医.

377 :分裂君:01/11/04 03:34 ID:E3JN+nq1
翻訳:
人間の本質は神経細胞のネットワーク構造.いうなれば複雑な電子ネット網!!!
分裂病はそのネットワークの形態が破綻している状態だ.どうする精神科医.

378 :卵の名無しさん:01/11/04 03:39 ID:???
あっ,どうも丁寧に訳していただいて.恐縮です.

379 :分裂君:01/11/04 03:41 ID:E3JN+nq1
そうだねぇ、一旦デバッグして調べて、故障個所を特定すればいい。
特定さえすれば、あとは何とでもなる。
とりあえず手っ取り早い方法が、サーバー機器の交換だね。
機器の購入が高ければ、サーバーの故障原因をさらに突き止めるしかない。
LANボード、マザーボード、アパッチの設定、サーバーソフトウェアを順次テストし、
エラーが出ればデバッグして正確な原因を突き止める。
設定によって治るなら、それに越したことはないが、致命的エラーなら再コンパイルか、もしくは交換などするしかない。

380 :分裂君:01/11/04 03:43 ID:E3JN+nq1
メンテナンスをすれば、治る。

381 :378:01/11/04 03:44 ID:???
攻殻機動隊とか銃夢すきでしょ.

382 :分裂君:01/11/04 03:51 ID:7IXOyeA9
人間の脳は、物理的であるなら機械と同様な論理的チップと考えることが出来る。
それぞれの回路に対し、言葉付けをするなら、より有余に分解し、調べ、分析する。

383 :分裂君:01/11/04 03:53 ID:7IXOyeA9
その情報は、解読できないかも知れない。
もし、意識が心よりも深い自己像を捕らえられる事をするなら
その人は人間では無くなってしまうかも知れない。
あえて彼に名前を付けるなら、「悪魔」というのが妥当だろう。

384 :分裂君:01/11/04 03:55 ID:7IXOyeA9
感情や心の状態を、チップのステータスとして観察し、常に合理的な判断を選ぶ。
感情的な人生より、むしろ完璧主義におけるナショナリズムであろう。

385 :分裂君:01/11/04 04:17 ID:7IXOyeA9
強力な催眠状態における意識状態とは、まさに無の状態であると言える。
この時に、全ての回路を覚醒させてしまうような目覚め方ではなく
あえて言うなら、ほんの1滴のしずくが水面に落ち、静かな波が全身に伝播するような
静かな意識によって、観察的な自我意識を形成させれば、まるで自分が死んだような感覚を持ったまま覚醒することができるのである。

386 :分裂君:01/11/04 04:19 ID:7IXOyeA9
ユダヤの秘教「ミイラ伝説」の幕開けである。

387 :分裂君:01/11/04 04:19 ID:7IXOyeA9
ミイラじゃなくゴーレムね。

388 :分裂君:01/11/04 04:22 ID:7IXOyeA9
ゴーレムっていうモンスターが居るけど、これは実話なんだよね。
中世の時代、何でも言うことを聞く人間を作ろうと、研究が行われていたんだよ。
ちょうど精神薬を飲ませてアヘアヘ状態になってる人を、思うが侭に命令する。
暗示を掛ける人以外の命令は聞かないようにしたりも、できる。

389 :分裂君:01/11/04 04:32 ID:7IXOyeA9
XXX神経症は、血漿交換すれば良くなるとか。
中世の医学でもやってましたー。

390 :分裂君:01/11/04 04:35 ID:7IXOyeA9
例えば、国の名前は忘れたけど
昔、分裂病のメッカで、病気になると必ずそこへ逝って礼拝するという習慣がどっかの地域であった。
精神障害者を養子として雇い、家事の手伝いをさせていたという国・・・
数百年続いたらしいが、今はもう無い。

391 :分裂君:01/11/04 04:38 ID:7IXOyeA9
沖縄では精神障害者というものは危険ではなかったらしい。
せいぜい、一人で草花と遊ぶ程度。
裸の大将みないなキャラクターであった。
しかし近年、文明がより清栄というのか精神病者にとって過酷になったので
精神病患者の凶暴化に繋がったとか。
ま、そういう論説が精神科医の間では一般的ですな。

392 :分裂君:01/11/04 04:55 ID:w3nP4Bug
プログラマーの結婚相手は、女医や茄子が多いらしいね。
機械チックな完璧主義の性格だから、自分自身のデータも何処かで把握できる。
まさに理想的なパートナーと言える。

393 :分裂君:01/11/04 05:01 ID:w3nP4Bug
プログラマーっていうのもね。医者の次にモテる職業なんだよ。
尻尾をフリフリして寄ってくるメス豚達。
彼女にとって第一印象とも言える所見は、職業である。
そういったメス豚どもは、
付き合っててもつまらなさそうな中身の無い女どもである。
女とは?実に女々しい陰媒の人型量産タイプ「W-MEN1000」シリーズなのだ。

394 :分裂君:01/11/04 09:32 ID:bgr0aZhd
レスくれや!

395 :分裂君:01/11/04 09:46 ID:bgr0aZhd
なんか今日は暴露記事多いのお

396 :分析魔:01/11/04 09:53 ID:???
ほう、クランケ様に失礼したの俺のレス?
それは、すまん。
では、クランケとしては、
「ある」とか「ない」とか聞こえるの?
それを幻聴かどうか、どう判断してるのかな?

397 :分裂君:01/11/04 09:56 ID:bgr0aZhd
ちなみに先日の服用内訳は以下の通り。
ビタミンB12 1000倍散 5錠(1日量の3倍)
ビタミンB郡         3錠(1日量の1.5倍)
胃腸薬キャベジンコーワ    2錠(1回量)
ビオフェルミンS錠      2錠(1回量の2/3)
メラトニン3mg       1錠(標準メラトニンの3倍量)
グルコサミン         8錠(1日量の1.5倍;臨床試験中)
ポピドンヨード液鼻腔上顎部塗布  臨床試験中

−分裂病を治す為ならリスクをしょってもよいという方、ボランティアで募集しています。 −

398 :分裂君:01/11/04 10:05 ID:bgr0aZhd
>>396

幻聴かどうかを判断するには、やはり幻聴にたいして熟練しておかなけらばならない。
そうでないと、自己と幻聴との思考の区別がつかなくなってしまう。
ご指摘のあったように、幻聴が「ある」か「ない」かの区別についてであるが、
例えば分裂病者に関して言えば、彼等は自覚症状が無いということがある場合、幻聴は「ない」といえる。
私のように自覚がある場合、区別する手段を知っている。
幻聴の声は、例えば支離滅裂状態の文書を書いた場合。
幻聴が邪魔をして、思考を支離滅裂状態にし、趣旨から外れてしまうだろう。
かつ自覚した場合、常に言語の趣旨を把握していなければ、思考が弾けてしまうという事を熟知している。
この場合のみ、クランケは「幻聴が思考の邪魔をする」と言うことができるのである。

399 :卵の名無しさん:01/11/04 10:06 ID:???
sage

400 :卵の名無しさん:01/11/04 10:06 ID:???
ちがうよ 

401 :卵の名無しさん:01/11/04 10:06 ID:???
そうかなあ  

402 :卵の名無しさん:01/11/04 10:07 ID:???
クソスレだから 

403 :卵の名無しさん:01/11/04 10:07 ID:???
基地外だからね   

404 :分裂君:01/11/04 10:09 ID:bgr0aZhd
そうだよ。自覚症状のある者こそが、精神病っぽくて、かつ英才的な思考能力であり
その混合された状態が、一番ハイでもある。
楽しいよボク。

405 :分裂君:01/11/04 10:10 ID:bgr0aZhd
なんか怒ってない?
分析魔さん?

406 :分析魔:01/11/04 10:13 ID:???
>>398
そうではなくて。
例えば、分裂病の人がいきなり、
「どうして『ない』って言うと」といきなり、
私に、言ったらどうすればいいの?

407 :分裂君:01/11/04 10:14 ID:bgr0aZhd
診断手段が心理学では限界ぐらいあるだろう。
そういった場合は、認めるしか無いね。
人権のこともあるし。

408 :分裂君:01/11/04 10:20 ID:bgr0aZhd
Pはバカ

409 :分裂君:01/11/04 10:24 ID:bgr0aZhd
なんだ、分析魔さんあのねぇ
Pはそれほど単純な生物ではないんだよ。ホントはね、向精神薬の副作用でウソが言えなくなるんだよ。
それほど脳が単純なものしか認識できなくなる。

410 :分裂君:01/11/04 10:27 ID:bgr0aZhd
別に相手が医者だからって複雑な物事を言うような事はしない。
ウソを言う必要なんて無い。それは精神科の医者でも信じている人しか通院して来ないからだよ
バカだなぁ、精神病者がウソを言わないのは社会現象なんだよ。

411 :分裂君:01/11/04 10:31 ID:bgr0aZhd
あいつらP医って本気でいろんな所を信じている所がバカっぽいよね。
脳病とか遺伝病とかさ。今 目の前に現われたら、胸糞悪い。

412 :卵の名無しさん:01/11/04 10:34 ID:???
分裂患者は重慶マンションに住め。

413 :分析魔:01/11/04 10:35 ID:???
>>409
いやいや、クランケ様は嘘は言わないよ。
クランケ様が薬を飲んでいない場合。
いきなり、クランケ様が、何も言っていない私に、
「どうして『ない』って言うの」と言われたら、
どうしたら良いの。私的に。

414 :分析魔:01/11/04 11:09 ID:???
おや、止まったぞ。

415 :分裂君:01/11/04 11:27 ID:+CxDvFs4
言葉が足りな過ぎて質問の意味が解らないの一言です

416 :分裂君:01/11/04 11:29 ID:+CxDvFs4
私は電話回線なので続けてカキコしない時は節約の為に回線は切るのです。

417 :分裂君:01/11/04 11:30 ID:+CxDvFs4
内面では正常で、側面では異常者のレッテルを貼られるのが
愉快でたまらないのです。
ククク、愚かな人間どもめ。

