2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マーシャル・ロー

1 :デンゼル・ワシントン:01/09/13 20:01 ID:BhyEK7MM
ニューヨークとワシントンのテロ事件を見て「マーシャル・ロー」
を思い出しました。デンゼル・ワシントン、アネット・ベニング、
ブルース・ウイリス主演。CIA役のアネット・ベニングが最後に
言う「アラーの許しを」というセリフに、宗教戦争の根深さを
感じさせる骨太の社会派映画でした。みなさん、是非、ご意見を。

2 :名無シネマさん:01/09/13 20:04 ID:93C2XhP6
>>1
思いっきり既出です。

この映画、最初はムチャクチャ面白かったんだけどね〜。
なんか戒厳令の意味があんましなかったような気もする。
あと、最後の真犯人との対決でガックリきた。

骨太なシナリオではあるけど、展開はイマイチとオモタ。

3 :名無シネマさん:01/09/13 20:06 ID:93C2XhP6
>宗教戦争の根深さ

コレがイマイチ表現されてなかったようにも思うよ。

4 :名無シネマさん:01/09/13 20:11 ID:IQ2pazVo
誘導。。。
米国でテロ発生、「マーシャルロー」借りろ
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi?bbs=movie&key=1000216584

5 :名無シネマさん:01/09/13 20:28 ID:93C2XhP6
>>4
そのスレ、もう腐れかけとるぞ(w

6 :デンゼル・ワシントン:01/09/13 20:36 ID:BhyEK7MM
デンゼル・ワシントンがキリスト教の言葉でアネットを見送ろうとする。
が、アネットは逝く間際で「アラーの許しを」・・・
さりげなく宗教問題をだした、背筋の凍るシーンだったよ。
アネットの逝きっぷりは、女優にとっては、たまらないものだろう。
ブルース将軍はアホづらだったが(笑)

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)