2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初めて英論を書いてヒーヒー言っている人

1 :Nanashi_et_al.:01/10/07 22:19
 初めて英語で論文を書くとなると、ただ英語の能力が高いだけでは
不可能・・・。人まねできる部分にも限界がある。
 というわけで、はまってしまっている人たくさんいるでしょう?
アドバイス求む。 漠然としすぎ?

2 :Nanashi_et_al.:01/10/07 22:35
それって英語の能力が低いってことでは?
あなたの定義する英語能力とは??

なんて僕も留学のアプライ(エッセイやメール)で悩んでいるので
諸先輩のご意見伺いたいです。

3 :Nanashi_et_al.:01/10/07 22:39
”英語”の”論文”ってことで、二つの領域をカバーしないといけないから大変。
でも1は漠然としすぎ。例えばこんな……とか、ネタ振りせんとね。

4 :Nanashi_et_al.:01/10/07 23:18
偽者研究者ならこれはいいけど、
本物になりたけりゃ避けて通れないね。
俺はこれがやだから留学したいのだが…。

5 :Nanashi_et_al.:01/10/07 23:24
がんばって書いて指導教官に真っ赤にペン入れられて成長するものさ。

6 ::01/10/07 23:33
 いやね、私の英語能力は低いですよ。でも実際、「ああ、こんなことが言いたいんだろうな。」
で無理やり日本語を作っている感じです。
正確に言えば著者の言いたいこと(内側にある感情みたいなもの)を適切に拾っている
かと言われれば自信なし!なおさら逆なら・・・。という感じです。
 事実、真っ赤・・・。失せる失せる。何で書いてんのやろ・・・。

7 :Nanashi_et_al.:01/10/07 23:43
日本語を作ってる?
英語で論文書くのに日本語で下書きするのか?
意味ねー

8 :Nanashi_et_al.:01/10/08 00:09
自分の分野の論文をとにかく読む。俺は、初投稿の時、50本くらい読んで、
表現の仕方や書き方などを学んだ。実験方法が一番書き易いからそっからやってみな。
1週間くらい懸命にやればなんとかなるよ。
 日本語の下書きは、やらないほうがいい。

9 :Nanashi_et_al.:01/10/08 01:13
日本語の下書きをしないことには賛成するが、英語でうまく表現できないって事は、実は日本語の文法もめちゃくちゃな場合が多い。3行にわたって、”、”も”。”も無い文章書いていないか?

10 :Nanashi_et_al.:01/10/08 01:15
研究自体が他人の後追い,猿真似なら
他の論文の表現真似れば良いけど,オリジナリティ
に富んだものなら実験方法から何から自分で表現考えなければ
ならないのでしんどいよな。
 いずれの論文にしても日本語で先に論文自体を完全に
完成させて,その後で英語に変えるのに専念した方が
楽だと思うが。

11 :Nanashi_et_al.:01/10/08 02:20
>10
いずれの論文にしても日本語で先に論文自体を完全に
完成させて,その後で英語に変えるのに専念した方が
楽だと思うが。

私も以前先輩にそういわれましたが、いざ自分で書いてみると最初から英語で書いた方が楽なような気がします。ちなみに私はそれほど英語は得意ではありません。

12 :Nanashi_et_al:01/10/08 03:39
昔、サーベイで英語の論文ばっか読んでるときは、最初から英語で書くほうが楽だった。
最近論文量産したくて日本語で書きまくってたら、英文ぜんぜん書けなくなってて焦った。

13 :Nanashi_et_al.:01/10/08 03:40
本文をそのまま日→英にするのはむずい。
けど、アウトラインとかなら……

14 :Nanashi_et_al.:01/10/08 09:10
・アウトラインや論理展開は、日本語でしっかりまとめておく。
・論文中で使うべき英語の専門用語や表現をピックアップしておく。
・できるだけ説明的でわかりやすい英文でドラフトを書く。
・ワープロなどのスペルチェック、文法チェックにかける。
・英文校正業者などのNative English Speakerに見てもらう。
・業者が専門的な内容を誤解していないか確認して,投稿。

15 ::01/10/08 10:13
 なるほど。英訳をするのではなくて何を書くべきか、について
日本語でまとめるべきですね。もう少し言えば論文には間接的に
自分の感情を入れることは無理ですかね?「今回の結果はこうだったが
別の人がやったらちょっとは違うかも・・・。」みたいな感じで。

16 :Nanashi_et_al.:01/10/08 11:33
>>15
「今回の結果はこうだったが別の人がやったらちょっとは違うかも・・・。」

んなもん、頭の中で思ってれば十分。
書くべきことではなし。

17 :Nanashi_et_al.:01/10/08 12:06
9も言ってるが,英語で論文が書けないやつってのは
英語力以前に文章が書けないやつが大半なんだよ
日本語だとなんかごまかしてるけど
じつはめちゃくちゃなのがほとんど
そういう意味では日本語で書いて英訳しようがなんだろうが
結局わけのわからんものにしかならん
まずは木下是雄「理科系の作文技術」を10回読めよ

18 :Nanashi_et_al.:01/10/08 12:16
>>日本語だとなんかごまかしてるけど
>>じつはめちゃくちゃなのがほとんど

確かにこれは言えてる。
日本語で書いた自分の論文を翻訳ソフトに掛けると、無茶苦茶な
英文になる。なぜそうなったのかをじっくり考えたことがあるが、
結局、自分の日本語に無理があった。

