2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

監督クリント・イーストウッドについて

1 :さそり:01/09/19 17:40 ID:2r2gOcfM
1971「恐怖のメロディ」
1972「荒野のストレンジャー」
1973「愛のそよ風」
1975「アイガーサンクション」
1976「アウトロー」
1977「ガントレット」
1980「ブロンコビリー」
1982「ファイアフォックス」
1982「センチメンタルアドベンチャー」
1983「ダーティーハリー4」
1985「ペイルライダー」
1986「ハートブレイクリッジ」
1988「バード」
1990「ホワイトハンターブラックハート」
1990「ルーキー」
1992「許されざる者」
1993「パーフェクトワールド」
1995「マディソン郡の橋」
1997「目撃」
1998「真夜中のサヴァナ」
1999「トゥルークライム」
2000「スペースカウボーイ」

彼は一度も自分の映画のなかに
 A Film By Clint Eastwood と入れた事が無い。

 ただ A Malpaso Production とあるだけ。
ここに彼の映画に対する思いの深さを感じることが出来る。

 俳優、スターとしてのイーストウッドではなく、
映画監督クリント・イーストウッドについて語りたい。

2 :名無シネマさん:01/09/19 17:42 ID:f4nfI4x6
監督として素晴らしいと思ったのは、
「アイガー・サンクション」と「バード」かな。

3 :名無シネマさん:01/09/20 15:39 ID:1i/hvaFM
「ガントレット」、「トゥルークライム」、「目撃」、
「恐怖のメロデイ」、「ハートブレイクリッジ」
「ホワイトハンターブラックハート」が好きだな。 

4 :名無シネマさん:01/09/20 15:45 ID:1LBO.hjo
クリントイーストウッドは自分が年老いたらちゃんと年老いた役をやるので好き。
ちゃんと自分がわかってる。
メル・ギブソンは自分で監督した(本当か?)ブレイブハートで少年の頃から自分で演じていたのが
すごいイヤだった。
ところで「俳優クリントイーストウッド」を無視して
「監督クリントイーストウッド」の話はできないでしょ

5 :名無シネマさん:01/09/20 15:46 ID:Ga0v/jXM
ページの下の方にある加護のバナークリックしてくださーい!
http://www5d.biglobe.ne.jp/~musume/

6 :名無シネマさん:01/09/20 15:53 ID:xOxiwks.
タイトロープを彼が完全に演出していたら、物凄い傑作に
なったんじゃないかと、ふと思う。
ペイルライダーは許されざる者と対をなす傑作だと思う。

7 ::01/09/20 15:56 ID:1i/hvaFM
>4 俳優イーストウッドを無視して
   監督イーストウッドの話は出来ないでしょ

   そりゃそうだわな。

>6 タイトロープって殆どイーストウッド本人が監督
   したんじゃないの? 

8 :名無シネマさん:01/09/20 15:59 ID:nYoHYkW2
>6
禿げしく同意。
「ペイルライダー」と「許されざる者」は対をなす傑作だね。
やっぱりこの人の西部劇はひと味もふた味も違う。

9 :名無シネマさん:01/09/20 16:06 ID:pclvNIuI
>>8
俺の中では『荒野のストレンジャー』を入れた三角形なんだが。

10 :名無シネマさん:01/09/20 16:09 ID:G5CxPL1M
王道。インディーズ映画を目指す馬鹿どもは、百回以上勉強すべき。
イーストウッドを学んでくれ。気に入ったら、ドン・シーゲルも学んでくれ。

11 :名無シネマさん:01/09/20 16:11 ID:n/ggY.K6
禿げしく驚いたのは、“トゥルー・クライム”のエンディングに流れる
ジャズの作曲までやっていた事!