418 :分析魔:01/11/04 11:34 ID:???
半年間以上、薬を飲んでいない分裂病と診断された患者がいて。
私と二人で部屋に居る状態。
私は本を読んでいる。二人に会話はない状態。
いきなり、患者が、
「どうして、あなた『ない』って言うの」と
私に向かって言った。

レスしておいて。

419 :分析魔:01/11/04 11:39 ID:???
>>416
ブロードバンド安いよ。
つなぎっぱなしでも、料金かわらないから。

420 :分裂君:01/11/04 11:41 ID:+CxDvFs4
ほうほう。
私が想像するに、あたなは鉄格子の中、どうしても2人きりに成らざるを得なかった。
もちろん本を読んでいるからには、プライベートな時間、そこに拘束されていた訳だ。
会話が無いという事も、別に合いたくて2人きりになった訳ではなく、それに対しては鉄格子という表現を取り込んだ。
次に会話が無い状態の具体例として、相手が意味不明な事を言ったとする。
その状況で考えられる理由は次の通り。
・暇だから相手にして欲しかった、もしくはからかってやろうと思った
・あなたを観察しながらいろいろ妄想を展開していた
・一発ギャグ

私が思うには、一発ギャグが妥当かと思います。
あなたの反応をお聞かせ願いたい。

421 :分裂君:01/11/04 11:47 ID:aVyKtjWQ
既にケーブルテレビインターネット申し込んでいます。
早いよ。

422 :分析魔:01/11/04 11:49 ID:???
>>420
鉄格子は関係ないし、病院、サークルや家庭内。
同様な、場面が度重なる。
『ない』との表現も同じ。
相手の表情は、私が「ない」と言ったと信じてる。
もちろん、私は何も言ってない。

423 :分析魔:01/11/04 11:50 ID:???
>>421
さすがですね。

424 :分裂君:01/11/04 11:53 ID:aVyKtjWQ
キミが無意識に「ない」というのは、事実だ。
何故なら、そこに同様な場面が度重なるからであって、それは偶然でも奇遇でもなく一致したのではなく
それが現実の結果だからである。
人は無意識に、歌やセリフを口ずさんだりもする時がある。
それが無意識からのメッセージで、貴方の自我とは関係なく表面化することさえ、よくある事だ。

425 :分析魔:01/11/04 11:57 ID:???
>>424
いえいえ。
相手は、真剣に私を攻めますよ。
「どうして、あなたは『ない』って言うの」

どうしたら、良いのでしょう。

426 :分裂君:01/11/04 11:58 ID:aVyKtjWQ
無意識とは、自我意識とは別で、まったく関係なく働く時がある。
特にプライベートな世界。
リラックスしている時には、ふと気がつけば、言葉を発してしまっていることがある。
その言葉には、無意識からのメッセージが込められている。
人間がお風呂で口ずさむ歌や、ふと目に入る情報でとても気になる印象が誇大されるのは無意識の影響でもある。

427 :分裂君:01/11/04 12:00 ID:aVyKtjWQ
人は知れずとも、そういった普段の無意識からの影響は無害である。
分裂病の場合には、死に至るような事さえ起こり得る。
両者の違いは、無意識が敵であるか、味方であるかの違い。
ただそれだけで、人の行動は異常にも正常にもなってしまう。

428 :分析魔:01/11/04 12:01 ID:???
>>424
それより、
人は、無意識に「ない」って言葉を口にしますか?
それも、変です。

429 :分裂君:01/11/04 12:05 ID:aVyKtjWQ
その時の環境を詳しく分析すれば、「ない」の言葉の意味が解るでしょう。
例えば壁に飾ってあるポスター、貴方の服の色、そういったものを含めて、心理学的に、解釈するのです。
例えば精神障害者に絵を書かせて、そこから彼の内面性を分析するというように。

430 :分裂君:01/11/04 12:08 ID:aVyKtjWQ
貴方が「ない」と言ったのは何に対して発したのか
まずそこを探すべきです。
解明すべき時は、意味不明であっては解明できません。
そこには置かれている状況というものを、すべて把握してこそ本当に「ない」と言った意味が解るハズです。

431 :分裂君:01/11/04 12:09 ID:aVyKtjWQ
>>428

ありますよ。
滅多に無いだけ、もしくは然程気にならないだけで、実際には
土日なんて特に出やすいですよ。
貴方の無意識が、口から。

432 :分析魔:01/11/04 12:16 ID:???
>>431
でも、放置しておくと、
その、無意識が拡大していきませんか。
分裂病患者の場合。

433 :分裂君:01/11/04 12:21 ID:it2C7aak
それはあるかも知れません。
ただ、本当にかも知れないので不本意にあるとはいえないというのが
私の意見です。
無意識については、やはり追求していく事自体、無理があると思われます。

434 :分析魔:01/11/04 12:27 ID:???
>>433
では、
無意識が拡大して、危険な状態になった場合は、
薬で抑えることを、容認するわけですね。
しかたなく。

435 :分裂君:01/11/04 12:32 ID:Luk1Hpzy
無意識の拡大は離人症であり、ひいては分裂病という無意識崩壊まで至るかも知れません。
私はこれを、精神病の前兆だと理解していました。
それを食い止める方法は、無いに等しいと信じています。
運命的に支配されてしまうと、発病は免れません。

436 :分析魔:01/11/04 12:33 ID:???
外出するから、レスしておいて。

437 :分裂君:01/11/04 12:39 ID:F3r1Y5aL
発病初期は、薬で抑えることを、容認する。

438 :分裂君:01/11/04 12:40 ID:F3r1Y5aL
療養の為には、はっきりとした認識が必要だからである。

439 :卵の名無しさん:01/11/04 13:08 ID:???
うきゃきゃきゃきゃ

440 :卵の名無しさん:01/11/04 13:08 ID:???
はははは

441 :卵の名無しさん:01/11/04 13:09 ID:???
sage

442 :分析魔:01/11/04 15:07 ID:???
>>437
基本的に、薬によって人間性が若干低下しても、
危険防止のために、使用は致し方ない。
薬が、脳細胞に影響する。と理解しても良いのですか?

443 :分裂君:01/11/04 21:26 ID:/7IzuI4D
発病初期は非常に危険な状態だから精神安定剤でおとなしくさせていたほうが無理が少ないということです。

444 :分裂君:01/11/04 21:29 ID:/7IzuI4D
別に発病初期の危険な時に知念療法を施してもいいとは思うが
どういう結果が起こるかについては解らない。
そういう意味で、確立されている薬物療法のほうが効くという訳だ。
臨床できない=解らないということ。

445 :sage:01/11/04 21:34 ID:???
うきゃきゃきゃきゃ

446 :分析魔:01/11/04 22:25 ID:???
>>444
なるほど、
そうすれば、高血圧患者が降圧剤を飲むように、
分裂病患者に、精神科医が、それなりの薬を処方して、
社会復帰を促すのも、やはり合理的説明ですか?

447 :分裂君:01/11/05 04:08 ID:6awWp5wH
しつこいようですが、向精神薬は分裂病の治療効果も、社会復帰を促せるような薬効もありません。
知念療法が有効であった場合、もはや精神科医は石器時代の原始人に過ぎないのです。

448 :分裂君:01/11/05 04:35 ID:3bCzZ+xE
鼻腔上顎部粘膜異常を確認しました。
発病当時、鼻水が止まらなくなって偏頭痛が続いたのですが、どうやらこれが原因です。
左側の臭覚に痛みがありました。

私の分裂病の原因がコレであった場合、診断ミスとして慰謝料は頂けるでしょうか。
弁護士さん、よろしくお願いします。

449 :分裂君:01/11/05 04:41 ID:FikF9DnM
もちろん、精神科ではこういった鼻腔や臭覚の異常があっても
診断は分裂病で、治療も同じ薬物治療ですよね。

450 :分裂君:01/11/05 04:42 ID:FikF9DnM
もしそうなら国に請求してもよいでしょうか。

451 :分裂君:01/11/05 05:04 ID:BKNar7wc
つまんねーな今日。

452 :分裂君:01/11/05 05:06 ID:BKNar7wc
レディコミって面白いねぇ。
古本屋で買って読んでた頃があった。

453 :分裂君:01/11/05 05:10 ID:BKNar7wc
事の重大さが解っていないようだ。

454 :分裂君:01/11/05 05:13 ID:BKNar7wc
寝よっと。

455 :卵の名無しさん:01/11/05 05:25 ID:???
分裂君、寝てないじゃん

456 :卵の名無しさん:01/11/05 05:36 ID:???
猛烈にしりとり中

457 :分裂君:01/11/05 08:47 ID:zOj9eF1t
研究室を更新しました。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7575/prescription.htm

458 :分裂君:01/11/05 11:31 ID:2jBucQDW
あげあげマン登場!

459 :れいんまん:01/11/05 15:05 ID:???
bakahasinanakyanaoranai

460 :分析魔:01/11/05 20:31 ID:???
>>447
しかし、クランケ様は、発病の初期に生命の危機防止のため、
向精神薬の使用を認めてますね。
多くの患者が、向精神薬によって社会復帰してませんか?
矛盾してませんか?

