2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

博士後期進む利点は何?

1 :某大学理系M1:02/01/03 19:24
マジな話で悩んでます.就職か,進学か.
自分としては研究しつづけられれば何処でもいいんですが,
そういう目的で就職が成功しなかったらと思うと,
進学もありかなとおもうんですよ.
教授は進学をすすめるんですが,
博士は就職がないとか怖い話も聞くんですよ.
実際博士その後ってどうなんでしょうか?

2 :Nanashi_et_al.:02/01/03 19:33
企業での研究とアカデミアでの研究は別物だから,その点もちゃんと
考慮しよう!

3 :Nanashi_et_al.:02/01/03 21:00
一定以上の大学院なら努力次第でなんでもなる
なんともならないときもあるけど
それは運がなかったということで(w

そうでないところなら新しい進学先と比べて考えては?
教授が薦めるのなら見込みがあるってことじゃないのかな
DQN私大でたまに人不足で残ってと懇願するケースはあるみたいだけど

4 :Nanashi_et_al.:02/01/03 21:04
大学のレベルと
専門によるだろう。
でも青色半導体の中村氏のような場合もあるからね。
結局本人の能力次第(w

5 :Nanashi_et_al.:02/01/03 22:53
>自分としては研究しつづけられれば何処でもいいんですが

簡単に言うなよ
生物系ではそんなことほざいてる奴の9割以上が臨床かMRに行くんだから

6 :Nanashi_et_al.:02/01/03 23:24
>5
けど4のように思わない奴は博士課程にこないYO!
競争に勝てばいい!

7 :多分勝ち組:02/01/03 23:33
これからの時代、学位が必要だと思っただけで。
まぁ自信と自信の根拠がget出来ただけで良かったと思う。

8 :Nanashi_et_al.:02/01/03 23:34
博士修了者ですが、はっきり言って
進学かどうかなんて現在の状況で決定できないと思うぞ。
医学以外なら3年先だろ?
そんな先のことは判らん。無責任なようにみえるが、それが現実。

あと、ろくでもない学生でない限り教官としては進学をすすめる
と思う。学生には手足がついているからね。
今の研究結果に満足いってなければ進学。これ、俺の場合。

9 : ◆2002YYzE :02/01/04 00:41
なるほどね。俺も迷ってたんだけど、やっぱり進学しようかな。

10 :Nanashi_et_al.:02/01/04 09:34
自分は修士卒業後はとりあえず就職,
就職先で博士が必要なら大学に戻ろうと思ってるけど・・・

給料もらいならがーっていうのは楽観しすぎだと思うけど
27〜28まで社会に出ずに学生やるってのはちょっとねぇ.
そのまま大学で教官として生きていくとかしか理由が思いつかないです.
(就職先がないというのは別の話でね)
大学の教官になるにしても一旦企業出ておきたいとも思いますが

11 :Nanashi_et_al.:02/01/04 10:46
>>10
専攻はどんな分野ですか?

12 :Nanashi_et_al.:02/01/04 10:57
将来、何になりたいかがよくわからんので、なんともいえない。
大学教官になりたいなら、迷わずドクターへ。
ドクターを出てから企業に逝けるかどうかは指導教官の人脈次第。

13 :ドクターに逝け:02/01/04 16:24
俺は宮廷の修士で企業に就職。
でも最初の3年間はほとんど研究と関係ない職場。何度会社やめようかと
おもったことか。4年目から研究職に。これで運が向いてきてやっと論博。
ということで、企業に入っても修士では研究職にいけるとは限らない。
というより単なる生産職場や設計に回される人の方が多い。

14 :Nanashi_et_al.:02/01/04 16:29
別にドクター逝けとは云わないけど。

ただ確実に企業で研究者として働きたいなら博士持っておいた方
が良いかなと思った。それ以外なら別に要らないんでは無いかな

15 :Nanashi_et_al.:02/01/04 16:34
金を人生設計の第一に持ってくる人間は、修士で出るのがベストだよ。
三年間で借金するわけで。就職したら三年間金もらえるわけでしょ。
退職金も減るし。生涯で得る金はウン千万は損するだろうね。

16 :Nanashi_et_al.:02/01/04 18:16
>>15
終身雇用がなくなった今じゃなんとも言えんし
その考えかただと大卒,高卒っていう話になる.
修士がピークとなる理由をキボン

17 :Nanashi_et_al.:02/01/04 18:40
企業でも大学でも研究職についたとき、博士号を持っていると人権があります。
修士号しか持っていない場合は人権がないので、どこにとばされて何をやらされるか
わかりません。

でもそれも諸刃の剣、博士号を持っているからといって自分で設定した研究課題が
所属組織でどう評価されるかは別の問題、自己責任なのです。専門がマッチしないと
あぼーんなので注意しましょう。