19 :Nanashi_et_al:01/10/08 12:48
日本語で下書きする場合は
英語文法に近い形で書けば後が楽だよ。

例えば、
「検出器は真空層内に置く。検出器は○○である。」
という風に
できるだけ短い「主語−述語」ペアで作っておくと、
英文もそれなりに見えてくるし分かりやすくなる。
と思われ・・・

20 :Nanashi_et_al.:01/10/08 13:09
どっちにしてもネイティブの書いたと思われる英語の論文を
10報くらい暗記するまで読み込めよ
んで,暗記するくらいでなくてもいいから100報くらい読め
そのくらいやれば自分で書くのに必要な英文パターンは
ほぼ出尽くす
あとは自分が書くべき事を整理できるかにかかっている
何をどのような順番で,どのように書けばいいかというのは
英語でどうのという以前に難しいことを自覚すべきだろう
日本の教育システムはそういう文章を書く訓練をまったく
しないできてるから,ここはかなり苦しむことになるだろうが
それを乗り越えなくてはな
理系研究者こそ文章力,構成力が要求されるのだが
理系の大学の必修科目にそういうのが抜けているのはなぜだろう

21 :Nanashi_et_al.:01/10/08 15:58
工学系大学だったけど、英語はくだらない文学作品読まされたからな。
意味ないよなあ、まったく。
論文を書くとはいわないが、読めるような、
実用的な英語やってほしかったな。

22 :Nanashi_et_al.:01/10/08 16:41
言語表現も文化的な存在なので、
文学作品がまったく意味がないとは言えない。
確かに遠回りだが。

23 :Nanashi_et_al.:01/10/08 19:48
漏れの場合、日本語で全部を下書きすることはないが、どうしても英文が思い浮かばない場合は、
そこだけ日本語で書いておいて、先に進むけど。
それと文献読むときに使えそうな英文はピックアップしておけば、なんとかなるもんよ。

24 ::01/10/08 21:14
>>16
じゃあ、
「The compound A decomposes around 750℃ in air.」
と、
「The compound A decomposed around 750℃ in air.」
の違いって分かります?
そんなもん、過去形と現在形の違いだ!なんていわないでね。
 まあ、最近見つけた、とある本からの引用ですが・・・。

25 :Nanashi_et_al.:01/10/08 21:41
現在形のほうはその挙動が一般的に認知されていて,そういうものだ
ということを述べている
過去形のほうは論文なら今問題にしている化合物Aについて
実験をしたところそういう挙動を示したという事実報告

26 ::01/10/08 21:53
 それでは過去形なら
「今回の結果はこうだったが別の人がやったらちょっとは違うかも・・・。」
という意味が含まれてきませんか?

27 :Nanashi_et_al.:01/10/08 22:01
あくまで事実報告だからな
再現性は自分のところではみているが,まだみんなして
確認したわけではないので,普遍的事実とまではいかない
条件の問題とかもあるかもしれない,とか,検討しきれてない
ファクターがあるかもしれない,だが,とにかくそうやったら
こうなったという事実報告は過去形だろ
論文のほとんどはそうじゃないのか?
その後いろいろと結果が吟味されて普遍的事実賭して認められる
ようになり,教科書とかに記述できるようになれば現在形が自然

28 :Nanashi_et_al.:01/10/08 22:32
まあもちろん,実験結果の報告であるがその結果に
絶対の自信があって,言い切れると確信する場合は
現在形で書くやつもいるだろうな
木下是雄のいう「言い切る姿勢」ってやつといえばそうだが

29 :Nanashi_et_al.:01/10/10 01:50
接続語や副詞句などの「つなぎ」がうまく入ってない英文は
文章同士のつながりがわかりにくく、読んでて疲れる。
杉原厚吉「理科系のための英文作法」(中公新書)は
その「つなぎ」の表現や使い方がまとめてあって、なにげに便利。
古本屋で見つけたらゲットしておこう。

30 :Nanashi_et_al.:01/10/10 02:49
つなぎがなかったり、間違っていて読みにくいのは
日本語でもよく見かけるな...

31 :Nanashi_et_al.:01/10/10 03:01
文をしっかり組み立てると、接続詞は減らせるものだが。。

32 :Nanashi_et_al.:01/10/10 11:09
むだな接続詞を使わず,短文を整理して並べた文章の方が
論文としては明快だし読みやすい
日本語でも英語でも同じだが,日本人の英語はだらだらと
いつまでも接続詞やら関係代名詞やら前置詞やらで
つながってて読みにくいものが極めて多い
ワープロの文法チェッカーで「Long Sentence」で引っかかる
文が0になるくらい徹底してみろ
短文同士を接続詞でつなごうとするな

33 ::01/10/10 23:45
 なるほど!いろいろなアドバイスありがとうございます。
>>32
 おっしゃることは良く分かりましたが、これまで読んだ文章では日本人の英文の方が
ぶちぶちきれているような気がしますが?ネイティブがかいた英文のほうが
関係詞やら前置詞でえらく長くなっていますが、分野によって異なるんで
しょうか?