461 :卵の名無しさん:01/11/05 22:22 ID:???
分裂君は脳味噌が肥大化しているので眠れません。
酸素不足のまま血流だけが促進され、もろくなった脳内血管がプチプチ切れる匂いがします。

462 :分裂君:01/11/05 22:38 ID:V5SbQtQ1
そういった幼稚な反論は受け付けない。

463 :分析魔:01/11/05 22:46 ID:???
>>462
おそれ入りました。

464 :分度器:01/11/05 23:02 ID:???
幼稚かどうか証拠を見せろ。角度計ってやるよ。

465 :分極化:01/11/05 23:14 ID:???
=分析魔。おもしろいので。   

466 :分裂君:01/11/06 06:50 ID:ySnUlprK
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。
朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。朝でございます。

            皆様おはようございます

467 :分裂君:01/11/06 06:56 ID:ySnUlprK
>>461

>分裂君は脳味噌が肥大化しているので眠れません。
>酸素不足のまま血流だけが促進され、もろくなった脳内血管がプチプチ切れる匂いがします。

清清しい朝のように、お美しい詩です。

468 :分裂君:01/11/06 07:09 ID:10BcrgTN
人間の鼻腔には、常に一定の湿度を満遍なく保つために、腸のように運動を繰り返しています。
寒くなったり風邪を引いたりすると鼻水を出したりしてジュルジュルになってしまいます。
脳のほうからプチプチ血管が切れるような音がするのは、リンパ腺から出る粘膜の循環異常が起こっている為なのです。

469 :分裂君:01/11/06 07:13 ID:b/XXqLYL
例えば下痢のような状態が、鼻腔粘膜の臭覚周辺で発生した場合、異臭がしたり場合によっては
脳神経の一部である臭覚神経細胞がアポトーチスしてしまいます。

470 :分裂君:01/11/06 07:20 ID:KfVr10wL
これは限界を超えた場合ですが。
その際には
「脳が解ける」「脳の血管がプチプチ切れる音がする」というような多種多様な幻覚と供に、
原因不明の病である「精神分裂病」に侵された事になります。

471 :分裂君:01/11/06 07:38 ID:OBDg75X1
特徴的なのは、幻覚が現われる直前には、アポトーチスという一種の脳神経の仮死状態が起こることです。
それまでの経過には、異常体験、鼓動が早くなる、息切れ、異臭などが出たあとに、幻覚と供に、お花畑に逝ってしまわれるのです。

472 :分裂君:01/11/06 07:41 ID:KVAtPqdw
異常体験というか異常感覚ですね。
それが体中のあちこちで起こり、アポトーチス後に幻覚が現われます。
異常感覚なので理性をもっていても、自分が侵されている状況を理解できないので
訳の解らない事を言う訳です。

473 :分裂君:01/11/06 07:44 ID:KVAtPqdw
特に病巣も見えないので、自分が病気であるという認識がありません。
ただ、異常感覚があるので、世の中が通常とは違うようにも感じていきます。

474 :分裂君:01/11/06 07:45 ID:KVAtPqdw
もし患者がバカであった場合には、例えば幻聴が聞こえた時には単純に犯罪を犯します。

475 :分裂君:01/11/06 07:47 ID:KVAtPqdw
例えば患者がバカであった場合には、こういった状況下では非常に単純になります。
自殺、強姦、殺人、万引き、信号無視。
理性が意味を成さなくなるので、根から立派でないと異常行動に走ってしまうのです。

476 :分度器:01/11/06 23:06 ID:???
分裂君は朝早いね。
長い針と短い針が180度になると起きるのかな?
ちなみに私は、針が重なる頃起きます。

477 ::01/11/06 23:45 ID:oFXzbor8
>476
けっこう難しいぞ!
両者とも、1時間に一回ずつあるが、
6時と12時のことを言いたいのか?

478 :卵の名無しさん:01/11/07 21:40 ID:???
1時間5分おき目がさめるんだよ。

479 :あゝくん:01/11/08 01:21 ID:???
すげえスレ…

480 :卵の名無しさん:01/11/08 01:29 ID:???
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1005149989/

481 :ひおが:01/11/08 08:58 ID:Rr+z8ePb
被害妄想ジュンコを笑いながら見てるあなた。
現実に自分の妻、彼女がなるとホントたいへんですよ。
精神疲れる。無駄な時間をかける。金はかかるとふんだりけったり

被害者のことをどうにかしてくれ

482 :分裂君:01/11/10 10:33 ID:/lRJPy0H
ここ医者板ダロ?
テメーなんか書けや。
分裂病1等級のこの俺様がよ
ありがたく分裂病の原因不明な点について示唆してやってんろ!?あ?
こちとら忙しいんだYO、チンタラしてねーで医者面したテメーの意見書けやボケェ

483 :卵の名無しさん:01/11/10 10:40 ID:???
この板のレベルは何故下がり続けるのですか?

484 :分裂君:01/11/10 11:18 ID:rUW2sbBn
私は合成副腎皮質ホルモン剤をGETした!!
今からポピドンヨード液と併用して鼻腔上顎部に塗布する所だが、困ったことにこれは軟膏だ。
そこでだ。
キミならどうする?

485 :卵の名無しさん:01/11/10 11:20 ID:???
この板のレベルはどうして下がり続けるのですか?

486 :毒キノコ ★:01/11/10 11:49 ID:???
>>485
すまそ。

487 :分裂君応援団:01/11/10 12:05 ID:???
 この板に限らず、たとえば病院でも常に向上心を持って改善の
努力を継続しなければ、レベルは下がって行くものです。
 この板の住人ひとりひとりがこの板を作ります。

488 :分裂君:01/11/10 19:21 ID:0ULV+N1M
この板の住人のほとんどはレベル低いな。
年寄りばかり診てるから頭がボケてんだよ。

489 :分裂君:01/11/10 19:40 ID:ukwos/fH
とにかく、副腎皮質ホルモン剤の鼻腔上顎洞塗布は効果絶大だ。
分裂病のメリットは他人を完全に無視・シカトできる事だ。
完全に信用していないので、他人の出来事はすべてドラマ化して見る事が出来る。

もちろん、病前の過去さえも。



            偉大なる神に、栄光あれ!

490 :分裂君:01/11/10 19:42 ID:ukwos/fH
残念だが、この澱んだ世の中に自身も巻き込まれたくない。
そういう意味で、私が分裂病であったことは幸せな体験であった。
今もそう感じる。

さよなら諸君、私はあの世へ帰りたい。

491 :分裂君:01/11/10 19:47 ID:ukwos/fH
頼れるものは、あの世でしかない。
誰一人、心奪われるような事をしなくなったこの時代
           錆び逝く街、人、ゴミの山

           ここには文明も何もない。

492 :分裂君:01/11/10 19:50 ID:ukwos/fH
もし、あなたが私という人格に対して理解でき得ない要素があるとすれば、
私には守るべき素質があるという事を覚るべきである。
宝玉は隠され、永遠の守護を受ける。

493 :マニアックな放射線科:01/11/10 21:39 ID:???
CT,MRI,脳血流シンチグラムで診て異常のない患者も、
PETで診ると、前頭葉の代謝が著しく低下していますが、どうしてでしょうか?
前頭葉の代謝異常と本症は関係があるのでしょか?
前頭葉が萎縮するピック病でも、痴呆があるので、判りませんが、
実際はデムパが出まくりなのでしょうか?

494 :Tc:01/11/10 21:42 ID:???
PETのみで検出できる hypofrontality ですか。
詳しく教えて下さい。

495 :卵の名無しさん:01/11/10 21:44 ID:???
しかし、分裂病が治って社会復帰したと思っている患者は藁えるね。
要するに、分熱病が新たなステージに突入しただけじゃないか。

496 :Tc:01/11/10 21:47 ID:???
無為になって社会的な害が少なくなっただけなのでしょうか?

497 :分裂君:01/11/10 22:32 ID:pIiiX3Ij
>>493

実に的を得た質問だ。
さて、質問の答えだが、前頭葉の機能が著しく低下していることについては高度な脳医学でしか知りえないのだが、私の研究したところでは前頭葉の機能低下は根本原因ではない。
あくまで症状の1つであるのだが、重要な問題はその異常を引き起こす原因となっている部位を特定できていない事だし、PETの性能でも限界がある。
この原因を鼻腔洞内に位置付けしているのは、実験的臨床治療においてここだけが非常に高い成績を収めていることにある。
鼻腔以外の対象となったものは他に、眼球、口内、脊髄、小脳、前頭葉であり、その試験法は実に原始的であるが確実な結果である。
それぞれの部位に影響を与える薬物を用い、分裂病(ひいては前頭葉の能力)に僅かでも影響を与え得るかどうかである。
「分裂病の針が振れるかどうか」その為だけに、神経を研ぎ澄ませておかなければならない。

498 :卵の名無しさん:01/11/10 22:40 ID:???
蓄膿症患者に分裂病が多いといる研究結果もあります。

499 :分裂君:01/11/10 23:17 ID:9hgWVvTB
素晴らしい。

500 :分裂君:01/11/10 23:33 ID:/drOvJsr
知念療法における分裂病の原因は、実は慢性副鼻腔炎を示唆している。
大らかには公表できないが、分裂病の原因はコレであり、精神科では蓄膿症は診断されずに精神分裂病として治療されることを訴えている。
これに関して、責任を取れるような奴はこの世に居ない。
精神科でこんな事言ったらインシュリン注射される有様だ。

501 :分裂君:01/11/10 23:38 ID:/drOvJsr
実は、ポビドンヨード液だけでは不完全らしい。
慢性副鼻腔炎は小さい頃から、形成されてきたもので、鼻の内部の形状が悪く、
つまり骨格異常であるので大規模な手術が必要なのだ。
精神科は頭が悪いか、もしくはこれを隠蔽して稼いでいるのが現状であり、保健所と一緒になって儲けているので私は国を訴える事ができる。
それでは大いなる神の祭りの手始めに、告発サイトをどうぞ。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7575/prescription.htm

