2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

秋の夜長にマタ〜リ、エットーレ・スコラ

1 :名無シネマさん:01/09/26 23:29 ID:/v5rcXAo
ええ、ガイシュツは承知ですが、元スレが短命に終わった上に、『星降る夜のリストランテ』がビデオ化、
更には夕べ衛星第二で放映されていた『BARに灯のともる頃』で、
初めて彼の温かな作品に接した方もいらっしゃるでしょう。

『あんなに愛し合ったのに』
『パッション・ダモーレ』
『マカロニ』
『ル・バル』
『スプレンドール』
『BARに灯のともる頃』
『ラ・ファミリア』
『星降る夜のリストランテ』…等々(順不同)。

人肌が恋しい秋の夜長、温かな人情味と、巧みでありながらも技巧の鼻につかない話術で、
存分に無数の人生模様を楽しませてくれる彼の映画を、マタ〜リマタ〜リ語りましょう。

2 :名無シネマさん:01/09/27 00:00 ID:jA7I0KBc
さみしくage

3 :名無シネマさん:01/09/27 00:01 ID:UwYpZtMo
特別な一日もこの人だっけ?

4 ::01/09/27 00:03 ID:jA7I0KBc
ギャアアアア!!
『特別な一日』を入れ忘れていました!

本当に鬱…。一番好きな映画なのに…。

5 :名無シネマさん:01/09/27 00:08 ID:ZrtH0MxY
これこそ、大人のための寓話「マカロニ」最高!
彼の作品に出るマストロヤンニはなぜかおかしくて悲しい・・・

6 :名無シネマさん:01/09/27 00:15 ID:UwYpZtMo
淀長が「特別な一日」ほめてたね。
「ル・バル」も好きな映画。
画で哀歓を語れるいい監督だよね。

7 :名無シネマさん:01/09/27 00:22 ID:zlG7aP2w
「マカロニ」、ジャック・レモンとマストロヤンニが二人で喋っているだけで無類に面白いですね。
マストロヤンニがでっちあげた作り話に、次第に当人であるレモンがケチを付け始め、
話が大袈裟になっていくあたりが最高。

8 :名無シネマさん:01/09/27 01:39 ID:c1whXL6M
「ル・バル」ってどういう映画?

9 :名無シネマさん:01/09/27 02:42 ID:L9oquBBs
>>8
説明しづらい映画なんだよなあ・・・。

とあるダンスホールに集まり踊る男女の姿を、年代別に擬似オムニバス風に描いた映画。
どの年代も同じ役者が演じていて、台詞は一切ないんだよ。
雰囲気わかるかな?

10 ::01/09/27 09:26 ID:hTRwNgLc
ル・バルってなかなかビデオ屋さんに置いてないんですよね…。
でも9さんの文だけ読むと、
彼のフィルモグラフィの中では結構異色のような、、、。

11 :名無シネマさん:01/09/27 18:56 ID:qYXOFxNM
レモンが死んだ時に追悼でみたビデオ3本のうちのひとつが「マカロニ」だったよ。
そういやマストロヤンニが死んだ時も同じことした。

12 :名無シネマさん:01/09/27 22:13 ID:XihM6LXg
>>9
かっ、観念映画なのか…。

13 :名無シネマさん:01/09/28 04:51 ID:Wj7icKS2
>>10
異色作のように思えるだろうけど、台詞が無いにもかかわらず人の心も描けてる
スコラらしい映画なんだが。
俺の説明、別にネタじゃないんで(w

14 :追加:01/09/28 04:54 ID:Wj7icKS2
つうか元は舞台劇だったらしい。

15 :ヲタ:01/09/28 12:27 ID:6qcnO6Nc
もし映画ファンを自称する人間の中で、『あんなに愛し合ったのに』を見てない奴が居たら、
絶対見てくれ!!
まず青春映画として大傑作!!
主要人物の一人である映画評論家がいるんだが、彼のトホホな運命と、
TVのクイズ番組での呆れた映画ヲタぶりに、号泣しないものはいまい!!
さらに!!
フェリーニとマストロヤンニが”あの映画”を撮っている場面が…ここでも号泣…。

映画ファンでなくとも、人間模様もこの映画は素晴らしい。
連続写真の場面なんてあなた、もう(涙)。。。
いいから見てくれ!

16 :名無シネマさん:01/09/28 12:51 ID:bMFx0lH2
>>15
同志よ…。あんたもクイズショーの場面で泣いたクチかよ。
ファーストシーンの変なストップモーションがいいね。
確かブラピのスリーパーズでヤクザの親分役やってたヴィットリオ・ガスマンだったよね。
渋い役者でした。

17 :ヲタ:01/09/28 23:21 ID:HuRS50WA
>>16
同志は一人ぽっちかよぉぉぉぉ……!!!
ヴィットリオ・ガスマンは『スプレンドール』にも劇中の映画俳優としてちらりと顔出してた。
で、そこに一緒に映っているのがジャン・ルイ・トランティニアン。
あの映画がなんだったか、知ってる人いますか〜?

18 :同志よ…:01/09/29 00:58 ID:KB0Ao696
『スプレンドール』というタイトル聞くだけで俺はもうだめだ…。
いい映画だなぁー、あれ。
あのラストの幻想の雪のシーン。あんな美しい雪がいままであっただろうか?
同年に公開されたジュゼッペ・トルナトーレの
『ニューシネマパラダイス』と比較されるようだが、
俺は圧倒的に『スプレンドール』にぐっときたね。
主軸の三人のみならず、古本屋のオヤジ、評論家のオヤジ、
そういった脇の人間性もきっちりみせている。
庶民の人生を描かせたら、この人の右に出る者はいないだろうなぁ。
フェリーニ、デシーカ(映画中にもでてきましたな。尊敬してんだろーなぁ)も
たしかに凄い撮り手だとは思うが、
この人の撮る、胸奥にチリッとくる切なさと
ほわっとさせるあたたかさを具えた話は、やっぱり特別なポジションだと思うよ。

19 :名無シネマさん:01/09/29 15:35 ID:9fpgrrXI
…人気ねえなあ

20 :ヲタ:01/09/29 18:26 ID:YUXPexS6
ニュー・シネマ・パラダイスと同年なんだよな、スプレンドール。
地味な分だけ割食った感はあるね。
『素晴らしき哉、人生!』を見るマストロヤンニの目に光る涙……。
映画史上の名シーンだ!!!

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)