2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「異人たちとの夏」の最後の名取のシーンについて

1 :秀二:01/09/24 05:46 ID:d/nPA/.c
タイトル長くてすみません。
このシーンについての
皆さんの意見を聞かせてください!

2 :名無シネマさん:01/09/24 05:48 ID:ZdXuDhGg
覚えてないヨ。
でも、邦画の中ではいいよね。
唯一鶴足ろうも嫌いじゃない一本です。

3 :名無シネマさん:01/09/24 05:49 ID:Msc.tb.c
どんなシーンだったっけ?
すき焼き食べて、お別れして・・・

4 :秀二:01/09/24 05:54 ID:d/nPA/.c
>>2
どうも!
>>3
名取裕子が自分の胸を裂くシーン
です。当時、物議をかもした。

5 : :01/09/24 07:18 ID:kWfhJyFI
ああ、岡本綾子がホールイン打ったあのシーンね。
すごかったよ。

6 :名無シネマさん:01/09/24 07:29 ID:Msc.tb.c
あー、なんとなく思い出した。
でも、ほんとになんとなく。
いつまでも夢うつつの風間杜夫に対して「現実を見ろ!」みたいな意味で裂くんだっけ?
浮気されたと勘違いして、だっけ?
明け方(深夜?)の青っぽい光の中でだったよね。
ビデオかりてこようかな。

7 :ささ:01/09/24 17:48 ID:zREYHIg.
名取裕子の演技良い。

8 :名無シネマさん :01/09/24 19:07 ID:NQZvLsnw
あの後半のオカルトショーだけ違和感が有ったのを当時劇場で観て思いました。

9 :名無シネマさん:01/09/24 19:59 ID:LosBgkfY
今まで愛していた女が実は幽霊だったという
ショッキングなシーンだったと思うけど、
「本当はあの晩死んでたのよ」とか台詞で言っても
あんまりショックじゃないし実感湧かないからかな。

10 :名無シネマさん:01/09/24 20:14 ID:OvkymYmI
あの甘くないアイスクリーム食べてみたいよ〜

11 :なまえをいれてください:01/09/25 00:26 ID:/BzMyHkw
そもそも名取とのエピソードがあの異常な体験の入口なんだから、
もっと巧く展開出来るはずなんだよね。
それが出来なかったのは、大林の限界? そこんとこ、どうよ。

12 : :01/09/25 00:34 ID:q9eC8VC.
いや、原作の限界ともいえる。
あの小説、ちょっと苦しかったね。
映画化されて、よかった希有な例ですよ。
大林、よくやったと言って上げたい。

13 :名無シネマさん:01/09/25 00:39 ID:1Cz8gL9E
あれって、脚本には無くって、大林が勝手にくっつけたんだよねぇ。
正直、いらんことをしたと思う。
あれさえ無かったら、邦画史上に残る名作にもなったのに。
でも、涙が乾くには丁度イイから、そういう意味なら〇。

14 :幻の新橋駅:01/09/25 01:42 ID:eYufT1QU
あの場面は、原作の方がよっぽど怖い。非日常的な静けさに満ちている。
わざわざ雷雨の夜にしちゃうってところが大林監督の限界でしょう。

お彼岸っぽいスレですな。
ちなみに私は繰り返し見ているが、今半のシーンで必ず泣いてしまう。

15 :名無シネマさん:01/09/25 01:52 ID:y7M3eKI.
当時、どの批評読んでも、そのシーンがなければよかったのに。と書いてあったのを思い出した。

16 :14:01/09/25 02:20 ID:eYufT1QU
あとさー、もうひとつだけ言っていい?
すき焼き屋から出てきた時の風間杜夫のやつれ方って、どう見てもギャグだよね。
おまえはジム・キャリーのMASKかってーの(笑)
もうちょっと何とかならなかったものか。