>>18
 いまさらで申し訳ありませんが、翻訳ソフトにかけるとネイティブの英文が
まともな日本語にはなりませんし、単語以前の問題がありそうですが・・・。
いい翻訳ソフトってないですか?もちろん、添削というかチェックのために
使うつもりですけど。

34 :Nanashi_et_al.:01/10/11 07:16
>>33

>ネイティブがかいた英文のほうが
>関係詞やら前置詞でえらく長くなっていますが、

 アナタのレベルでは、これはネイティブだから出来ることと考えた方がよい。
文章読解やっていて、関係詞がどこに係るかわからなくなったことがあるだ
ろと思います。もしそうなら、アナタが、長い文章を書いて、相手に意味を
正しく伝えられるわけがないと思った方がよいです。
 翻訳ソフトなんか使っていると、英語の能力は低下します。将来、それ
でもいいのなら構いませんが、今は勉強する時期ではないのですか?

35 :Nanashi_et_al.:01/10/11 08:17
何やら、おまじない的な話になってきたな。。

36 ::01/10/11 11:29
 どうやら人によって考え方が多少違いますね。最も日本語がどうだの、関係詞
がどうだのと考えなくてもできるようになったらいいですけど・・・。
 まあ、結局私が英語力どうこうという話ですが、日本人が書いたものに比べて
ネイティブの英語はやっぱり一文が長いですよ。

 そう思いません?

37 :Nanashi_et_al.:01/10/11 11:42
英文全般についての私見だが、
「ずばずば」わかりやすく書かれていると説得力がある。

・主語が重複するときは省略して動詞を列挙する
(「**」 WAS BOILED IN WATER, FILTERED BY **, AND DRYED TO
YIELD A WHITE CRYSTAL. )このTOは独特でつかうとかっこいい。
「その結果〜するまで」が2文字であらわされてる。
・不要なWHICH、THAT、受け身などをつかわない
・むずかしく正式でめったにつかわれない術語を使うよりも
そのものズバリのやさしい単語(研究者間のスラングに近い)がないか
探す。(ちょっといま例がおもいつかないが)そして、正式名称を
使うときは(以降「略称」と呼ぶ)のようにやって
あとはやさしい略称で呼ぶ。

など。

38 :Nanashi_et_al.:01/10/11 11:44
特に、動詞は、苦労して書いたあと、探すとそのものズバリの
英単語があったりすることが多い。
アルクのサイトで一回、対応する英単語(動詞)がないか、
引いてみるといいかもしれない。

39 :これなんか参考にならない?:01/10/11 12:01
■理系英語の勉強の仕方■ @ENGLISH板
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=english&key=992091513

40 :32:01/10/11 12:05
ネイティブの書いたやつは関係代名詞やらで
つながってても見通しがよくすんなり読める
日本人がそれをやると暗号解読のような苦労を
しなくては読めないものになることが多い
長さ自体より,それでちゃんとわかりやすく書けて
いるかの方が重要だ
だが,ネイティブでも英語得意でもない,なみの日本人が
英語で論文を書こうとするなら,短文中心,論旨明快を
旨として書くべきだし,それを実践してる人も多いはずだ
日本人が日本語の文章のつもりでだらだらとつなげた
英文,これはほんとに読みにくい

41 :Nanashi_et_al.:01/10/11 12:10
翻訳ソフトはなんの足しにもならんので捨てろ
電子辞書は最大限活用しろ
ただしコンサイスクラスの辞書は書き物には使うな
大きめの和英辞典,専門語辞書,のほか,英和辞典として
リーダーズのようなタイプ,ジーニアスのようなタイプ,
さらにシソーラスは用意しろ
これらを引く手間を惜しむな
とくに最初のうちは和英で引いたら複数の英和を引き直し
シソーラスで類似表現,関連表現をチェックするくらいの
ことをやるべきだ

42 ::01/10/11 18:34
>>39
どうもありがとうございます。
>>40
最近、というか英論を書き始めてからきがついたのですが、日本人の書いた論文は
辞書をひいたらほとんど直訳で日本語の意味が通じますよね?これはネイティブが
読んだらどのような感じになるのでしょう?

>>41
やはり翻訳ソフトはだめですか・・・。ちなみに今は英英辞典を使っていますが・・・。

43 :Nanashi_et_al.:01/10/12 10:13
age

44 :37=38:01/10/12 10:32
ボクにはレスがなかった・・余計な書き込みだったんだろうかW

45 :1:01/10/12 11:09
>>37=38
 すっ、すいません(汗
ぜんぜん余計じゃないです!!ありがとうございます。

 今日は助教授(ネイティブではない)と話してみたら「アナタノエイゴハグンタイデスネ。」
と意味のわからないことを“日本語”で言われました・・・。グンタイ・・・軍隊か?
すいません、どうでもいいです。

46 :37=38:01/10/12 13:30
いいです、コテハンつかってないオレもわかりづらいことしたから。

命令文が多くて号令調に聞こえるってことか?
>>45
それとも全く違う言葉を軍隊と言い間違えているのか?

47 :Nanashi_et_al.:01/10/13 02:25
 最初から、作文するのは無理です。
 借文に徹すべきです。文法的にはあっているけどおかしな表現の英語
というのを見抜けないのであれば、そうするしかありません。
 少し例文集とか、用例が豊富な厚い大きな辞書に投資してみて下さい。
必ず文章力がアップします。

48 :Nanashi_et_al.:01/10/13 02:45
 時間がかかるものなんですね・・・。やっとこのつらさが分かるようになって
きました。うう、実験しながら書いているのでなおさら時間がなくて・・・。
みなさん、色々とありがとうございます。少しずつですが頑張ります。

ああっ、もうこんな時間。もう英語どころじゃなくなってきました・・・。

49 :論文2呆目執筆中:01/10/13 02:56
純粋な初心者じゃないがいろんな意見参考になったぞゴルア!
でも週明けまでに書きあげなくちゃなんねー!まだ半分だぞ!