12 :名無シネマさん:01/09/20 16:37 ID:xOxiwks.
「バード」も撮って「スペースカウボーイ」も撮るという振幅の広さが
イーストウッドのいい所だね。

しかし西部劇とジャズ。アメリカの産んだ娯楽の王道を継承しながら、
ジョン・ウェインのスタイルには走らず、サッチモではなく、チャーリー
パーカーに心酔する。この微妙な感覚も魅力ですねぇ。

何気にジャズピアニストのモンクのドキュメント映画なんかにも資金提供
していたりする。こういう姿勢も好きだな。

13 :3:01/09/20 16:37 ID:1i/hvaFM
イーストウッドって共同体に対する思いが深い。 だから自分の名前を映画に
クレジットするのでは無く、プロダクション名を入れるのだと思う。
「アウトロー」や「ブロンコビリー」なんかはそれが良く顕れている。
  

14 :名無シネマさん:01/09/20 16:40 ID:pclvNIuI
>>11
驚くなら、「許されざる者」「マディソン郡の橋」のテーマも作ってたというところから驚いてくれ。

15 :名無シネマさん:01/09/20 16:41 ID:/J38Ck6Y
>11
ジャズマニアでレコード出してるのは有名な話だと思ったが。
「スペース・カウボーイ」も自分の曲使ってるし。

16 :名無シネマさん:01/09/20 16:42 ID:VyHcM.UI
許されざる者が大傑作であると思うが、
スペースカウボーイは目も当てられない愚作だと思うがどうだ。

17 :名無シネマさん:01/09/20 16:44 ID:/J38Ck6Y
目も当てられない愚作だとは思わない。けれど、公開時に
受けていた評価は褒めすぎだと思った。
普通の娯楽作だべ。ありゃ。(それが悪いというんじゃないけど
傑作!みたいな言われかたされてたな。)

18 :名無シネマさん:01/09/20 16:51 ID:pclvNIuI
>>16
思うに、あの人の映画は本人以外の大スターが、大スターの顔して出て来ちゃダメなんじゃないか。
「おお!あの人がこんな役で!」みたいな使い方はいいんだけどな。

19 :名無シネマさん:01/09/20 16:59 ID:jUlHph5Q
スペースカウボーイは吉本新喜劇なのです。
誰でも予想できる展開で、奇抜な演出なども一切無い。でもね・・・。

20 :名無シネマさん:01/09/20 17:02 ID:xOxiwks.
スペースカウボーイは、作った本人も出ている方も単純な娯楽作だと
思っているのに、見たほうが過大評価しすぎたのかも。

どうも「許されざる者」以降、こうした過大な褒め言葉が多くて
少々?ありますね。
許されざる者以前は過小評価で、それ以降は過大評価。
昔からのファンとしては、真っ当な評価を期待しております。

21 :名無シネマさん:01/09/20 17:09 ID:/8thmyuk
ダーティーハリーのDVDBOXでますね。
1から5まで入って9800円はうれしい。
吹き替えはもちろんあの人がいい。
でも死んじゃったんですよね。

22 :名無シネマさん:01/09/20 18:40 ID:BYnAPCWI
毎度おどろくのは、いつも物凄くシンプルな演出するのね。辺に小技きかせたりはったり
かませたりしないの。

それが凄くいいってのは、やっぱりシーゲル譲りの大事な所を的確に切り取ってくる嗅覚
なんだろうな。

23 :名無シネマさん:01/09/20 18:45 ID:xOxiwks.
初期の頃は、撮影監督だったブルース・サーディースだっけ?
との組み合わせも良かった。
変に音楽だけで煽るような事しないし、単純な構図だけど各シーンを
うまく積み重ねていく。正に「王道」なんだわね。

24 :名無シネマさん:01/09/20 18:51 ID:3Spb4MXg
 凄くセンスがいいんだよな。それに尽きるよ。

25 :名無シネマさん:01/09/20 18:58 ID:CyHVxL2c
>>20
特に批評家、映画製作者側からの過大評価は漏れもそんな気がしてた。
それまで見向きもしなかったのに「バード」でゴールデングローブ獲って
から(アカデミーはまだ冷たかったが)タイコもちが増えて「許されざる者」
では皆わっちょいわっちょい。