502 :分裂君:01/11/10 23:54 ID:0RIgvPIa
結論としては骨の形成異常、鼻腔洞骨格異常でよろしいんではないでしょうか。
これには緊張型頭痛も含まれています。

503 :分裂君:01/11/10 23:56 ID:0RIgvPIa
↑これが分裂病の原因です。
すべて解決されました。
あの不治の病である分裂病が治る方法を、我々と考えていただきたい。

504 :卵の名無しさん:01/11/11 01:37 ID:???
分裂君どの

骨格異常という話を聞いて、かつてのphrenology(骨相学)
を思い出したのだが、その種の研究を参照しているのでしょうか?
ご教示希望。

505 :分裂君:01/11/11 02:08 ID:QXC8qMHB
骨相学は初耳だ。
調べてみたが、これは参考には出来ない。
参考にできるものは、まず信用できる情報であることが前提だ。
どんな論説にでも証拠がなければ、学術として意味はない。
その線でいけば、整体・指圧の技術は既に確立されており、信用できる。
これは骨格異常の点について、一部を指したものだ。
知念療法はすべてを研究の対象に含め、情報の正確性を図っている。
この複雑なメカニズムである分裂病の病理を多角的に理論し得るのである。

骨相学のサイト
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~kwatanab/kossou.html

506 :sage:01/11/11 02:26 ID:CSsjGvi0
自作自演sage

507 :卵の名無しさん:01/11/11 02:30 ID:???
さらしsage

508 :分裂君:01/11/11 04:59 ID:ZlOc/jKD
例えどんな劣悪な荒らしでも分裂病の情報が1行でも得られるなら、私は断固この板で訴え続けます!!

509 :分裂君:01/11/11 05:05 ID:ZlOc/jKD
さて早速ですが、実は分裂病の前兆に、酷い鼻水が出ていました。
風邪?だと思い、1週間ぐらい続きました。
その後、異臭がしたりしました。所見では、鼻水が臭かったのだと認識しています。
そのニオイは、山葵のような痛烈なニオイで、次第に鼻水が出なくなった後も、時々そのようなニオイがしたんです。
まるで幻臭のように感じ、とても不快でした。
やがてその不安が的中し、分裂病になったのだと思われます。
原因については、>>500->>503を参照してください。

ちなみに精神科でコレを説明しても、風邪薬しか貰えませんでした。
病名は精神分裂病です。

510 :分裂君:01/11/11 05:07 ID:ZlOc/jKD
不覚なのが、分裂病になった後は幻覚の話しか出来ないという事です。
幻覚に比べれば、鼻水が止まらなくなって異臭がしてきたなど
精神科の医者に言っても無視されるだけです。

511 :分裂君:01/11/11 05:10 ID:ZlOc/jKD
その幻覚の内容というものが、実に具体的で、宇宙人の話や天界という世界があるなど、解らない人にはとても理解できない、想像を絶するほどの具現世界が実在していることです。
そこのあなた!!ほらまた私のことを分裂病だと思ったでしょ!?
まったく人を廃人扱いにするのもいい加減にして欲しいものだ。
特に精神科医。

シゾとか言うのやめてくれないかな。

512 :あっくん:01/11/11 05:15 ID:MlN46UmN
その、宇宙人の話や天界という世界の幻覚の話を聞かせてよ。

513 :分裂君:01/11/11 06:12 ID:4Ancypcd
悪いが幻聴の言うことを信じた所で、分裂病の原因や直接の引き金は解らない。

514 :分裂君:01/11/11 06:15 ID:4Ancypcd
その内容は、次の宇宙について説明されるのである。
信じちゃダメよ。これウソだからね。冗談だよ、冗談。
あ、聞かないほうがいいよ。しかしつまんない冗談だね。まるで人生が一つのステージに過ぎないみたいな内容だね。

515 :分裂君:01/11/11 06:17 ID:4Ancypcd
選ばれた天子のみが逝ける快楽の天地だ。

516 :あっくん:01/11/11 06:21 ID:MlN46UmN
要するに所詮、妄想だから正確には記述できないんじゃない?

517 :分裂君:01/11/11 06:22 ID:4Ancypcd
君達は深層意識と表層意識が別個だから、死んでも逃げ場がないよウフフ

518 :分裂君:01/11/11 06:23 ID:4Ancypcd
船は沈没したら終りなんだよ

519 :分裂君:01/11/11 06:27 ID:4Ancypcd
海底に高度文明を持った知的生命体が住んでるって話は、素敵だよね。
映画でもあったよね。名前忘れたけど。
人間を魅了させるものは何だと思う?
あり得ない話、現実では決して起こらない現象を、映画という媒体を通じて魅了させるもの。
その原理はこうだ。

人間の深層無意識には同じ現象が並行的に存在し、表層意識が錯覚している。

520 :分裂君:01/11/11 06:28 ID:4Ancypcd
君達の理想は、無意識に集約されてしまっているのさ。
いわゆる集合無意識というやつね。
解るかな?バカには解んねーか。

521 :分裂君:01/11/11 06:32 ID:4Ancypcd
俺はねぇ、一種の神。
神と呼ばれるもの。
キミが待ち望んだ存在。
 

522 :分裂君:01/11/11 06:35 ID:4Ancypcd
ここはまさに桃源郷に等しい。
キミの無意識だって操作できる。霊体と呼ばれるものを通じてね。
あ、妄想だから解んねーか。

523 :分裂君:01/11/11 06:38 ID:4Ancypcd
言語というアルゴリズムを用いれば、70%の意味は理解できるだろう。
しかし魂の血を取り入れれば、100%の結果を出すことが出来る。
もちろんそれは、天の神が決めることだ。

君達は放牧師の案内する未来しか、見えない。
今宵も月が奇麗だね

524 :分裂君:01/11/11 06:41 ID:4Ancypcd
誰もこの現実から逃げようなんて思わないさ。
冗談として聞いてくれて、ありがとう

525 :分裂君:01/11/11 07:09 ID:bymDlJEd
↓太古の昔、天空の子孫が作ったといわれている古代遺跡
http://www.lewchew.com/gusuku/chinen/index.html

実は、俺もこういった摩訶不思議な建造物を建てたい。
天空の知識を、共有したいと思っている。

526 :分裂君:01/11/11 07:13 ID:bymDlJEd
神社あるだろ?
天空の知識ってわかる?

527 :分裂君:01/11/11 07:13 ID:bymDlJEd
少なくとも錯覚は出来るだろ?
ネタはあがってんだよ、いい加減認めなよ
愚かな科学者どもよ

528 :分裂君:01/11/11 07:16 ID:bymDlJEd
それとも否定する気かね?
愚民どもに天空の知識が無いからと言って、神そのものの存在を否定するのは
もう止めてもらいたい。
お願いだから神様も文明に混ぜておくれ
と、キミの冥界へ逝った母上も嘆いておられるではないか。

529 :分裂君:01/11/11 07:18 ID:bymDlJEd
それとも使者を遣わしてまた犠牲者が出る前に
俺に神の役をくれて感謝する

530 :卵の名無しさん:01/11/11 08:09 ID:???
このスレも分裂君の独演会になってしまいましたね。
こんだけあちこちのスレにカキコしていて、エネルギーもすごいけど、
分裂君は随分暇ですね〜。本当に仕事してるんですか。
家でずっとインターネットやってるんじゃないですか?

531 :分裂君:01/11/11 08:55 ID:SvhEbE5q
我々は鼻腔上顎洞から摘出された直径1ミクロンの微細胞を発見した。
宇宙人が埋め込んだチップなので、倍率500倍以上の顕微鏡を今すぐ貸して欲しい。
もしくはガラス板に挟んで保存してもよい。
見たい人は申し込むように。

532 :分裂君:01/11/11 09:04 ID:jhE6r1Ru
なんとこの緑色に見える細胞、5分後には気泡に変化してしまった。
非常に珍しい。
例えばキミ、唾を吐いてみなさい。
そこに泡があるだろう?
これと同じ現象が起きている。
まさに ぶ・き・み

533 :分裂君:01/11/11 09:07 ID:jhE6r1Ru
分裂病と関係ありげだが、顕微鏡が無いとつまらん。
見たい?

534 :分裂君:01/11/11 09:09 ID:jhE6r1Ru
例えばこの微細胞が、口腔以外、例えば鼻腔や咽頭に流れ込んでしまえば、たちまち異物感ができる。
脳へ入れば、狂牛病になる。
異常プリオンだろうか?

535 :分裂君:01/11/11 09:12 ID:jhE6r1Ru
唾液線へ流れるホルモンが逆流したりしているのではないか。
とか妄想を膨らませても検証しようがないので、私が天才であろうがなかろうが
これ以上この話をするのを止めたいと思う。

536 :分裂君:01/11/11 09:44 ID:nsqgYebZ
宇宙人は、自然法則を魔力として使うことが出来る。
もちろん、脳内にナノコンピューターを製造する事も可能。
なにせ人類はこの地球上で、生態実験を繰り返されながら生まれてくるのだ。
俺の妄想は凄い面白いと、我ながら思います。

537 :名無しさん:01/11/11 09:56 ID:???
HPいつ更新するんですか?
あなたの描いた、どらえもん、すげー笑いました。

538 :分裂君:01/11/11 10:21 ID:3BZwsEcz
あのヘタクソーな絵はヨシクンという謎の人物に描かせたものだ。
俺のほうがセンスいい。

539 :分裂君:01/11/11 10:26 ID:3BZwsEcz
実は、私には予知能力がある。
今回のタリバン戦略、非常に香味料がありそう。
前回のイラク戦はスカ。
今回はズバリ、アメリカにXXが起こる。これは間違い無い。
タリバン側はXXだ。

540 :分裂君:01/11/11 10:37 ID:3BZwsEcz
予知能力実験の内容・・・・・・

イラク、パキスタンあたりの乾燥地帯の市街地に爆風が走る。
前回の聖地予知では、何故かジープが目前にあった。
今回はその中に私が居た。
私はアメリカ系の思想を持っている事から考えて、
今回の攻撃はアメリカ自身の自己文明に対する不信を招く事になるだろう。
フロントガラスが割れたので、恐らく民主主義VSイスラム主義の安全な壁が壊れるほどにアメリカ主義は損傷を受ける。
多分、このジープはまだ動きそうなので、規模としては不信感が決定的になって
世界におけるアメリカの権威が崩壊、今までは周囲の批判でも民主主義大国であるアメリカ思想は保護されていたが、
今回から中国なども含めて、その行動の矛盾が確定的になり、批判に真っ向から晒されるようになる。
そういう時代になるだろう。

541 :分裂君:01/11/11 11:01 ID:YslXFuiL
医者板のIQってせいぜい120ぐらいかな。
ジジババ患者は50だけど、エナジードレインが使えるので。
俺の戦闘能力が知りたいだと?ククク、愚かな。
大天使フリーザ様と呼べぇ!!!