50 :マジレス君:01/10/13 08:55
繰り返しになるけど:
まずエイゴの前に,まともな文章が日本語で書けているかを↓でチェック!
木下是雄「理科系の作文技術」

次に,英語の表現形式や枝葉末節に引っかからないで,
構造的に「読みやすい」「わかりやすい」英文を書くために↓を読む.
杉原厚吉「理科系のための英文作法」(中公新書)
最後に>>41 が書いているように電子辞書をフル活用.
日本語←→英語に限ったこっちゃないが,他言語と単語レベルで一対一対応が取れることなど皆無.
和英,英和,英英を引きまくりながら,各単語のニュアンスを掴もう!
これは地道な努力というか,時間が必要かも(非ネイティブの弱点).
おいらはこの方法で英語論文二編+国際学会の予稿を六つ書いたよ
(最近D論オワター).
だれでもやればできる.

理系なのだから,基本はシンプル・イズ・ベスト.
難しいことをややこしく書くことに喜びを見出すより,
より簡潔に書ける能力を誇れるようになろう!

51 :マジレス君:01/10/13 08:56
あう…微妙に改行されとらん.Mozilla の夜明けは遠い.

52 :Nanashi_et_al.:01/10/13 09:07
和英でいい辞書は?

53 :Nanashi_et_al.:01/10/13 09:35
なかなかスラスラとは書けねえし、すんなりとは通らねえんだな。
これまでFirst authorで30報書いたけど、まだ全然だめだな...
Publish after minor revision の判定でも、
レフェリーの質問読んでると落ち込んじゃうしなあ。
数報しか書いたこと無くても嬉々としてやってる奴がうらやましい。

54 :Nanashi_et_al.:01/10/13 12:18
うん,reviewer が英語らしい英語でコメントつけてくると
ちょっと落ち込む時あるな.内容じゃなくて,ああ,こういう
書き方すんのかあ,って感じでね.英語そのものに
ケチが付いたことはないんだけど (活字になる時には
多少は修整されてるけどね).
英語で論文書く事自体はさして苦にはならないけど,
やっぱネイティブみたいな書き方にはならないよなあ.
弱気なので sage

55 :Nanashi_et_al.:01/10/14 00:17
>>50
木下是雄の「理科系の作文技術」って、書いてあることはいいんだけど
本人が書いた例文にすごくクセがないか?

56 :Nanashi_et_al.:01/10/14 20:42
nativeでも文章に癖はあると思う。
autherによって、日本人にとって(俺だけ?)すんなり頭に入る人や
精読しないとなかなか読めない人がいるような(文が格調高すぎる?)。

ってことで、nativeと思われるautherの論文から文章や言い回しを借りまくって、
とりあえず、パラグラフ1つでも書き上げるといいと思う。
それから矛盾するようだけど、指導教官に早めに添削してもらい、
自己流英語のの変な癖がつかないようにしたほうがいいと思いまする。

57 :DQN-M1:01/10/14 21:53
初めての英語論文執筆中…
もっとちゃんと英語勉強しとくんだったなぁ

58 ::01/10/14 21:59
 うーん、はじめからいいものなんかかけるものか!なんてよわきになりつつ・・・
今日もまた真っ赤っ赤!いまだにmethodしか書けとらんもんなぁ。
 ディスカスするのがものすごく辛い。まねしようにもわけ分からなくなってきた。
というわけで、age

59 :Nanashi_et_al.:01/10/14 23:23
>>52
あんまりいいの思い浮かばんなあ・・・
結局英和の方でニュアンスを確認しなきゃならないから、リーダーズの
CD-ROM版使ってる。これは英和だけど日本語で検索できるから同じ事。

60 :Nanashi_et_al.:01/10/15 00:25
>>59
そんなのあるんだ
いいこと教えてくれてありがとう

61 :Nanashi_et_al.:01/10/15 15:38
英辞郎は術語も収録が多くてつかえる(アルクをたどって、ニフティから
CD−ロMを安価で入手可能)が、使用方法が独特。
オンラインでつかうほうがアップグレードの手間もない。

62 :Nanashi_et_al.:01/10/15 20:42
用例とかはなさそうだね

63 :Nanashi_et_al.:01/10/15 21:18
用例は一般的な辞書ではなかなかぴったりのはみつからないのでわ。
・同分野の論文
・数量英語の例文集
・メールの決まり文句集(論文用じゃないけど)
自分が参考にしてるのはこれくらいかな。

64 :Nanashi_et_al.:01/10/15 21:29
メールも論文に役立つということ?

65 :Nanashi_et_al.:01/10/15 22:02
査読者とのバトルに役立ちます。

66 :Nanashi_et_al.:01/11/17 21:01
TOEIC480程度でも英論書けるかなぁ

67 :Nanashi_et_al.:01/11/17 21:18
論文英語は決まった言い回しとテクニカルタームばかりだから一般的
な英語が読めなくてもさほど問題ない。基本英文法は知ってるだろうし
専門分野の論文だって読んでるだろ?