26 :名無シネマさん:01/09/20 20:06 ID:GvzjYI1.
「愛のそよ風」、昔地上波で見たきりだが、これだけなぜかソフト化されず。

27 :名無シネマさん:01/09/20 20:58 ID:VRl91JNI
「恐怖のメロデイ」、WBからのサントラ発売あげ

28 :名無シネマさん:01/09/20 21:34 ID:M4TetzTo
>>4 そうか?『トゥルークライム』とかでも
もう70のジジイなのに未だに女を口説いたり、逃げられたりする
中年オヤジのノリの役を演じてるけどなぁ。もう歳なことを自覚しろ!ってのが
イーストウッドの役柄には多すぎる気がする。

どうでもいいけど、トゥルークライムに出てくるイーストウッドの実の娘(孫?)
フランセスカ・フィッシャー・イーストウッドは激烈カワユイ。

29 :名無しシネマさん:01/09/20 21:44 ID:0PhY7l6I
>>26
本人、ポスターで出演。

30 :名無シネマさん:01/09/20 22:00 ID:Fqg9/3mg
>>26
「愛のそよ風」 ブリージーとかいうやつだっけ。俺も地上波で見た
きりだけどW・ホールデンとケイ・レンツのやるせないような愛のふれあいって
やつか、悪い作品じゃなかったな。機会があればまた見たいな。

31 :名無しシネマさん:01/09/20 22:14 ID:0PhY7l6I
年の差を越えた恋。良い映画でした。

32 :名無シネマさん:01/09/20 22:16 ID:TI7QTPmQ
>>28
いくつになってもそういう男はいるんだよ。
ロリコンにはわからないと思うが。

33 :クワジ:01/09/20 22:38 ID:0xIIS2f2
『許されざる者』とか痺れたな。「現代ではカウボーイなど時代遅れな敗残者でしかない」って映画。
オレ勝新が監督した『座頭市』すごい好きなんだけど、それと180°違う映画への愛情を感じた。

34 :名無シネマさん:01/09/20 22:50 ID:MPI2cuYo
黒沢清の名言。
「イーストウッドの映画のテーマはいつもひとつ。”世界で一番強いのはおれだ。”」
至言だと思われ。

35 :名無シネマさん:01/09/20 22:59 ID:oR8ej9sc
>28
ショーンコネリーしかりイーストウッドしかり
恋愛する設定にまったく違和感はないぞ。
実年齢とは関係なし。かもし出す雰囲気が違う。

ガントレット何度見てもすばらしい。
ダーティー3とピンクキャデラックは監督じゃなかったっけ?

36 :名無シネマさん:01/09/20 23:00 ID:tV64W6bI
moroQ
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hole/

37 :名無シネマさん:01/09/20 23:11 ID:TI7QTPmQ
>>34
こいつは「ホワイトハンターブラックハート」を観てるのか?

38 :休日は秋葉へGO:01/09/20 23:21 ID:1pAbdGNM
「ブロンコビリー」のDVD、11月に出るYO。
今日発売のDVD雑誌読んでいたら、載っていた。

39 :名無シネマさん:01/09/20 23:27 ID:FKqSJfcc
チャーリー・パーカーを生で見てるのをラロ・シフリンに羨ましがられたって話は痺れるな。

40 :名無シネマさん:01/09/21 00:34 ID:l3frtP5g
ここにいる誰か、きちっとイーストウッドのよさを説明してくれ。
過大評価という気がしてしょうがない。

41 :名無シネマさん:01/09/21 00:38 ID:SvlhoeqI
>>40
5人の女に7人の子供を産ませた事実だけで充分でしょう。

42 :40:01/09/21 00:41 ID:l3frtP5g
…マ、マイッタ。

43 :名無シネマさん:01/09/21 03:08 ID:ki5Q2BmU
西部劇にジャズという、いわばアメリカの王道を継承している人なのに
ジョン・ウェインの正統派スタイルを否定し、グレン・ミラーやサッチモではなく
チャーリーパーカーやセロニアス・モンクに傾倒する。

こうした微妙なセンスが大好きなんだよなぁ。映画を商業と割り切って単純娯楽作
を作ったかと思えば、ホワイトハンター・ブラックハートみたいな映画を自腹切って
つくる。こうしたバランス感覚も魅力だね。