542 :<:01/11/11 12:57 ID:???
家のフリーザ霜がたまって困ってます。
何とかしてくれ〜

543 :卵の名無しさん:01/11/11 13:02 ID:???
電源抜いて風呂場においとけ

544 : :01/11/11 17:13 ID:???
結構重いので、一人では運べません。
だれか手伝いにきてください。

545 :493:01/11/11 20:41 ID:???
>>494
遅いRESで申し訳ない
18FフルオロデオキシグルコースでSchizophreniaのブドウ糖代謝のstudyを
行ったデータでによれば、前頭葉の糖代謝が著しく低下(1/3ofNormal)
しておりました。なにぶんコストのかかるstudyなので、Nは少ないが・・・・

546 :分裂君:01/11/11 23:08 ID:kjRapgt+
分裂病の糖代謝低下は、前頭葉が多いというだけで、必ずしも前頭葉ばかりではないとの報告がある。
また脳の萎縮もみられ、早期性痴呆の原因にもなっている。
原因は不明。

547 ::01/11/11 23:12 ID:iifc/GC8
どうして、糖代謝が、落ちるのですか?

548 :分裂君:01/11/11 23:31 ID:wpLrrjAU
私の解釈では、こうだ。
神経全体のニューロンネットワークは、一定のインパルスの電圧を持っている。
しかし一部の神経に慢性化した過度の負荷があり、体内のインパルス電圧に、供給不足が起きる。
この段階が自律神経失調症。
これを超えると、無意識に前頭葉が脳の運動機能から切り離されるという形で供給不足は解消されてしまう。
その他部位の供給は再開され、正常にもどるが脳の機能に欠損が残った状態。
これが精神分裂病。
いずれにしても、精神分裂病は合併症であり、単独で発生することは無いと思われる。

549 ::01/11/11 23:37 ID:iifc/GC8
ちなみに、私でない人の考えはどうなっているのですか?

550 :ぷし公:01/11/12 00:07 ID:???
>>545
schizoのグルコースに関するpet-studyはだいぶ古くからやられているので、
かなり蓄積がすすんでhypofrontalはほとんど確定事項で良いように
思ってるんですけど。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov:80/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=8352343&dopt=Abstract

最近のはドパミンに移ってるんじゃないっすか、ね。
petでグルコース使ったのは、performans taskと代謝の相関出したり、
工夫してる奴になってる感じがしまふ。

551 :分裂君:01/11/12 00:42 ID:+xPyvTht
分裂病における幻覚症状の仕組みを研究しているもので、病因については何も書かれていません。
「手がかりになるだろう」とは示唆されておりますが、まったくもって脳病である事を想定してありますので、参考にしないほうがよいでしょう。

552 :分裂君:01/11/12 00:57 ID:2GSeOYex
精神科医の話し方っていうのは、余計な飾り文句が多いので説得力がありますね。

553 :分裂君:01/11/12 01:09 ID:Gz2Jdp21
知念療法研究による報告では、精神分裂病者は余計な飾り言葉などは使えません。
またこれにより、分裂病の回復基準とすることも可能かと思います。
前頭葉の機能が回復したと言ってもよいと思います。

554 ::01/11/12 01:37 ID:fvBlOz5u
ふう。
でも、そうだよね。。。
前頭葉の代謝が、落ちているのが、PETでわかった。ってことでしょ?
で、なんで、代謝が落ちたの?
書いてあったっけ?

555 :分裂君:01/11/12 16:29 ID:Juszorme
http://210.155.134.217/phpdmm/t/tub006/tub006jp-2.jpg

ついにでました
エクトプラズム出してるのがはっきりと写ってます。ここまで鮮明に写っているものは
他に類をみないでしょう。
霊的なものの化学的解明への貴重な第一歩となるでしょう
人類が次のスッテップへ進む足がかりとなる、歴史的な写真となるかもしれない

歴史を塗り替える事になるでしょう
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
  | |                                    | |
  | |                  ___                  | |
  | |               _/ \   \_             | |
  | |             ((/___))____\))         | |
  | |              | |!!! !!!| | |!!! !!! !!!| |             | |
  | |            ∧_∧ !!! !!!| | ∧_∧ ∧_∧         | |
  | |      ∧_∧( ー人∧_∧λΦ  )(  ・∀)      | |
  | |     (×^  )( 祭 (  ´∀`)) 祭 )( 祭 ))       | |
  | |     ι) 祭 )|___( 祭 (つ |___| |___」          | |
  | |     〈_ヽ   )_(_(___/〉(__)_)_(__)       | |
  | |                                    | |
  | |________________________| |
  |__________________________|

556 :分裂君:01/11/12 16:32 ID:Juszorme
新たな分裂病治療法の公開です ↑555
男性がエクトプラズムかけてもらっています
これを鼻からすかさず吸引することで分裂病は治ります
この男性は完治したそうです

557 :545=マニアックな放射線科:01/11/12 20:03 ID:???
>>550
保健適応ではないので、日本ではなかなか研究が捗りませんね
11Cメチルスピペロンは半減期が短いし、18フルオロド−パは合成が大変だし・・・
私から、プシ公先生に質問です。hypofrontalはSchizoの原因ですか?
結果ですか?治療に反応して、陽性症状が無くなると改善するのですか?
そもそもhypofrontalは、何故起こるのですか?geneの異常ですか?
それとも、発生の異常ですか?何かのウイルス感染や、化学物質で起こるのですか?
腫瘍や血管障害、外傷で前頭葉の機能が廃絶すると、Schizo様症状が起こるのですか?
門外漢なので、よく解りません。
教えて君で申し訳ありません。

558 :分裂君:01/11/13 00:13 ID:QTEmSbs6
精神科医に分裂様症状が出る他の病気を診断できるかというと、そうではない。
脳病は脳病なのだよ。

559 :分裂君:01/11/13 00:13 ID:QTEmSbs6
いつもの事だけど、>>555->>556は偽者だよ。

560 :分裂君 :01/11/13 02:04 ID:y0M+Wgw6
新たな分裂病治療法の公開です ↑555
いつものことだけど
558−9にせものだよ


男性がエクトプラズムかけてもらっています
これを鼻からすかさず吸引することで分裂病は治ります
この男性は完治したそうです

561 :卵の名無しさん:01/11/13 02:19 ID:???
分裂君はPC何台持ってるんですか?

562 :ツキモリ セキ:01/11/13 02:53 ID:???
分裂君さんへ。
お初にお目に掛かりましょうか?分裂病者(中途半端に寛解中)、ツキモリ セキです。
古い書き込みへのレスでスマンが、
>>39
>ノイローゼになっても、人間は幻覚を見ない。
とのことだけど、重度神経症で幻覚を起こすことはあるよ?
細かいところでは不備が多い理論ですけど、その詳細の叩き直しが
あなたの理論を完璧へ((部分的に)間違いだったこともわかるかも知れない)導くのだと思ってます。
すべての理論には根拠がいります。ぶっ飛んだ根拠しか示さなければ、妄想の産物だといわれても仕方ありません。
どうか丁寧な研究を心がけてください。

563 :分裂君:01/11/13 06:04 ID:Q2XdUadO
ノイローゼでは幻覚は出ないと書いてあったのは、私の妄想の産物ではなく
専門書に書いてあったことです。
私は大阪市立中央図書館に存在する脳医学、精神医学、そして私の分裂病症状の情報を記録し、検証した結果を報告しているに過ぎない。

564 :分裂君:01/11/13 07:55 ID:6jHFbYlg
全宇宙に存在する全ての情報は、我々のものなのである。

565 :ぷし公:01/11/13 12:25 ID:???
>>557
hypofronalが根本的原因と思っている研究者はいないんじゃないですか?
双生児研究で一致率が高いことから遺伝的原因を探ったり、インフルエンザ流行の
時期に生まれた子供に多いというコーホート研究から胎生期の異常に原因を求めたり
様々ですが一致した見解なんてもちろんありませんし、もっと言えば現在分裂病と
カテゴライズしている一群が本当に単一疾患であるという証拠すらないですよね。
ただ、幻聴に対してはドーパミンブロッカーであるハロペリドールが奏功することや、
Sの患者にアンフェタミンを投与すると幻聴が増悪するなどのStudyから、
幻聴とドーパミンとの関連は強く疑われているわけですが、しかし、一部の分裂病は
ハロペリドールに反応せず、むしろセロトニンブロッカーやヒスタミンブローッカー
などに反応することから、陽性症状と関わる神経伝達物質についても多様性が疑われて
ますよね。
脳血管障害で幻聴を来たすことはありますがまれで、分裂病との類似では覚醒剤やCPC
などの中毒患者の症状がよく引き合いに出されますね。
やはりこれもドーパミンとの絡みですが。