むしろ論理的な文章を書けることが大事だ。日本語だと曖昧にごまかせる
部分が英語だと通用しない。本当は日本語でも論文としては失格なのだが。
これが駄目な奴はどうやっても駄目。

68 :Nanashi_et_al.:01/11/17 21:25
そうか!
よし,頑張ってみる

69 :Nanashi_et_al.:01/11/22 04:28
age

70 :Nanashi_et_al.:01/11/22 16:40
 なぜかあがってますね。がんばりましょう。

71 :Nanashi_et_al.:01/11/22 18:21
「和文英訳の前にまず和文和訳」
よく言われることだけどね。

72 :ご存知でしょうけれど…:01/11/22 18:25
英語で論文をぶっ書いている皆様:

英語っていうのは先手、先手の勝負です。
イントロダクションの中では thesis statement、
各段落の頭では topic sentence なる代物が必要で、
要点を論文中のインデックスとして用いるのが
アメリカ的な論文のスタイルです。

73 :Nanashi_et_al.:01/11/22 21:13
thesis statementってなに?

74 :Nanashi_et_al.:01/11/22 21:28
イギリス英語の方が格調もあるし、読みやすい。

75 :Nanashi_et_al.:01/11/22 23:20
俺は日本語って言語の中ではかなり研究者が使う言語としては
便利だと思うがどうだろう.
外来語も使えるし,表音文字だけでなく,表意文字まで使えて
文の意味を理解しやすい

76 :Nanashi_et_al.:01/11/22 23:26
ごたくをいくら並べようと,世界中の人に読んでもらいたいとなれば
英語で書く以外の選択肢はない.
topic sentence って概念を理解してないやつらって多いね.

77 :Nanashi_et_al.:01/11/23 05:07
なんでこんなことになっちゃったんだろう

78 :Nanashi_et_al.:01/11/23 05:36
>>75
それが実はかえってよくないと最近思うようになった。
日本語はざっと斜め読みしやすい。grepかけてるようなものだからな。
英語は斜め読みしにくいからtopic sentenceをはっきりさせて、
そこだけ読めばいいようにするのではないかな?

79 :Nanashi_et_al.:01/11/23 09:00
もう一度戦争だ!
日本語を世界言語にするのだーーー
核だサリンだ炭疽菌だぁ〜!

80 :Nanashi_et_al.:01/11/23 11:31
>>78
日本語にもtopicつければいいのでは?

81 :Nanashi_et_al.:01/11/23 12:26
結論:
英語で書く必要がなければ日本語で論文をかけ!

ということでよろしいでしょうか?

82 :Nanashi_et_al.:01/11/23 14:14
まあ何も書かないくらいなら日本語でも書いた方がいいな
しかしそれはロシア語や中国語の論文をおれたちが読まないのと同じ理由で
世界的には存在しないのと同義であることを認識しなくちゃな

日本語の文章でも topic sentence を意識することは必要だろう
日本語の論文は内容はともかくとして,文章自体がどうしようもないのが
多くて閉口すること多し

83 :Nanashi_et_al.:01/11/23 14:22
最近は学位をとるのにも日本語の論文しかないとかなりきついYO

84 :Nanashi_et_al:01/11/23 14:38
日本語の論文で学位をとれる大学なんてあるのか。

85 : :01/11/23 14:45
>>84
英語じゃないとだめな大学ってどこ?

86 :Nanashi_et_al.:01/11/23 15:21
以前から思っていたんだけどね
自分の発見の中の最重要部分だけをNatureなりScienceなりに
に投稿して,詳しい実験手法だとか結果だとかデータに対する詳細な考察は
日本語で国内誌に投稿するようにする.
または,ちょっとした発見程度の論文はなるべく日本語で書くようにして
それらの総括的議論だけを専門分野の国際誌に英語で投稿するようにする
(つまり論文そのものは英語だが,引用文献はほとんど日本語論文となる).

そうすれば,それらの論文を読んで興味をもった欧米人は,その研究の詳細を
知るためには日本語の論文を読まなければならなくなる.
我々が英語を勉強して英語で書いたり読んだりするのと同様,
彼等に日本語を勉強させても良いと思うんだけどなあ.

研究をやって一番最初に何かを発見して報告した奴が一番偉いんだし,
発見者が何語でそれを報告しようが,発見そのものの意味は変わらないんだから
「日本語で書いちゃ誰も読まないだろ」というのは,我々が英語で書かなければならない理由にならない.
我々が奴等のためにわざわざ英語で書いてやっているんだから,
せいぜい孫引き論文を読む程度でいいから,奴等にも日本語を勉強させましょう.

87 :Nanashi_et_al.:01/11/23 18:24
>>85
ふつうのところは最低でも1報以上の英語論文があることが要求される.
理系ならね.まあフランス語やドイツ語でもいいのかもしらんが.
某家政学系大学でさえそうだそうだ.

88 :Nanashi_et_al.:01/11/23 18:25
>>86
まあがんばってくれよ
そんなに甘いもんじゃないんだよ

89 :86:01/11/23 18:30
>>88
なんで?

90 :Nanashi_et_al.:01/11/23 18:51
ニワトリと卵ってこと
それにまずは自分のおまんまの問題があるんだYO!