44 :名無シネマさん:01/09/21 04:00 ID:RYABD3Ng
あのさ、12と全く同じことを繰り返し書いてくれなくていいよ。
うざいから。>43

45 :名無シネマさん:01/09/21 04:17 ID:ki5Q2BmU
>>43
スマン、単純ミスだった。スマソ、落ちます・・・

46 :名無シネマさん:01/09/21 10:07 ID:mphUZw12
>>32 しかしフランセスカ・フィッシャー・イーストウッドは
本当にイーストウッドの娘なのか疑うほど可愛らしいというのはホントだぞ。

一度トゥルークライムをじっくり観る事をお薦めする。

47 :名無シネマさん:01/09/21 16:40 ID:fTZCNoyE
>46
タイトロープに出てるアリソン・イーストウッドも激カワ。
多分小学生くらいで、炉梨にはたまらんだろう。

48 :ZEROES:01/09/21 20:03 ID:MpX8umrQ
次回作は『ミスティック・リヴァー』と『わが心臓の痛み』とどちらが先になるのだろう。
http://www.hollywood.com/celebs/detail/celeb/198453

49 :32:01/09/21 23:58 ID:NiiiI8sM
>>46
すでにじっくり見ているが「おさるさ〜ん」「きりんさ〜ん」のシーンを何度も見返すつもりはない。
(w

50 :名無シネマさん:01/09/22 04:22 ID:g7VCJKWA
>46
でもフランセス・フィッシャーにとても似ている。ってことは将来は
たいしたことないんでは。

>47
大人になったアリソンは通販雑誌に出てきそうな1、5流の無個性美人(クリント
オヤジはこういうタイプ好きだよね)になっている。

51 :名無シネマさん:01/09/22 05:05 ID:I0nrZ0eM
「True Crime」の簡潔さというか、調和というか、あの納まり具合って
評価に値すると思う。
 あのラスト、あれほど決まってるモノは無い。

52 :名無シネマさん:01/09/22 05:46 ID:.BLRFqT2
市長もやってたんだっけ?

53 :名無シネマさん:01/09/22 11:07 ID:kdhveQuM
>>51
オモチャやのおねーちゃんが、実はチャーリーズエンジェルだったりする。

54 :名無しシネマさん:01/09/22 20:55 ID:lxwV1qIc
今偶然FOXのチャリティー番組に出てました。

55 :名無しシネマさん:01/09/23 01:43 ID:jGcCVSNg
カーネギーホールライブのCDのライナーに書いてあったけど、
「キャスパー」に出演(カメオ?)してますか?

56 :名無シネマさん:01/09/23 01:59 ID:aj8lHz7g
しかし「マディソン郡の橋」に関してはみんなちょっとわだかまりがあるんじゃ
ないの。秀作ではあるけどね。

57 :名無しシネマさん:01/09/23 02:54 ID:FoHqdh2I
「亡き妻の肖像」ってビデオ化されてる?

58 :名無シネマさん:01/09/23 03:49 ID:jBohDv7I
>52
カーメル市だっけ?確か「恐怖のメロディ」のロケをした場所だった気もする。

マディソン郡の橋は、本は?だったが、映画は面白かった
いつも通りの押さえ気味の演出で。
ただあれを当初の予定通り、スピルバーグが監督していたら、
永遠に観なかったとも思うが・・・。

59 :名無シネマさん:01/09/23 05:08 ID:ngrqCd2E
許されざる者はそんなに面白いのかね?

60 :名無シネマさん:01/09/23 06:44 ID:5m6IND0M
今「スペースカウボーイ」見たよ。中盤は「アルマゲドン」より盛り上がりに欠けるけどやっぱラストシーンに尽きるネ。

61 :名無シネマさん:01/09/23 07:18 ID:i2GJ1kng
>57
「亡き妻の肖像」ってソンドラ・ロック主演のテレビ用の短編のことでしょ
それならビデオで見ました。 ビデオになってますよ

62 :名無しシネマさん:01/09/24 04:20 ID:Rfsot9sI
>>61
日本で?

