2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

▼イタリア映画大回顧▼

1 :名無シネマさん:01/09/22 11:51 ID:ulNILRSE
前売り券を購入する予定なのですが、お薦めの作品がありましたら教
えて頂きたし。
http://www.2001italia.com/category/spettacolo/06_004.htm

2 :名無シネマさん:01/09/22 11:55 ID:lJDCvPjI
山猫はいいですよ。

3 :1:01/09/22 12:10 ID:ulNILRSE
>>2
早速のレス、ありがとうございます。
『山猫』はビデオで観ました。イタリア統一戦争という時代設定が上手く
生かされていたような。私は『ヴェニスに死す』が凄く好きで。
といって、ヴィスコンティの作品さえ全部を観ていない、弱輩者ですが。

4 :2:01/09/22 12:25 ID:lJDCvPjI
ビスコンティがお好きなら「ベリッシマ」も是非。人情喜劇ですが
アンナ・マニャーニのエネルギッシュなお母ちゃんがチャーミングで素敵です。

5 :べるもんど:01/09/22 12:31 ID:x/RVqRVQ
81/2

6 :1:01/09/22 21:49 ID:Tz/4WB3U
>>4
『ベリッシマ』はまだ観ていません。有力候補にさせて貰います。
>>5
『8 1/2』は今回のプログラムの中には入っていません。ビデオで観ましたが私には
難しかったです。フェリーニは『アマルコルド』が好きです。
今回はサイレント映画が8本あるらしく、それも気になるところです。
ロッセリーニ、フェリーニ、ヴィスコンティ、アントニオーニなどのネオ・リアリズモ
の作品が一番面白そうですが、それ以前(30年代、40年代)やそれ以後(70年代〜)の
作品で良いものを見つけたいとも思っています。
時間的にも金銭的にも、第1期第2期にそれぞれ5回分の前売り券を購入する(計10回分)
のが精一杯ですが。

7 :20:01/09/22 21:54 ID:tGLuCKqM
神の道化師、フランチェスコ
・・・傑作。

8 :名無シネマさん:01/09/22 22:07 ID:FRu//KPg
ジュゼッペ・デ・サンチェスだったかな?
「苦い米」はいかがでしょう。
イタリアにも田植えがあることをこの映画で初めて知りました。

9 :名無シネマさん:01/09/22 22:15 ID:NCw5gN2U
アントニオーニの未公開作をやるのはいいのお。
情事もやるしな。
アントニオーニの映画はビデオで見ると眠くなるので
やはりスクリーンで堪能せんと。

10 :名無シネマさん:01/09/22 22:51 ID:LWaX90bc
東京都写真美術館でもフェリーニやるね。
10月6日から11月4日まで。
「青春群像」「カビリアの夜」「甘い生活」
甘い生活は見にいこっと。

11 :1:01/09/23 12:38 ID:CFuBBFz6
>>8
そういえば、宣伝チラシに、武田泰淳の≪戦後イタリア映画の、生き生きとした群
衆描写が私は大好きだ。…「苦い米」で働いたり踊ったりする出稼ぎの農婦たち…≫
という文が載っていました。作品紹介に「犯罪に巻き込まれる女性季節労働者…」と
書いてあるのですが、ミステリーの要素も入っているのでしょうか。
>>9
アントニオーニの『欲望』をビデオで観ました。ストーリーが面白くて、眠くなる
ことはなかったですね。昨日『砂丘』を借りてきました。
ビデオではなかなか観られない(ビデオ屋にはあまり置いていない)作品をチェッ
クしたいとも思うのですが、スクリーンで観てこそという作品を重視しようと思います。
と云っても、私の場合、知識等のストックも無いので、どれを観ても楽しめるでしょうが。
>>10
こっちではF・フェリーニは『崖』しか入ってないですね。『青春群像』はビデオで
観ました。たしか出てきたのは30歳近い男たちだったのに、「青春」とか「若者」
とかいう言葉が使われているのは喜ばしい事です。

12 :名無シネマさん:01/09/24 00:00 ID:d7IDddBc
>11
たしかに「犯罪に巻き込まれる」というか、女が悪い男に振り回されるような話でしたが、
ミステリーというより、はじめはからっとして、だんだん重苦しくなる愛憎劇という感じでしょうか。
ラストは主人公の女性が投身自殺してしまう悲劇なんですがね。
私の記憶では、ラストシーンは、投身自殺した人のお墓(だったかな?)に同じ季節労働者(田植えの女)
達が米を一握りづつ供えて去っていく。そんなシーンでした。

13 :まりおばーば:01/09/24 00:35 ID:yj3lramw
やっぱり最大の見どころは「続・夕陽のガンマン」と「血塗られた墓標」でしょう。

14 :名無シネマさん:01/09/24 01:24 ID:1N2ofU9s
人気映画でも、前売り券なしで当日押しかけても見れます?