91 :86:01/11/23 19:18
>>90
ニワトリと卵問題は意味わからん
自分のおまんま問題については,
実は86と同じことを1年くらい前に理系板のどっかで
書いたときにも同じこと言われた
でも,国際誌から査読が帰ってくると大抵びっしりと英語が直されていて,
奴等査読者の査読結果を読むと
「英作文にすら欠陥がある人間が,ロクに研究なんてできるのか?」
という感じで見下されている雰囲気がアリアリなんだよね

このままじゃあ,いつまで経っても欧米を超えられない
と思うんだがなあ

92 :Nanashi_et_al.:01/11/23 19:40
なんでそんなに英語で文句がつくんだ?
内容で文句がつくとか最悪 reject くらったことはあるが
英語がどうのってコメントはついたことがない.
英語でどうのっていわれるやつは,じゃあ日本語ならほんとに
問題なく書けてるのか? 実際,日本の論文誌の査読とかやると
わかるが,日本語でさえひどいの多過ぎる.
つまりそういうやつらは英語だから文句がつくんじゃなくて
論理展開とかそういうところに根本的な能力的問題をかかえてるんじゃ
ないのか? そういういみでろくな研究ができるのか?という疑問は
いだかれて当然とさえ思える.

にわとりと卵とは違うが,むかしは英語で書かれた論文なんて
三流だったわけだ.それがいまのようになった背景には,
英語のいい論文が多くなってあとは正のフィードバックがかかった
からだろう.英語国民が自国語での研究リソースを作ることに
努力した成果でもあろう.だが,英語は比較的他言語からでも
入りやすかったということもあるんじゃないのか? 日本語は内容が
どうのといっても,他言語からの初学者が容易に取り付けるような
ものでないという事は認めざるをえない.そのハードルを乗り越え
させようとするなら,それこそノーベル賞級の研究成果をあげ続ける
しかなかろう.
しかしそうなれば日本語の論文や書籍を他言語に翻訳するやつが
増える方向になるだろうな.けっしてみんなが日本語を勉強するように
なるわけじゃあないだろう.

93 :86:01/11/23 20:04
普通,英語直されない?
英語がどうこう言われてるの俺だけか...(鬱

俺もときどき国際誌の査読頼まれてやることあるけど,
自分関連の研究のときは,査読結果に自分の日本語論文の
別刷り同封して,それを引用しながらコメント書いてるよ

難しいから読めないなんて奴等には言わせないぜ

94 :Nanashi_et_al.:01/11/23 21:14
相手が読めないのでは?

95 :Nanashi_et_al.:01/11/23 21:15
失礼,やっぱみんないい結果は日本語で論文出してからにしようよ

96 :つーかさあ:01/11/23 21:24
結局日本が戦争に負けたからいけないんだろ?
アメリカを占領してりゃあ、今頃雨人を日本語教育させてヒーヒー言わせていたのに、、、

97 :Nanashi_et_al.:01/11/23 21:30
ヨーロッパでも英語使ってるじゃん。
誰か、完璧な自動翻訳機を発明して欲しいな。

98 :86:01/11/23 21:55
>完璧な自動翻訳機を発明して欲しいな。

そうそう,それが究極の理想なんだよね
機械翻訳の研究学会なんかもあるよね.
俺も一時期ハマッテ,その手の勉強したことあるけど

あと,フランスに留学した知人から聞いたところによると,
彼等も英語論文の読み書きにはヒーヒーいってるらしいよ

99 :Nanashi_et_al.:01/11/23 22:14
同じような言語に見えるんだが...

100 :Nanashi_et_al.:01/11/23 22:23
>>93
まぁ、内容に文句のつけようが無いときほど英文の拙さをつつく傾向もあるさ。

101 :Nanashi_et_al.:01/11/23 22:46
英論の査読だからといって,英語が下手な奴に英語で変死をすると
理解してもらえなかったりするの?

102 :Nanashi_et_al.:01/11/23 23:51
英語は直されるよ,そりゃ.
だけど,査読者がびっしりと赤を入れてくるとすれば
それは問題外じゃないのか?
少なくとも読んでもらうための努力が足りないといわれるのは
さけられないんじゃないかね.
まあさ,英語にほんとに自信なければ投稿前に校閲に出したりするのが
礼儀っつーか,そうしなくちゃ相手に論旨さえ伝わらないと思うべきだしな.
結果として,ふつうはゲラのときに適当にちょこちょこと直されるくらいに
なるんじゃないのか?

103 :91:01/11/24 07:34
>査読者がびっしりと赤を入れてくる

これは91へのレスかな?
俺の場合,直されている部分の70%が冠詞の付け方と単数・複数関係だから,
少なくとも論文の内容そのものは理解されていると思う
だけど,冠詞と単数・複数は直された査読原稿をみても,
何故そこがそうでなければならないのか理由がわからない.
もちろんネイティブは理由なんて考えずに,ほとんど感覚的に判断しているんだろうけど

最近は専門の近い知り合いのネイティブに英語を添削をしてもらってから
投稿するようにしているんだけど,それでも何故か査読者は細かいところに
ケチつけるんだよね.俺が正しいと思って書いた部分を知り合いのネイティブが直して,
またそれが査読者に直されて,結局俺が最初に書いたもとの文にもどったりとかさ.
論文の内容に関する反論やコメントには,それ相応の理由があるから納得できるんだけど
英語添削の部分は理由が分からなくてイライラする