17 :1:01/09/25 08:19 ID:kiSW15xM
皆さん、ありがとうございます。
ちなみに、私もあのシーンはないほうが
よかったと思っています。

18 :名無シネマさん:01/09/25 12:02 ID:bjcMzp7w
あのラスト部分はホント違和感があるよね。
あれを入れるにしても、もうちょっとやり方が無かったのかなぁ。
残念だなぁ。

19 :名無シネマさん:01/09/25 12:24 ID:CYKWj04Y
「愛してるよ〜」
「アマイいことを−!!」(だっけ?)
それまでせっかく感涙にムセんでたのに萎え〜。

20 :名無シネマさん:01/09/26 16:03 ID:wwf4joJM
両親に「ありがとうございました」というシーンが泣ける。

21 ::01/09/26 19:38 ID:nbrs7TSg


22 :名無シネマさん:01/09/27 03:54 ID:kuBJWV6A
すきやきのシーンはよかった・・。

23 :名無シネマさん:01/09/27 04:41 ID:KQUhBcgk
風間杜夫の老けたメイクが、たまらなく下手でした。
大げさもすぎるとコメディです。

24 :14:01/09/27 13:37 ID:XjWU97m6
>>23
あれは普通、役者の演技とか画面の作り方で表現すべき事柄。
風間の顔を塗りたくって「ホラ、これでどうだっ!」ってのは、
風間の演技力も自分の映画作りの腕も信用してないってことじゃ
ないのかな。

25 :gt:01/09/27 15:49 ID:Lm7NCFrY
別のスレで誰かが書いていたけど、大林ってなんでラストに余計なものを付けたがるんだろう。
一番びっくりしたのは、大林作詞の歌を本人が出てきて歌ったこと。

26 :あいこ:01/09/27 15:51 ID:tWcA356k
スペースバンパイアにならんでもエエのにね(苦笑)
あのシーンが無ければ名作やのに。

27 :ymjgggfx:01/09/27 19:51 ID:2ZFvgFTM
bfdfdj

28 :名無シネマさん:01/09/27 19:56 ID:Yn0HdQZk
>>22
箸が泣けるのよ〜!あの、箸袋が!!

29 :14:01/09/28 00:04 ID:SrYwJCaA
>>25
『ふたり』のことね。あれも良い映画なんだが、ラストの歌だけはちょっと……。
ビデオで見る時はエンドクレジットが始まる前に速攻で停止ボタンを押します。

30 :d:01/09/28 18:59 ID:Ppy6Mehs
d

31 :名無シネマさん:01/09/28 19:10 ID:cPuqBtBU
なんか海外の映画祭で上映された時に、向こうの評論家が
好意的勘違いをやらかしてくれたらしい。

溝口の『雨月物語』へのオマージュだと思ったんだと。
雨月物語へのオマージュなのは理解するが、バランスを崩
している・・・っていう評価ね。

32 :名無シネマさん:01/09/28 19:49 ID:8dkwUcJE
当時は幽霊モノがはやってたね

33 :名無シネマさん:01/09/28 21:33 ID:xMPRcJ/c
僕は「あのラストシーンがあっても名作だ」と思ってます。
何度も見て、「なんであんなラストなんだろう」って、いろいろ考えて出した僕なりの一応の結論は、次の二つです。
その1「観客が脱出できないくらい魅力あるファンタジーだから、一応の幕引きとしてああしちゃった」
その2「ケイの悪意を描かないと、主人公のやつれが両親のせいになってしまうから、ああしちゃった」
無理気味だとは思うけど、こんな感じで自分を納得させてます。
でも、このスレ発見して嬉しかったです。

34 :名無しネマさん:01/09/28 22:02 ID:IaeH/Cgc
>>13
昔、大林監督がTVでインタビューに答え、あのラスト(というよりも
名取裕子扮するヒロインに扱い)は、スポンサーからの圧力に屈した
為にああなった、と弁明していたのを憶えています。
曰く、「『お父さん、お母さん、ありがとう』と言うメッセージを
送りたくてあの映画を企画した。しかし、スポンサー側から『それでは
観客を呼び込むインパクトが弱い、オカルトと女優の裸を入れろ』と
強硬に要求された。」と・・・