15 :1:01/09/24 07:36 ID:hrz.XE4.
>>13
マカロニ・ウェスタンにホラーですか。イタリア映画にもこういうジャンルの
作品があるというのは当たり前なのでしょうが、私には意外でした。『血塗られた
墓標』は面白そうです。
>>14
私は5月にあったイタリア映画祭に行きましたが、その時は当日券でも全く問題無く
入れてましたね。というか、空席が目立ってました。
でも、今回とは客層とかが異なるのでしょうか。5月のゴールデンウィークの真っ只中
でしたし。
全部で何席あるのか分からないのですが、前売券が売り切れた場合は当日券はないと
いうことです。前売券の販売状況は、
http://www.asahi.com/event/italia/cineteca/index.html
このページのインフォメーション→チケットについて→前売券の販売状況、を見ると
と分かるらしいです。

16 :1:01/09/24 07:40 ID:hrz.XE4.
1で貼ったURLよりも、15で貼ったURLのほうが便利だったみたいです。

17 :大阪で生まれた男:01/09/24 11:14 ID:BIVjAOIo
「ベリッシマ」最高です。現代の病む母親には是非とも観てもらいたい
作品です。後ヴィスコンティでは「若者のすべて」もお勧めしたい。
アンナ・マニャーニ関係ではロベルト・ロッセリーニ監督の「アモーレ」が
秀逸、それとやはり「無防備都市」ですね、皆さん古き良き映画をどんどん
観ましょう

18 :大阪で生まれた男:01/09/24 12:26 ID:zRWWFpFo
 私が今まで観たイタリア映画で是非ともお勧めしたい作品は

ルキノ・ヴィスコンティ監督
「揺れる大地」「ベリッシマ」「夏の嵐」「若者のすべて」「白夜」「郵便配達
は二度ベルを鳴らす」
ヴィットリオ・デ・シーカ監督
「靴みがき」「自転車泥棒」「終着駅」「屋根」「ミラノの奇蹟」
「昨日・今日・明日」「ひまわり」
ロベルト・ロッセリーニ監督
「無防備都市」「戦火のかなた」「ドイツ零年」「アモーレ」「ロベレ将軍」
ピエトロ・ジェルミ監督
「越境者」「鉄道員」「わらの男」「刑事」
ミケランジェロ・アントニオーニ
「さすらい」「情事」「太陽はひとりぼっち」
フェデリコ・フェリーニ
「青春群像」「道」「崖」「カビリアの夜」「甘い生活」
ルイジ・コメンチーニ
「パンと恋と夢」「ブーベの恋人」
ヴァレリオ・ズルリーニ
「激しい季節」「家族日誌」「鞄を持った女」
レナート・カステラーニ
「2ペンスの希望」「ロミオとジュリエット」
リリアーナ・カヴァーニ
「愛の嵐」
ジュゼッペ・デ・サンチョス
「にがい米」
エルマンノ・オルミ
「木靴の樹」
ルイジ・サンバ
「平和の生きる」
ETC、拙い解説や粗筋が出来ますので、ご希望があればどうぞ
 古い映画ばかりですが、他のヨーロッパ作品、アメリカ作品もお勧め映画が
多数あります。

19 :名無シネマさん:01/09/24 12:54 ID:yoE2cnxg
「続・夕陽のガンマン」なんか、イタリア語吹き替えでみたいなぁ。
エリオ・ペトリの「労働者階級は天国へ入る」が有るのはビンゴ!
カンヌでグランプリを獲って、日本未公開だったんだよね・・。
やっと見れるよ。

20 :名無シネマさん:01/09/24 15:32 ID:cC9c0HuQ
『最後の晩餐』入らないの?

21 :名無シネマさん:01/09/24 15:38 ID:6p6oz0cc
これどうやって選べば良いんだよ・・・できることなら全部見てー!!!!

22 :大阪で生まれた男:01/09/24 18:43 ID:YNClZlMI
>21
 御免なさい、一度に書き過ぎました。思い入れが強くてこの映画を入れて
この映画は外せないとか全くのマスタベーションで
 先ず1監督1作品で
「若者のすべて」(1960 伊 ルキノ・ヴィスコンティ)
この映画は南部より北部への家族移民の物語です。主演は往年の仏大スターの
アランドロン、共演はアニー・ジラルド、レナート・サルバトーリ、クラウディア
カルディナーレ
「道」(1954 伊 フェデリコ・フェリーニ)
ご存知の薄幸の女ジェルソミーナと粗暴な男ザンパノの物語、主演はフェリーニ
の奥さんのジュリエッタ・マッシーナ、ザンパノには最近亡くなったアンソニー・
クイン、この映画は若い人には是非とも観てもらいたい作品です。
「戦火のかなた」(1946 伊 ロベルト・ロッセリーニ)
全6篇からなるオムニバス映画で、あらゆる角度から戦争というものを映像で
表現する傑作と思います。
「ミラノの奇蹟」(1951 伊 ヴィットリオ・デ・シーカ)
原作は数々のデ・シーカ映画の脚本を手がけているチェザーレ・サバティーニの
「善人トト」、キャベツ畑に捨てられた赤ん坊トトの物語、何とも言えない味わい
のある「自転車泥棒」に勝るとも劣らない作品です。
「鉄道員」(1956 伊 ルキノ・ヴィスコンティ)
監督のピエトロ・ジェルミが主演する、当時のイタリアの日常生活をきめ細かく
綴ったホームドラマの秀作、長女役のシルヴァ・コシナは後年お色気女優となるが
この映画からは想像も出来ない

23 :エコ:01/09/24 20:34 ID:HHgn1YWs
>>19
おお、なんと・・・エリオ・ペトリ作品の上映は日本では、
もう無理なんだろうと諦めてたのに・・・・嬉しすぎます。

24 :1:01/09/25 11:23 ID:zpTadIOk
15で書いている事が我ながら意味不明でした。
マカロニ・ウェスタンってそもそもイタリアの西部劇(まがいの)映画の事です
よね。恥恥恥。
『苦い米』『神の道化師、フランチェスコ』『ミラノの奇蹟』にあと二つ加えて、
今日、ハガキを出す予定です。
『ベリッシマ』は日時の都合が合わず。ビデオで我慢します。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)