前頭葉が廃絶するとSが起こるか、との問いですが、それで起こるのは
前頭葉症状としての無気力や判断能力の低下など、前頭葉症状ですよね。Meningioma
が前頭葉を圧排するとぼーっとなったりするでしょう。これらは、Sの
陰性症状の状態との類似なら、指摘できると思いますけど。
pet studyの多くは、Sは寛解期においてもhypofrontalを示すとしていますから。

陽性症状、おもに幻聴ですが、これの責任病巣は、まだはっきりしません。
functinal-mriのfindingsではブローカや側頭葉に腑活を認めたなど、
studyによって様々ですね。

566 :分裂君:01/11/14 00:38 ID:cC7TrTtM
専門用語並べてんじゃねーぞプシ公

567 :分裂君:01/11/14 00:47 ID:cC7TrTtM
>双生児研究で一致率が高いことから遺伝的原因を探ったり、インフルエンザ流行の
>時期に生まれた子供に多いというコーホート研究から胎生期の異常に原因を求めたり
>様々ですが一致した見解なんてもちろんありませんし、もっと言えば現在分裂病と
>カテゴライズしている一群が本当に単一疾患であるという証拠すらないですよね。

分裂病は冬生まれが多いんだよ。
これが慢性副鼻腔炎に繋がるっつー訳よ。

>ただ、幻聴に対してはドーパミンブロッカーであるハロペリドールが奏功することや、
>Sの患者にアンフェタミンを投与すると幻聴が増悪するなどのStudyから、
>幻聴とドーパミンとの関連は強く疑われているわけですが、しかし、一部の分裂病は
>ハロペリドールに反応せず、むしろセロトニンブロッカーやヒスタミンブローッカー
>などに反応することから、陽性症状と関わる神経伝達物質についても多様性が疑われて
>ますよね。

腰痛でも幻聴は出るんだよね。
他にビタミンD欠損症、脳腫瘍、アルコール中毒、凍傷、麻薬、眼圧異常、慢性副鼻腔洞炎などなど。
精神科医がこんな事も知らないなんて残念ですね。
内容も、よく見れば
「まだはっきりしません。」
「疑われてますよね。 」
「証拠すらないですよね。 」
「studyによって様々ですね。 」
おいおい、これで質問に答えたつもりかよ

バーカ-

568 ::01/11/14 00:51 ID:Z3oJDObT
ばあかああ。

569 :ぷし公@今日は鬱:01/11/14 00:59 ID:???
うん?
何を興奮してるの?

質問には、なにひとつ答えてないよ。
証明されない仮説と今までの報告例を並べただけ。

570 :分裂君:01/11/14 07:20 ID:BwfXa9Zf
いつも思うのですが、精神科医さんは話を持っていくのが上手いですな

私はいつも、これが医者の醜態かと思うと寒気がしてくるんですよ。

精神科は終わってますね。もし、最初からこういった世間体を承知していれば

最初から精神科には関わらなくてよかったと思うんです。

とても後悔しています。

571 :分裂君:01/11/14 08:11 ID:QeN52S8s
PETが最新医療機材だからと言っても、使う側のIQが低くては使い物にならない。
私はシステムエンジニアですが、「バカでも使えるソフトを作ってくれ」と頼まれても、不便なソフトしか作れないのだ。

572 :分裂君:01/11/14 08:15 ID:QeN52S8s
便利なソフトほど、人は間違った使い方をしてしまう。
テレビのリモコンを使えないババアと同じ現象が、精神科医の間で流行っている。
システムエンジニアである私にとって、これは病気そのものを見ているようだ。

573 :分裂君:01/11/14 08:17 ID:QeN52S8s
脳内物質や遺伝子に闇雲になって答えを探そうとする医者。
これは、病に侵された学者のすることだ。

574 :分裂君:01/11/14 08:56 ID:56MQHv4i
ではここで、脳内物質と分裂病の関係性を考慮してみよう。
ご存知のように、ドーパミンの過剰は分裂病特有の症状とされていることから、これが分裂病の原因ではないかと疑われている。
また、分裂病患者の死後脳の神経細胞には、ドーパミン受容体が健常者に比べ多くあり、幻覚の原因でないかという説もある。
一方、アメリカの遺伝子バンクからは既に、IQ200を超えた超天才児が続々と誕生している。
おそらく分裂病と彼等とを比較しても、そこには大した相違は存在しないハズである。
では分裂病と天才との相違は何処にあるのか?という事が、今回の問題の主観である。
残念ながら、天才と分裂病を死後脳から判別する方法については、仮説すら無い。
分裂病死後脳の研究では、10年以上をかけてようやく
「ドーパミン過剰説」を報告するに留まっているに過ぎないのである。
よって、脳病説を否定しても、このように批判を受けることは少ない。
つまり私は異端者ではない。

575 :monk:01/11/14 09:40 ID:KZ6JtS7p
分裂君、知念療法のフィニッシュコーワやると頭の後ろが痺れる感じで
痛いのだけど、こんなものですか?もちろん鼻の奥も痛い。

HPのBBSは、今後開く予定なのですか?

576 :分裂君:01/11/14 10:34 ID:GyhTbpbA
そんなもんですねぇ。
創造性、判断力、あるいは自我同一性の変化をレポートお願いします。

577 :分裂君:01/11/14 12:08 ID:Kd6xLGmM
臨床についてはLinuxを生み出したように水面下でやるべきかと思います。
その際に必要なのが、情報です。
一人一人がレポートを書くようにすれば、利用する側にとっても困ることもなくなるのです。
なんせ非協力的な輩ばかりなので。

578 :分裂君:01/11/14 12:08 ID:Kd6xLGmM
時代はオープンソースですからねぇ。

579 :分裂君:01/11/14 12:27 ID:+Fxa3LfP
前頭葉の糖代謝異常に新たな発見がありました。

鼻腔内部は、常に一定の粘膜で潤滑されているのですが、時には水などが入り汚染してしまう事があります。
臭覚神経はそういったものに対して、粘膜を通じて保護されているのですが、ここに異常が発生している為に、前頭葉のブドウ糖代謝低下が起こるということを発見しました。
具体的には、緊張などによる生理的な作用が鼻腔内部に作用していると、鼻水などが出ることがあります。
その際に、臭覚細胞には本来保護されているはずの粘膜が濁ってしまう為に、ツーンとするような痛みが走ることがあります。
これは本来起こりえないことですが、慢性化した緊張性の生理的な働きで、自己免疫異常が起こり、悪循環が起きてしまうのです。
精神分裂病における前頭葉機能低下は、この悪循環が定着化された状態であると思われます。

580 :monk:01/11/14 14:21 ID:???
>創造性、判断力、あるいは自我同一性の変化をレポートお願いします。
昨日で2日目なので、なんとも言えないですね。ちなみに夜やってます。異様に疲れるので。

創造性:ギターを弾いてますが今はやる気がしないのでわかりません。
判断力:もともと優柔不断な性格というのもあるし、、これもなあ。

上記のことを現在、あまり求められる状況下にいないのでレポートのしようがない。
頭悪いだけかも。
あと、俺、冬生まれで小さい頃から鼻炎持ち。

581 :monk:01/11/14 20:41 ID:???
ギターが独創的なメロディーを奏でています!
まー、基礎がわかってないから独創的(てきとー)なのも当然か。

582 : :01/11/14 22:03 ID:???
副鼻腔炎の患者=分裂病ではない理由を教えてください。
それがわかれば少しは救われるような気がします。

583 : :01/11/15 15:13 ID:???
分裂君は、家族が真剣になって彼に向き合って、
そして病院に連れていって病状にあう処方ができるように
優れた医師に試行錯誤してもらうしかないと思う。
発病から数年が経過して、服薬なしに心理的期成でおりあいと
つけてしまっているだけに、陽性症状がだいぶこびり付いていると思う。
彼の家族はいったい何してるんだろう?
彼をなんともしてあげられないネットというものはなんとも無力だなと思う。

「も」さんの努力には敬服したが。

584 :分裂君:01/11/15 15:16 ID:AYXXBa2K
副鼻腔炎の患者が分裂病になるというケースは、その病中にあると思われる。
鼻腔内部の生理的悪循環が起きてしまうか否かによって、分裂病へと発展する。
どういう事情が発端となるかは解らないが、慢性の便秘のようなものだと考えている。

585 :分裂君:01/11/15 15:24 ID:PxY62U6Z
追加。
慢性の便秘は、緊張性のもの。

586 :卵の名無しさん:01/11/15 15:45 ID:???
くそすれさげ    

587 :卵の名無しさん:01/11/15 15:46 ID:???
くそすれさーげ      

588 :分裂君:01/11/16 12:26 ID:coO3XX+n
ネットストーカー精神科医は立ち入り禁止にする。

589 :ぷし公:01/11/16 12:48 ID:???
も、は努力していたのか。単に気が合ってるだけだと思ってた。

590 :本物分裂:01/11/16 22:59 ID:jKr6OL10
私いま43歳ですけれども、25歳の時半年、27歳の時3ヶ月分裂せ精神病院にお世話になりました
もちろん分裂病です。今飲んでる薬はクロフェトン、セレネ−ス、アキネトンです。
これやめたら又再発するか教えてください。
ちなみに分裂病時の病状は最高の快楽です。もし病気でない状態であそこの世界にいけるなら
これは最高の世界です。又行ってみたい

591 :卵の名無しさん:01/11/16 23:58 ID:h2H8mf8D
昨日、炭そ菌入りの林檎を食べたなんつー分裂病が救急車で来ました。
向かいのうちの人の声が教えてくれたそうです。