63 :名無シネマさん:01/09/24 09:56 ID:myK7MGqs
>「亡き妻の肖像」
『アメージングストーリー』だっけ?
「金ロー」でやったとき録画した。

64 :ZEROES:01/09/24 10:49 ID:aD4SVkEg
新宿のツタヤでイーストウッドのサントラ集を買ってきた。
『ローハイド』『続・夕陽のガンマン』『ダーティハリー(台詞入り)』に加えて、
『ペイルライダー』『アウトロー』のテーマ曲。
『トゥルー・クライム』、『目撃』、『マディソン郡の橋』、『パーフェクト・ワールド』、『許されざる者』から自作曲。
日本未公開の伝記映画から、レニー・ニーハウスのスコアなどを収録。

65 :名無シネマさん:01/09/24 11:14 ID:CHSDu9N2
「亡き妻の肖像」は「世にも不思議なアメージング・ストーリー」シリーズとして
日本でもビデオ化されています。残念ながら何巻かは失念。
このシリーズ、スコセッシが演出した回もありました

66 :名無シネマさん:01/09/24 11:17 ID:sBL9kBbk
>>34
黒沢清って馬鹿だな…
まあ、軽口を名言だと思っている奴よりはましだが。

1971「恐怖のメロディ」
1982「センチメンタルアドベンチャー」

見てたらそんな発言まじめにするはずないんだが…

67 :名無シネマさん:01/09/24 11:18 ID:sBL9kBbk
あれ? >>1から1971「白い肌の異常な夜」抜けてるね。

68 :名無シネマさん:01/09/24 11:22 ID:EVoCTFz2
あれはドン・シーゲル監督なの。

69 :名無シネマさん:01/09/24 13:33 ID:N/yw1W.o
>>55
「キャスパー」ではビル・プルマンが鏡の自分が一瞬イーストウッドに見えるというシーンだった。

70 :名無シネマさん:01/09/24 17:06 ID:XSKM1wsc
「恐怖のメロディ」(71)からイーストウッドの演出はイイ!って言ってたのに、
「許されざる者」(92)で、やっと認めた。何今さらって感じ。プンプン!
21年も分かんなかったのね、馬鹿者が!

イーストウッドの演出はね、始めから「サラッと武骨な娯楽作」なの!
ズーっと変わってないのよ! 頑固だからね。
「許されざる者」から良くなったわけじゃないの!
もちろん「スペースカウボーイ」も「サラッと武骨な娯楽作」なの。
特別なもんじゃないわ。

いつになったら、イーストウッドを正当に評価すんのかしら!日和者が!

71 :名無シネマさん:01/09/24 17:45 ID:2l54sZIY
>>70
いや、このスレの皆さんはわかってるから、今更そんな声高に叫んでも…

72 :名無シネマさん:01/09/24 19:06 ID:0MRzKEDs
フランセスカ・フィッシャー・イーストウッドの画像きぼーん

73 :名無シネマさん:01/09/25 04:48 ID:BxZMLq/Y
イーストウッドには多分にマゾ的な要素があるのかな?
一連の作品を見ているとなんとなくそんな感じがする。
マゾ度が高ければ高いほど、面白さも増すような気もしたり。

黒沢清みたいにイーストウッド映画のテーマを一つ上げるなら
「人間とは、なんとも悲しい位に弱い生き物だ」なんて思ったりする。

74 :名無シネマさん:01/09/25 10:29 ID:hvFsaII2
原作ファンからすると、ハリウッド映画化されるときはいつも不安だが、
この人なら、安心。
その作品のおもしろさのコアを読み違えてることは無いし、
見せ方は心得てるし。