104 :Nanashi_et_al.:01/11/24 09:36
冠詞とかのコメントは気にしないことだな
アメリカ人が書いたのをイギリス人が噛みついてたりする世界だ
そんなものがわかるわけがない
言われた通りに直す
その関係のコメントは無視

内容が伝わってるんなら英文関係のコメントは無視すればいいだけだろ
査読者の文学的趣味につきあう必要はない

105 :Nanashi_et_al.:01/11/24 11:58
伊藤の英文解釈教室に、延々と冠詞の用法が説明されてたような気が。。
一回読んでおくと迷いにくくなるかも。

106 :Nanashi_et_al.:01/11/24 18:25
英語論文書くのに、高校の英文法をおさらいした。5文型、関係詞、比較、倒置などなど。
当時は受験のために覚えたけど、改めてやり直すだけの価値があった。何よりも日本語が
下手なことには英作文が出来ないことをいまさらながら痛感した。

冠詞とか接続詞は英字新聞読むといいよ。かっこいい言い回し、要点だけをつかんだ表現
など英字新聞から学ぶものも多い。
論文は知ってる専門単語からなんとなく推測しているから文法、言い回しまで気が回らない
けど、新聞はその辺を意識して読んでいると急に英文が書きやすくなった。

107 :Nanashi_et_al.:01/11/24 18:44
専門文献は不自由なく読めるのに
英字新聞はぜんぜん読めません,つーことで↑ の方法は俺には無理

論文英作文の基本はやっぱり英借文なんじゃないの?
俺は論文の中で出てくる頻出表現,重要構文,
日本語に直訳できない言い回し等々を
テキストファイルにしてデータベースを作っているよ

ただし,英語表現は前後の文とのバランスも考えなければいけないから
英借文だけでは完璧ではないんだけどね.
でも,データベースつくってるお陰で,論文書くのはかなり楽だよ

108 :Nanashi_et_al.:01/11/25 03:50
なにかいていいかわかんない

109 :Nanashi_et_al.:01/11/25 09:28
はじめは他の論文見てまねしろ。

110 :   :01/11/25 10:30
>>107さん
なるほど。参考になります。
私は海外へのメールや手紙を書くとき、英借文をしているのですが、
英語得意な中国人留学生に見てもらうと、文毎のバランスの悪さを
指摘されます。「文法的には間違っていないけど、ニュアンスが
ちょっとぎこちない」とか。そういう細かい部分っていうのは
もっと大量に英語を浴びないと身に付かないものですかねえ。

111 :Nanashi_et_al.:01/11/25 13:54
>>108
激しく共感した。

112 :Nanashi_et_al.:01/11/25 15:21
>>108
もう1人自分が居るのかと思った。

113 :癒し系:01/11/25 17:00
>>108
何も書かなくて良いんだよ。

114 :Nanashi_et_al.:02/01/09 23:16
ひーひ

115 :Nanashi_et_al.:02/01/10 14:46
翻訳ソフトで和文英訳をすると時たま「これは」と思うような使える表現に出会う。
語彙が貧困なうちは、同じ表現を何回も使う傾向があるんで、
自分の研究分野に近い日本語論文を適当に翻訳ソフトに突っ込んで
使える表現を集めてみるのもいいかもしれない。

116 :Nanashi_et_al.:02/01/12 19:21
玉砕あげ

117 :◆IQ285nes :02/01/13 00:04
書店で,色々な種類の,理系の英語による論文の書き方の本が,目立つ所に山積みになってたが,君らのためのモノだったのか.

118 : :02/01/13 01:07
>>117
他人事かよ!

119 :Nanashi_et_al.:02/01/13 03:55
初めてではないのに、未だに論文書くのには苦労する・・・。
数をこなさないと駄目らしい。

120 :Nanashi_et_al.:02/01/13 04:29
多分外出。木下是雄著「理科系の作文技術」は
とりあえず読め。

1.目標規定文を作る「本論文で我々は、○○が△△で
  あることを示す」

2.各パラグラフ(段落)で何が言いたいか意識する。
  パラグラフの主文(トピックセンテンス)を
  パラグラフ冒頭に書く。(ex. "Likewise, we
  insist that three new members of Morning Musume
  is not useful. Because, in many TV programs,
  we can't recognize where the new ones are.")

3.長い修飾句・修飾節はできるだけ一文中に1つに限る。

4.言いきる。「〜であると思われる」とかはダメ。誰が
  思ってるの?主張の強さを明示的に示す。"We assume
  that ..."とか"We interpret that A is B"とか。
  そこで主張する事実が、著者の予想なのか、結果の解釈なのか、
  過去の研究者が実験により示した内容なのか明確に意識する。

番外1:長すぎる文はいくつかに分ける。格調高い論文では
    確かに1文が長いが、ネイティブでない我々は、達意の
    文を書くことに専念すべき。

番外2:受動態はしばしば主張を不明確にする。できるだけ能動態を
    使う。(主語が省略された受動態は、全ての人が同様に
    主語となり得る、という印象を与える)

121 :Nanashi_et_al.:02/01/13 08:34
>>118
ごめん.まだB2なんで.留年の方が危ない.(プ

122 :Nanashi_et_al.:02/01/13 09:26
おいらは、まず和文で書いて、それを英訳ソフトにかけて、
次に、自分で手直しして、そんでもって、教官に見せる。
すると、めちゃくちゃ直されて、それを何回か繰り返し、ようやく米国の業者に添削。
これまた直されて、次にようやく投稿。
査読で、また直される。