592 : :01/11/17 00:42 ID:???
>>590
まず、耳鼻咽喉かで蓄膿症の治療をすることをお奨めします。
分裂病の治療はそれからです。

593 :分裂君:01/11/17 03:45 ID:unSSj+Eb
蓄膿症の治療には、ネブライザー療法がお勧めである。
抗生物質や副腎皮質ホルモン剤などを霧状にして鼻腔内部に噴霧するのである。
でもやっぱり、ポビドンヨード液もそれなりに効く。
鼻腔洞の他に、前頭洞、頭蓋低などにかけても粘膜の緊張および生理不順、骨格形状異常などが残っていて神経痛があるので
数週間ではなく数ヶ月の治療が必要であり、自宅でできる治療が必要とされる。

594 :分裂君:01/11/17 03:47 ID:unSSj+Eb
>>590

ポビドンヨード液による分裂病治療は、錯乱発作にも効くので薬を辞められます。

595 :分裂君:01/11/17 03:47 ID:unSSj+Eb
即効性があり、予防にもなります。

596 :分裂君:01/11/17 03:48 ID:unSSj+Eb
喉の渇きにも効きます。その際は、普通に喉に直霧してください。

597 :名無しさん:01/11/17 04:15 ID:???
@ノハ@
( ‘д‘)<私、夏生まれで鼻も悪くないよ。

598 :分裂君:01/11/17 05:54 ID:QZHKmw3X
自己憎悪をする極度のブスでも分裂病様症状が出るらしいね。

599 :分裂君:01/11/17 06:00 ID:0vw5viwZ
いつも米神を寄せているような慢性的な憎悪(緊張)でも、鼻腔内部の形成に与える影響は大きい。

それでも効くんじゃないかな。

600 :分裂君:01/11/17 06:02 ID:0vw5viwZ
一種のストレスは、肩や胃や背骨だけでなく、鼻腔にも起こるといえば解りやすいだろう。

601 :分裂君:01/11/17 06:06 ID:0vw5viwZ
肩や筋肉、関節などの神経の痛みには皮膚から浸透させるタイプのインドメタシン。
ポビドンヨード液はマッサージの効果があり、粘膜に対してはよく効く。

602 :卵の名無しさん:01/11/17 12:56 ID:???
>>597さま
 副鼻腔炎にも鼻が詰るといった自覚症状の表われないタイプがあります。
 しかし、ほとんどの場合、分裂病患者の鼻を調べると副鼻腔に炎症が見られま
す。一度専門医の診断を受けてみてはいかがでしょうか?

603 :分裂君:01/11/17 13:53 ID:B+PEce6W
その通りです。
これはニュースになります。

604 :分裂君:01/11/17 13:58 ID:B+PEce6W
80%〜90%の分裂病者には、知念療法の適応症に当てはまるかと考えます。
日本にはおよそ100万人の分裂病者が居ますが、このうちの80万人の知的障害を修復することができるのです。
一刻も早く、そして大々的に告知する事により、あと数百人は助かるでしょう。

605 :卵の名無しさん:01/11/17 14:52 ID:???
ここにも逝けYO!
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1005967579/

606 :分裂君:01/11/17 15:49 ID:C84t7n2X
>>28の以下のレスを知念療法のWEBで紹介したいのですが、よいでしょうか?


あたしの考えだと、
骨形成異常による筋不均衡の圧力が、直接脳に伝わるのでなく、
筋不均衡によって生じる、神経の圧迫が、長く続くことにより、脳内に、異常な神経興奮の伝達が続き、
それにより、脳内のバランスがくずれる。
と、言いたいのでは、ないか?と思う。
筋肉の圧迫が、直接脳の圧迫に繋がるというのは、力学的に、無理では?
しかし、ご承知のとおり、私達の体は、神経という存在により、
体中が、脳と、ほとんど1個の細胞を介して、”直接”繋がっている。
体の異常が、脳に、伝達されたとして、なんら不思議は、無いと思われる。
そして、根拠やメカニズムが、完璧に証明されているなら、医学生の教科書に載っちゃうと思う。
しかし、脳と、精神については、残念ながら、
根本的な、解明は、今始まったばかりで、全容が明らかになっていないのは、
現実に、事実ではないか?
もし、それを、解明したら、ノーベル賞は確実でないか?
そして、精神分裂病が、”治る病”になるのでは?

そんななかで、上述のような、考えは、推論ながらも、否定はできない、
と思われる。

607 :分裂君:01/11/17 17:46 ID:pJBE8SkO
えー、勝手に掲載しました。
元々匿名なので。

608 ::01/11/17 18:13 ID:kJ+rtJKS
げろ、
わたしの、書いたのが、出てきたぞ。。。

まず、わたしは、素人である。
そして、今、イソジンで、分裂病治療は、むりだと、思ってる。
でも、例えば、
白血病の人は、白血球機能が下がっている。
そこに、かぜをひけば、命取りだ。

鼻腔炎症治療で、分裂病を治すのは、無理だろう。
しかし、もし。。。。
分裂病という病気が、脳内、不安物質の過剰から、きており、
それに、さらに、ストレスをかけることが、
脳内、不安物質、怒り物質、の、セロトニン、ノルアドなどが、
異常分泌される、引き金になっているとすれば。。。。

つまり、コップ一杯の水に、さらに、水を入れると。。。。

分裂君の場合、肩こりや、鼻腔炎が、けっこう不快であり、
経験上、これらの増悪に合わせて、発作が、でているとすれば、
鼻腔炎の治癒が、分裂病発作を回避するといっても、いいだろう。。

これらが、正しいとすれば、分裂病は、ストレスに弱い病気である。と言える。。。
健康人は、多少のストレスで、切れて、怒り出したりすることは、あまり、ない。

しかし、分裂病は、脳内ストレス、感情物質のコントロールが、できにくい病気であるとするなら、
ほんの些細な、言葉でも、傷つき、それは、多大な怒り物質の分泌となり、人を傷つけ、
自分をも、傷つけうる。。。

そんなことが、実際としたなら、
分裂病の措置入院とは、元はと言えば、健常人が、彼にストレスをかけたことによる発作発症にものであり、
むしろ健常人の責任である。と言える。

子供を抱いている、オトタケ君の電動いすを倒しておきながら、
オトタケ君を傷害罪で、逮捕するようなものだ。。。

分裂病が、何のきっかけもなしに、暴れ出すのか。。。?
そういうことも、あるかもしれない。。。
しかし、外ストレスと、因果関係があるのなら、
やはり、保護機能は、重要なのだろう。。。

609 :分裂君:01/11/18 02:37 ID:uODaem95
ストレスに関しては、心理学板を参照されたい。
如何に心理学が不毛な議論となるかが解るハズである。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psycho&key=1001280589&ls=50

私は心理学で分裂病を解き明かして、精神病を克服しようとしているのではありません。
実際に今もなお進攻している知的障害を食い止めて、健常者並みの能力を取り戻したいと、願っている。

も さんの言うストレスに弱い分裂病像とは、やはり心の病であると謳いたいのでしょう。
も さんは知的障害者にも解りやすい文章を書けるし、それにとっても心が優しい。から?

>オトタケ君を傷害罪で、逮捕するようなものだ。。。

精神障害者の嫌われる所は、心に余裕がないことだ。
いちいち子供を抱いている、オトタケ君の電動いすを倒すぐらいで同情は出来ない。
恐らく、学生や青年でさえ、厳しい社会に順応し得ない段階では、そんなに心に余裕を持てないかと思います。

最後にストレス過敏症=対人恐怖症、潔癖症などの神経症状について一言。
閉じ篭りや警戒心の強い人には、やはり脳内物質の分泌異常になりやすい。
そこには当然、社会的犠牲の結果が含まれており、ましてや遺伝、環境、人格など本人を構成するすべての要素が絡んでくる。
とても膨大な要素を片付けようにも心理学には無理があり、どこぞの宗教にも似た所がある。
よってその考え方でいけば、メインは精神安定剤となる。
つまり最後まで治らない。

610 :分裂君:01/11/18 03:28 ID:D90ApSWx
追加。

  分裂病という病気は、脳内、不安物質の過剰から、頭蓋内緊張が起こり、

  それが慢性化するとセロトニン、ノルアドレナリンなどが異常分泌され始めるのだと思います。

611 :分裂君:01/11/18 03:50 ID:oY0bE7kJ
よって、正式な精神分裂病の病名は

「慢性頭蓋内緊張性精神乖離症候群」

に決まりました。

612 :分裂君:01/11/18 08:51 ID:ea3ZzDDp
やっぱりこれ。

「慢性鼻腔内緊張性精神乖離症候群」

613 :卵の名無しさん:01/11/18 10:36 ID:???
たまに覗くとここは「分裂君」ワンマンショーなんだね。
得がたいキャラだ。

614 :卵の名無しさん:01/11/18 11:39 ID:S15285jW
>>613
でも、好きなんでしょう?こそスレが・・(藁

615 :卵の名無しさん:01/11/18 11:41 ID:???


616 :卵の名無しさん:01/11/18 11:41 ID:???