75 :名無シネマさん:01/09/25 10:32 ID:r53I3zlg
>74
何を言っている。「真夜中のサヴァナ」は駄目駄目だったぞ。

76 :名無シネマさん:01/09/25 10:48 ID:rJgyT6Zs
でもスペースカウボーイは彼の中でも見事に駄作だと思われ。

77 :とだ:01/09/25 10:49 ID:9lzDWjkc
>>1

イーストウッド ヲタか?
悪いけど俺はアンチなんで、メタクソ書かせてもらうぜ。
あのジジィ何を勘違いしてんだが、つまんねぇんだよ。
マターリした映画べぇ作りやがって、何が「許されざる者」だ。
てめぇがまず許されろよ!
昔とってきねづかって言葉を教えてやりてぇぜったくよ。
もうただのクソジジィなんだから大人しく隠居して、老後の心配でもしてろってんだよ。

78 :名無シネマさん:01/09/25 10:54 ID:xlTrP91c
↑全然メタクソじゃないじゃん。

79 :名無シネマさん:01/09/25 11:21 ID:h2PAg7gA
>昔とってきねづかって

先生!意味が分かりません!

80 :名無シネマさん:01/09/25 11:28 ID:38YIy6uc
>76
駄作じゃないよ。普通にまあ面白いけど、一日経ったら
見たこと忘れてるレベルの映画。
そゆのもあっていいんだよ。映画だから。ただ、批評家たちの
あの激賞ぶりが変だっただけ。

81 :名無シネマさん:01/09/25 12:18 ID:ujJ42woU
自分の中ではダーティファイターシリーズはちょっと厳しい。
関係ないけどダーティハンターもう一度みたいな。

82 :名無シネマさん:01/09/25 12:33 ID:2wnBkBLk
>>80
煽る訳じゃないんだが、
この映画の突飛で壮大なストーリーには、
この人の脱力した演出の悪い面ばかりが
強調されて映り、見るに耐えなかった。
いや、勿論好きだぜ、もはや寅さん的とも言える、
引退して森の奥ふかくに住むイーストウッド→
政府筋に厄介な仕事を頼まれる→
一度は断わる→
だが気になって調べたところ…→
やったるでえ!
という展開は。
でもラストも含めて、なんかてすさびって気がしてしょうがないんだ、
これ。
これこれこれだけの素材を繋げたから面白いだろう?みたいな。
もっと頭つかってくれ、って感じしなかったか?
まだトルゥークライムの方がましだったなあ。

83 :名無シネマさん:01/09/25 12:49 ID:38YIy6uc
>82
うん、突っ込みの要素は沢山あったよ。ちょっとジョーク
滑ってませんか〜、とか、じーさん達のハッスルを分からせる為に
無理やり恋愛要素からませなくてもいいんじゃないすか〜、とかさ。

ま、でも、イーストウッドだからっていつもいつもひねりが
効いたりしてる必要はないわけだしさ、「マジソン郡の橋」や
「パーフェクト・ワールド」みたいなベタなのだって彼の一路線だからさ。

「スペース・カウボーイ」の最後、駄目?テーマソングも洒落てた
じゃん。駄目?

84 :82:01/09/25 13:06 ID:84WHzYB2
いや、アイデアは素晴らしいと思うよ。あの曲もジャズ好きらしくて好きだ。
ただ、個人的にやはり「これでいいだろ」とやっつけてる感が否めん。
大体トミー・リーが月に逝っちゃうのも異常に場当たり的だったしなあ…。
パーフェクト・ワールドは脱力してて大好きなんだが。

85 :名無シネマさん:01/09/25 18:33 ID:2DkOvNDY
イーストウッドって70〜80年代はほとんど自分のフィールドだけで作品を撮っ
てた感じだけど、90年代以降は大物役者を使ったり、他者のプロダクションで
監督&出演したりしてるんですね。
還暦過ぎて人間が円くなったのかな?