35 :名無シネマさん:01/09/28 22:10 ID:xMPRcJ/c
なんや、そうやったんか、しょうもな。いかにもありそうな話や。
でも、ものはしらんとあかんな。ええはなし教えてくれてありがと。

36 :名無シネマさん:01/09/28 22:16 ID:2XZAlJ/2
>>22
>>28
同感。すき焼き屋の仲居さん(だれだっけ?)もすごくいい。
「異人」を見たのは小学生の時、金曜ロードショーでOAされたやつを見たんだと思う。
生きていく中でのしがらみとか、ケイのような存在を求めてしまう男心とか、
亡き両親への切ない慕情とか、そんなの全然わからなかったはずなんですが、
大人になっても思いがけず心が震えることってきっとあるんだろうなと
子供心にひっそりと涙を流したのを思い出しました。

ケイのラストは確かにタッチが違うけど、上手く言葉にできないのですが、
個人的には「血を浴びる」という所に愛着のようなものを感じているんです。
「だからそれはホラーじゃん」ということではなくて、
そこに(風間とケイの)悲痛な飢餓感が爆発しているような気がしてならないというか。

>>32
幽霊ものというか、ちょっと黒っぽい、妖しいドラマって、確かにあった。
同じくらいの時期に、「妖女の時代」とかいう映画があったよーな……。

37 :36:01/09/28 22:19 ID:2XZAlJ/2
>>34
あ、まじですか? なんだー。でも好きだけどね。

38 :幻の新橋駅:01/09/29 00:20 ID:7lpPC99Y
>>34
いろいろ苦労してるんだね、大林監督も。
だが、どういう経緯があろうと、一人の観客である私は
最終的に出来上がった作品だけしか評価しないんだな。

39 :萎えシーン愛好者:01/09/29 00:40 ID:7OFEC09g
>>34
そういう制約を消化させるのが脚本と演出の仕事だと思うが、
とってつけて終るのがいかにも大林らしくてよろしい。

まさか、>>25の詩も「スポンサーが強硬に」とか言い出すんじゃないだろうな…

40 :名無シネマさん:01/09/29 01:03 ID:LELNL99.
>僕は「あのラストシーンがあっても名作だ」と思ってます。

うん、うん。
あってもなくても感動は変わらないと思う。

あのラストシーンがなけりゃないで、映画的な見せ場のない
シマリのない映画になっていたかもね。
死んだ両親に会う話に幽霊の女をからませるだけで
最後まで観客を飽きさせずに引っ張れるかな?
特撮がヘボくて失笑ものだったのは確かだけど。

あのラストシーンのないストーリーだったら、
戯曲にして舞台でやったほうがいいのかも。

41 :名無シネマさん:01/09/29 03:20 ID:HF3cAP56
>>34 "スポンサー"って、この映画、松竹大船の100%出資でしょ?松竹にそんなこ
と要求するプロデューサー(奥山P以外に)いたの? いろいろ批判された大林の
言い訳じゃないの? 因みに、俺はあのシーン嫌いじゃないよ。

42 :名無シネマさん:01/09/29 09:46 ID:U6EMtR3s
永島敏之がさあ、ミスキャストだと思うだぎゃ。
ああいう男と、風間杜夫の元妻(化け猫女優さんの娘だよね) が結びつくという
のが、違和感ある。まあいっしょの場面には映らないけど。それを差し引いても
ちょっと。

見せ場なら、もっと綺麗な裸みしてくれってよ。

43 :名無シネマさん:01/09/29 10:02 ID:Dp7zjtm.
結局カットされたが「蒲田行進曲」において、風間杜夫がもっとものって
撮影できたのが、すきやき屋のシーンだったということを彼自身が語って
いた。「異人たちとの夏」といい、彼はすきやき屋のシーンが似合う。

44 :67:01/09/29 19:29 ID:w3i2WQDI
79i

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)