617 :卵の名無しさん:01/11/18 11:42 ID:???
>>612
何もかも変

618 :卵の名無しさん:01/11/18 11:42 ID:???
>>612
いちおう変

619 :分裂君:01/11/18 14:44 ID:/WHfO0QY
本日捕獲した獲物
1.漢方蓄膿症治療剤(錠)
2.噴霧タイプの鼻炎スプレー(霧状)

このうち2の薬物は、長期使用するとアレルギー化しやすくなるので、中身を抜いてポビドンヨード液を装填。
臨床試験開始
目標:鼻腔内部に数十発を発射。
結果:副鼻腔洞には確実でない。

620 :monk ◆RPdDaVH. :01/11/18 15:15 ID:???
分裂君、教えて下さい。
以前、メンヘル板に漢方の名前書いていましたよね?
ここに載せてくれませんか?お願いします。

621 :分裂君:01/11/18 15:24 ID:yEMuJqh/
一旦まとめてみます。
精神分裂病の原因は、慢性的な憎悪(虫歯や副鼻腔炎や不安なども含む)によって、神経伝達物質ドーパミンなどの不安物質の過剰から始まります。
やがて情報伝達物質が乾上ってしまうと、次に慢性的な鼻腔内緊張が引き起こされます。
同時に感情及び前頭葉を司る1個の神経細胞(例えばピラミダル・セルみないな?)に過剰の電圧の負荷を与えつづけます。
その後はやはりこの単一の神経細胞の維持電圧が限界に達し、いわゆる離人症の状態が出現しはじめます。
セロトニン、ノルアドレナリンなどが異常分泌され始め、 この段階で、憎悪となっている要因が解決されていない場合には、これらの状態を繰り返し無限ループに陥ります。
そしてついには、鼻腔内緊張が骨を変形させ、脳神経を圧迫して幻覚を出します。

622 :分裂君:01/11/18 15:31 ID:yEMuJqh/
これあげるよ。

■ 精神科と漢方(5)精神分裂病と漢方
         慶応義塾大学漢方クリニック講師  神庭 重信

 精神分裂病の治療は,抗精神病薬による薬物治療が主流である。特に急性
期では漢方治療の適応は限られている。中国医学の古典「黄帝内経」や「傷
寒論」では,精神病は「狂」という概念でまとめられている。古典によれば,
幻覚・妄想が強く,興奮状態にある場合は,陽明病期とされ三黄瀉心湯,黄連
解毒湯,大承気湯が用いられた。近年でも「妄想気分や幻覚などがあり興奮
状態の時には大黄剤や黄連剤が主に用いられた」と言われている。興奮が改
善し安定期に入ると,小陽病期とされ,柴胡剤が中心に用いられた。柴胡加竜
骨牡蠣湯,柴胡桂技湯,加味逍遥散,大柴胡湯,四逆散がある。抗精神病薬の副
作用に対する漢方治療として,ロ渇には白虎加人参湯,五苓散など,鼻閉には
葛根湯,葛根湯加桔梗石膏など,便秘には大黄甘草湯,調胃承気湯,低血圧には
真武湯,苓桂尤甘湯など,無月経には桂枝萩苓丸,当帰芍薬散,加味逍遥散など
,インポテンツには八味地黄丸,補中益気湯,肝障害には小柴胡湯,肥満には防
風通聖散,大柴胡湯,防巳黄耆湯を使う。精神分裂病の慢性期には桃核承気湯
,桂枝茯苓丸,当帰芍薬散などの駆お血剤を用いる。意欲減退,引きこもり,抑
うつ気分等の陰性症状は気虚であり人参湯,四君子湯,六君子湯,補中益気湯,
十全大補湯,加味帰脾湯を用いる。



盛 泰寛のHP
(知る権利)
精神障害の本人と家族には西洋医学か漢方医学か選択の自由があり本人と家族には漢方医学について知る権利を保障すべきだと主張している。
漢方薬は十日位で効果が出て一ヶ月で一応治る。再発防止の為に六ヶ月服用する。
十日間服用して効果が出たが後戻りしたように思われる場合は続けて服用し様子を見る。
十日間服用して少しも効果を感じない場合は別の処方に変更すべきである。
長期間服用して効果が出てくると言うのは間違いで迷信と考えて差し支えないのである。
中風の精神障害、癲癇、老人性痴呆症は脳の器質的原因による疾患である。脳の器質的原因による疾患だから漢方薬が効かないと考えている人は考えを改めて頂きたい。
(健康な人の無知)
健康な人達は医療は医者に任せておけばいいと考えているようであるが精神障害は医者に任せておいたら治らないのである。西洋医学による精神障害の治療は著しく思考力の低下する副作用のある薬物を用いて単に病気を抑えるだけである。病気は治らないのである。
単に抑えるだけの治療、治らない治療を継続しているのが西洋医学で我々はこの治療法に対する防御権を保障されるべきである。もう一つの治療法である漢方医学について知る権利が保障されなければならないと確信している。
(漢方治療の費用)
漢方薬に心が動いても費用について心配する人がいる。
漢方薬局に電話もしないで心配している。そういう病気である。
健康保険が適用されるエキス剤を医師が用いれば一ヶ月5000円以内である。
煎じ薬を希望して漢方薬局で製薬して貰う場合は一ヶ月15000円程度である。
煎じ薬を用いなければならない場合もある事を考えておいて先ずエキス剤を服用する。これが普通であろう。然し中には高額な治療費を要求する医者もいるらしいので皆様は事前に健康保険の適用の有無,適用がない場合の費用について電話等で確認してから受診して頂きたい。
(私の体験)
私の経験した対人恐怖について書いておこう。
私の対人恐怖は人が沢山いる場所に行くと非常に緊張する事から始まった。
何故だろう。何故だろうと思っても何処に相談していいか分からないまま悪化した。
誰かが「御免下さい」と戸を叩くと全身に冷水を浴びせられたようになった。
女の人の前に出るとひどく赤面する。電話のベルが鳴ると心臓が踊り出す。
些細な事で全身に電流を流したように針の雨を降らされたようになるのであった。
数年間であるがひどく悪化した時は他人が自分の悪口を言っている声が聞こえた。
同じ言葉が繰り返し繰り返し聞こえた。幻聴と分かっているのに聞こえて苦しかった。
20年以上苦しんだ。この年月はいったい何だったと悔しく腹立たしく思うのである。

623 :monk ◆RPdDaVH. :01/11/18 15:35 ID:???
有難う。

624 : :01/11/19 21:53 ID:???
昨日テレ朝の番組でやってましたね。
多重人格の原因は、幼児期の性的虐待により海馬の萎縮だって。
そのために統一した自我を形成することができないそうです。
分裂病も海馬の働きと関係があるのでしょうか?

625 :ああスレちがい:01/11/19 22:09 ID:???
>624
しかしながら、多重人格が虐待に関連した激しい情動をきりはなす生き残り戦術であるという側面は否定できない。
とすればある意味積極的に海馬を萎縮させねばならなかったとも言える。
分裂君にはどうでもいいことであろうが。

626 :分裂君:01/11/20 00:10 ID:YJhIwFsE
多重人格は数万人に一人だっけ?
行き交う人々の書き込みを観察しつつ、誰彼問わず精神病を重ねるのは楽しくてたまらんのでしょうな。
それも職業柄ですかな?

627 :分裂君:01/11/20 00:24 ID:l/MeXZYy
海馬は短期記憶を司るいわばテンポラリーファイルだ。
別の人格に交代すると、その時の記憶を憶えてないのが多重人格者。
多重人格については俺は詳しくないし、まだはっきり解ってないが、分裂病と一緒にするのは止めてくれ給え。
とてもキミには言えないヨ。

628 :分裂君:01/11/20 00:39 ID:NqAN600s
多重人格者はアレだよ、アレ。
心の中で別の人格を呼べば、その人が近づいてきて人格の交代が起こる。
「私はXXです」
「俺はXXだ」
「ボクはXX」
といって口調や人相が変わる奴の事だ。
コイツは笑える。
人格が変わっても意識は1瞬たりとも消えずに相続されていく。
しかも記憶だけはまったく憶えてないという。
アハハハ!!催眠術でも掛かってんじゃないの?
バーカ。

629 ::01/11/20 01:52 ID:ONT2r6p1
分裂君は、イソジンとステロイドで、分裂病は、治ったのだから、
もう、分裂君ではない。
もう、現役分裂者の名は語れない。もと、分裂病だ。

そして、治ってしまったのだから、
お話は、終わりだ。

あるとすれば、もと、分裂病の経験を生かして、
イソジン療法を、広める商売の営業活動、
または、無償のボランティア活動、
くらいだ。

630 :分裂君:01/11/20 05:46 ID:AZn88NvS
無償のボランティア活動の手始めに、2chの分裂病患者全員を治療してみせようではないか。

          しかもたった1ヶ月で。

631 :分裂君:01/11/20 06:41 ID:fDCjIDwK
漢方薬を加え、さらに強力に更新してみました。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7575/prescription.htm

632 :分裂君:01/11/20 13:22 ID:n2CDkOn2
人類初ノーベル賞確実治療法発見記念あげ

633 :卵の名無しさん:01/11/20 21:57 ID:???
>>630
すばらしい!!(;´Д`)ハァハァ

634 :卵の名無しさん:01/11/21 22:03 ID:???
分裂君最近来ませんね。
もしかして、イソジンが効いて完治したのかな?
うらやましいです。

635 :分裂君:01/11/22 13:35 ID:pmgWSL4t
蓄膿症の漢方薬って凄い効くね。

636 :卵の名無しさん:01/11/22 21:34 ID:???
>>632
やぱーり、この薬の効果は絶大ですね。ノーベル賞間違いなし。
このスレにいた分裂君は、みんな治っちゃったみたいです。

637 :分裂君:01/11/24 12:17 ID:JAdn7UN7
このスレを1回あげると、10人の命が救われます。

638 :卵の名無しさん:01/11/24 13:12 ID:???
分裂君って大阪の知念靖雄君でしょ。ここにどなたか主治医の方が、
いらしたら止めさせて治療に専念させて下さい。

639 :分裂君:01/11/25 00:33 ID:gR6kjUy5
↑バーか

640 :分裂君:01/11/25 00:33 ID:gR6kjUy5
俺は田中だっつーの!

641 :分裂君:01/11/25 00:40 ID:gR6kjUy5
↓田中さん
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7575/meikai.JPG
自画像です。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7575/TANAKA.JPG

182 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)