86 :名無シネマさん:01/09/26 16:08 ID:4K.hbnhg
90年代はUnforgivenが当たったから周りが放って置いてくれなかったんだろ。
自分からは志願せず、周囲から自分の領域に来るように仕向ける。
ここら辺が如何にもイーストウッド。

87 :反転石@さちたん:01/09/26 16:25 ID:5AjEXwvY
黒沢明のイーストウッド評は変ですね。それをいうならジョン・ウエインでしょう。
イーストウッドは強いアメリカの男とは対極にある影のある人間を描いているような気がします。
しかもユーモアセンスが抜群だから過度に感傷的にならずにいいところに落ち着いている。
白川道の小説のようなナルシズム臭がない。後味いい作品が多いもんね。
ところで「真夜中のサバナ」は大好きなんですが、あれはだめなんですか?
ついでに「マディソン郡の橋」もけっこう感動したんですが、恋愛にうるさいタイプの人には
評判悪いようですがなんでですか?

88 :名無シネマさん:01/09/26 19:07 ID:JhcqYMgk
ぼくも「サバナ」好き〜
原作の圧縮もうまくこなしてたと思いますが

89 :天使が鰤獲る:01/09/26 20:08 ID:6/kT69H6
とりあえずイーストウッド監督作を評価してみる。
あくまでオレ的にだが・・・

「恐怖のメロディ」★★★★(音楽がいい)
「荒野のストレンジャー」★★★★★★(何回見ても飽きない、最高傑作)
「愛のそよ風」★★★★(テレビで見てはまった)
「アイガーサンクション」★★★★★(かっこいい)
「アウトロー」★★★(ひげ面で減点)
「ガントレット」★★★★★(正直、見飽きてはいる)
「ブロンコビリー」★★★(久し振りに見たら面白いかも)
「ファイアフォックス」★★★★★(サスペンス満点)
「センチメンタルアドベンチャー」★★★★★(泣いた)
「ダーティーハリー4」★★★★(タイトルバックかっこいい)
「ペイルライダー」★★★(映画全体が蒼ざめて減点)
「ハートブレイクリッジ」★★★★★(泣いた)
「バード」★(フォレスト・ウィティカーは笑福亭鶴瓶だ)
「ホワイトハンターブラックハート」★★★(音楽いい)
「ルーキー」★★★★★(燃えた)
「許されざる者」★★★★★(かっこいい)
「パーフェクトワールド」★★★★★(イイ!)
「マディソン郡の橋」★★(巨大な疑問符だ)
「目撃」★★★(地味すぎて減点)
「真夜中のサヴァナ」★★(どんな話かも思い出せない)
「トゥルークライム」★★★★(地味さに慣れてきた)
「スペースカウボーイ」★★★(ライトスタッフには勝てない)

90 :名無シネマさん:01/09/26 20:11 ID:tQ6lhc9M
あんた★好きやな〜

91 :名無シネマさん:01/09/27 00:20 ID:J686pdfI

イーストウッドの偉大さは、自分の作りたい映画を自分のプロダクションで管理して作っていることに尽きる。誰に何を言われても(ポーリン・ケリーなど)、自分の映画作りを貫き通している事を一番評価すべきでは無いのか?
ドン・シーゲルとセルジオ・レオーネと言う映画界では主流で無いが、面白い映画を作らせたらこの人と言える才人の影響を色濃く受けた映画作りをしていることが、イーストウッド映画の最大の魅力だと思う。

92 :名無シネマさん:01/09/27 01:35 ID:pmXi0lBc
思うに「許されざる者」は過大評価だと思われ。
作品賞を獲るような作品じゃないよ。

93 :名無シネマさん:01/09/27 01:37 ID:c1whXL6M
>>92
一部同意。
アカデミー作品賞みたいな糞賞はいらん。

94 :名無シネマさん:01/09/27 02:19 ID:jKa99RvY
世俗的な成功を世間が認知するための儀式みたいなもんだと思われ

良識派アメリカ小市民としては、「恐怖のメロディ」や「ガントレット」みたいな
気違い映画に賞やるわけにもいかないし…

しかし、何度も女をブン殴るね。> くりんと

95 :名無シネマさん:01/09/27 18:06 ID:./sMlgrc
>94 女なんか信用できない というのがクリントの持論。
 >92、93「許されざる者」はアカデミーなんか獲るべきではない作品。
 90年代のオスカー受賞作品の中では浮いてるな。
 「羊沈」と「許され」くらいだな、傑作だと思うのは。
 