結局、審査が終わると、自分で書いたところは、We suggested that////
しか残ってないよ。
悲しい・・・・

これでも学位が取れそうだよ。

123 :Nanashi_et_al.:02/01/13 10:03
英訳ソフトから出発すると遠回りになるよ。

124 :Nanashi_et_al.:02/01/13 11:23
結局初めのほうに出ている話の繰り返しになってるな

125 :Nanashi_et_al.:02/01/13 11:36
>>122
そんな英文を添削させられるのは苦痛だろうな…教官がカワイソウダ

126 :Nanashi_et_al.:02/01/13 11:41
業者に翻訳の添削を頼むのとかときどき聞くけど、
ほんとなのそれ?
うちはボスの書いた論文に関しては、
査読で実験の内容にけつはつけられても
英文を直されることはほとんどない。

127 :Nanashi_et_al.:02/01/13 11:48
asking a contractor correction of translation -- although it is sometimes heard, it is with ほん -- curve
About the paper with which the boss wrote inside, even if けつ is attached to the contents of an experiment by 査読, English is hardly corrected.

128 :Nanashi_et_al.:02/01/13 13:46
業者に頼むのは基本だよ。
同じことをいってても、どうしても英語独特の微妙な表現が難しいらしい。
だから、英文しか書かない教官だが、自分でも必ず業者に出しているよ。

129 :Nanashi_et_al.:02/01/13 13:47
「初めて英論を書いてヒーヒー言っている人」

それより、女をヒーヒー言わせたいよな!!

130 :Nanashi_et_al.:02/01/13 13:52
からむーちょ。

131 :クリスマスにふられた♂:02/01/13 13:59
129のユーモアは87点だな。

ってか理系に限らず一流目指すなら英語ぐらいできろよ。

132 :Nanashi_et_al.:02/01/13 14:02
>>131は日本語がヘン。

133 :Nanashi_et_al.:02/01/13 15:09
英語論文書きながら、同時に女をヒーヒー言わせるって言うのはどうだ。

大半の輩は、自分で書きながら(千ずりかきながら)、ヒーヒー言うのが落ちだろうな!
俺もだけど・・・

134 :Nanashi_et_al.:02/01/15 21:37
ハーハ−言うっていうのはどうだ!

135 :1:02/01/15 22:56
 ヒーヒー、ヒーヒー・・・・・・。やっぱりダメェ・・・。

 同時には無理です!

136 :Nanashi_et_al.:02/01/15 23:27
ハァハァ...

137 :Nanashi_et_al.:02/01/16 02:39
133のユーモアは87点だな。

ってか理系に限らず一流目指すなら英語ぐらいできろよ。

138 :Nanashi_et_al.:02/01/16 02:49
英語はできるけど女をヒーヒー言わせるのは全然ダメな奴と、
英語全然できないけど女ヒーヒー言わせたら天下一品の奴。
二者択一だとしたら、君ならどっちになりたい?

139 :チョコボール:02/01/16 04:04
>>138
当然後者だろ?前者ってヤツいるのか?

140 :Nanashi_et_al.:02/01/16 23:11
男でも声出す奴って結構いるらしいぜ。

141 :Nanashi_et_al.:02/01/16 23:26
漏れは逝く時だけだ>声

142 :学部4年:02/01/17 01:19
英語論文を書くことになりました。
けど、4月からは他大院に進学することになっています。
それまでに書き上げれるか、かなり不安。

143 :Nanashi_et_al.:02/01/17 01:37
ヒィヒゥヒォ

144 :Nanashi_et_al.:02/01/17 06:38
このスレだんだん雰囲気が変わってきたな・・・。

145 :Nanashi_et_al.:02/02/08 21:20
気持ちいいぞ

146 :Nanashi_et_al.:02/02/09 00:13
うひょひょ

147 :Nanashi_et_al.:02/02/13 21:55
IEICEってとおりやすいかな
なにか基準とかある?

148 :Nanashi_et_al.:02/02/19 21:40
>>147
「基準」って何が聞きたい??
新規性と有効性って答えれば良いのか??(藁

ってか、そもそも何の為に、日本の学会の英文誌に投稿する?


149 :Nanashi_et_al.:02/02/19 23:59
論文誌のレベルとしてどうかと思ったのです
でも、自分に丁度よさそうだし投稿してみようかな

150 :Nanashi_et_al.:02/02/20 00:08
ISSCCにだしますが

151 :Nanashi_et_al.:02/02/20 00:12
なにそれ?

152 :Nanashi_et_al.:02/02/20 01:32
一生を賭けた仕事・・・Nature
よく出来た仕事・・・JACS
それなりに出来た仕事・・・JPC
いまいちな仕事・・・CL
失敗した仕事・・・日本語

153 :Nanashi_et_al.:02/03/26 00:09
IEICEに登校しておけば安心

154 :Nanashi_et_al. :02/03/26 09:07
安心ってなんだ?

155 :Nanashi_et_al.:02/03/26 21:32
だって日本だもん

156 :Nanashi_et_al.:02/04/02 03:11
やさしさは毒

157 :Nanashi_et_al.:02/04/02 03:25
最近、女をヒーヒー言わせてねえよ。

158 :Nanashi_et_al.:02/04/02 03:26
日本の学会は綴りミスごときでギャーギャーわめくので出しません。

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)