 

96 :名無シネマさん:01/09/27 18:16 ID:qyA/FRro
>>93
「許され」は、イーストウッド自身、
アカデミーよりもヨーロッパで高い評価を受けたのを喜んでいたね。

97 :名無シネマさん:01/09/27 21:07 ID:G5U2Xt/6
よいしょ

98 :91:01/09/28 00:28 ID:Wv4yqooA
オスカーは余計だったかも知れないが、『許されざる者』は傑作であり、イーストウッドだから描けた映画である!
ケビン・コスナーも脚本を欲しがったらしいが、彼が撮っていたなら4時間以上の映画になっていたに違いない。
今のアメリカ映画界で、誰があの映画をあれ以上優れた優れた西部劇として撮れたと言うのだ?

99 :名無シネマさん:01/09/28 05:29 ID:jE8FlY5k
>>94
逆に女に虐げられたり殴られたりする事も多かったりする。

恐怖のメロディがその嚆矢。他にも監督作品じゃないけど
白い肌の異常な夜やタイトロープなど・・・

100 :名無シネマさん:01/09/28 09:00 ID:ITysCHK2
俺も、「許されざる者」はあまり好きでない。
引退した男が、あれだけ超人的に技術が衰えていないというのはどうもね。
腕は多少落ちたが、その分知恵を使って戦うというのなら納得できたんだけど。

101 :名無シネマさん:01/09/28 12:21 ID:6nr1INy6
>>100
冒頭でイーストウッドの腕は落ちまくってる。
何故なら老いたし、禁酒しているから。
で、最後に保安官に辱めを受けた屈辱と、
相棒を殺された怒りとが、彼に一気に酒を呷らせる。
酒がはいるとそれまで作品に漂っていた暴力否定の風潮は何処へやら、
悪魔の如き形相で、町じゅうの人間を、善悪問わずぶち殺す!!

…寓話だし、一応それなりの説明はしてあると思うんだけどね。
不条理の魅力かな。
どっかの元学長に言われるまでもなく、大傑作だと思いますよ。

102 :名無シネマさん:01/09/28 12:36 ID:DLsUNQbY
はぁ〜、怒りから酒を飲んだら昔の腕が戻ったと。
不条理は分かってらっしゃるのに、なぜに大傑作?
良いんですよ、はじめから不条理をメインテーマにした映画なら。
そういう所がいいのかなぁ、アメリカ人には。

103 :ZEROES:01/09/28 12:45 ID:iyqtQccc
一応、拳銃だと当たらないので、ライフルに切り替える、という設定ではある。

104 :名無シネマさん:01/09/28 12:47 ID:xtKAebuQ
>>102
おいおい、一応この映画見たんだろう?
昔は酒ばかり飲んでたから殺戮に罪悪感がなかった、
とちゃんと台詞で言ってるよ。

アメリカ人がどう見たかは知らんが、
要はこの映画の不条理(メインテーマじゃないだろうが)をどう受けとめるかの違いじゃないの?
シュワちゃんの映画に不条理はないからね。

105 :名無シネマさん:01/09/28 13:14 ID:DLsUNQbY
あの男の殺戮への引き金に共感できるか?というところですか。
でも、やりすぎのような気がしたけど。
結局その手で、元の生活に戻るんでしょ。
不条理というより理不尽だよ。

106 :マニー:01/09/28 13:15 ID:ETHGZC0E
この映画のテーマは
「善の中にも悪があり、悪の中にも善がある。それは紙一重。」
だと認識してた。

107 :名無シネマさん:01/09/28 13:39 ID:TNDTLu3M
>>105
そういう言いがかりは、アラブ人殺しまった挙句、平和な家庭生活に戻るシュワちゃんに
文句言ってからにしてくれ。

108 :名無シネマさん:01/09/28 13:41 ID:TNDTLu3M
訂正

殺しまった、→殺しまくった。

109 :名無シネマさん:01/09/29 00:46 ID:7OFEC09g
>>102
理詰めのストーリーを持つ映画だけが面白い人なのか??

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)