18 :Nanashi_et_al.:02/01/04 22:07
悩むくらいなら、やめておけ〜。
どうにも研究がしたくてがまんならんってんで進学なら
学位取れなかった時諦めつくだろうけど、そんくらいで行くと
D3で後悔するぞ。
博士なんて良くも悪くも基地みたいなもん。

19 : :02/01/04 23:23
結局諸刃の剣だと、、、
素人はやめといたほうがいいかな。

20 :Nanashi_et_al.:02/01/05 02:41
研究やりたいなら後先考えず跳びこめ
っていいたいとこだがこのご時世では
そうもいくまい。
昔ならいざしらず、現在の博士なんてのは
むしろ素人主流。

とりあえず企業とコネクションが太い研究室
に入って保険を掛けておくのを誰が非難できよう。
ある程度の安心を持っておいてこそ不安な三年間
をやり過ごせるというもの。

21 :Nanashi_et_al.:02/01/08 18:26
勝手に管理職になるな!高い給料とってくな。
女子社員と遊ぶな。自分達のセフレにするな!
氏ね、氏ね、博士!アホアホアホストめ。絶対
コロス!

22 :Nanashi_et_al.:02/01/08 18:26
博士君達は、いつも女子社員と遊んでるか、
上司のご機嫌伺いで、忙しいみたいだよ。

博士君達のせいで、企業は業績不振
博士=クビクビクビクビクビクビ!

23 :Nanashi_et_al.:02/01/08 19:57
オレは博士逝ってヨカタよ。
>>21>>22はちと大げさ。

24 :Nanashi_et_al.:02/01/11 15:10
age

25 :Nanashi_et_al.:02/01/11 15:58
全国の大学院学生数は21万6千人.うち博士は6万人.
修士,博士共にここ10年で学生数が倍以上に増えた.

博士は卒業しても就職できるの2/3だけでっせ.
文部科学省統計
ttp://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/002/002a/gif/102-103b.gif

26 :Nanashi_et_al.:02/01/11 17:14
もし、とてもヒマを持てあましている人が居たら、
私立大学や国公立の試験場の研究報告を見てみて欲しい。
面倒ならば、業績目録だけでも。

彼らは研究者と呼ばれているが、生涯にわたって
修士論文レベルの研究を繰り返す。
学位取得以前のレベルで採用を続けてきた弊害だ。

27 :Nanashi_et_al.:02/01/11 17:38
今時、学位取得までは特に才能なんて必要としない。
特に実験系ではね。
問題はその後ではないかと。

28 :Nanashi_et_al.:02/01/11 18:05
教官がテーマ考えて、実験も他人に頼れる環境なら、博士号取得も難しくない。
問題は自分でテーマを設定して、実験・解析ができるかどうか。

29 :Nanashi_et_al.:02/01/11 18:08
2/3は、就職してるが実質はホスト!

30 :Nanashi_et_al.:02/01/11 18:08
1/3は、ホントにホスト(藁

31 :まじれす。:02/01/11 21:15
若いのなら損得考えずにやりたいようにやるのがいい。
自分の人生なんだから。

32 :Nanashi_et_al.:02/01/11 21:56
>博士は卒業しても就職できるの2/3だけでっせ.
>文部科学省統計
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/002/002a/gif/102-103b.gif

この2/3から、医学博士を取り除いて計算すると相当低くなるね。

33 :Nanashi_et_al.:02/01/12 06:00
>>25
すげーな、この統計。毎年10%が死亡若しくは行方不明、卒業後の就職率は平成2年から一貫して低下。現在、半分
をわずかに上回る程度。にもかかわらず卒業者は平成2年から倍増。 我が事ながら行く奴は馬鹿としか言いようがな
いな。

34 :Nanashi_et_al.:02/01/12 06:27
55%が就職(研究職とは限らない)
35%が行くとこない(主に研究生&フリーター)
10%が死亡もしくは不明(臨床研修医も含む)
 1%が進学(どこへ?)

このデータは国家資格がある薬学部や医学部も含んでるし
学位とれずに中途退学したのも含む(もちろん公務員試験受かって院中退も含む)

恐ろしいな…
俺は研究は好きだがDrへは最初から行く気はない

35 :Nanashi_et_al.:02/01/12 06:30
以外に国公立、私立の差はないね

理系の実験系は設備の点で旧帝でないと困りそうだが
就職やコネ、公募ではどうってことないみたいだ

36 :Nanashi_et_al.:02/01/12 06:36
人文系Drの就職率27%かよ
薬、医、看護のDrが71%で就職してるのに

残りはまともに就職(ポスドクも)できてるのは実質半分もいない

37 :Nanashi_et_al.:02/01/12 06:48
         進学率(平均0.9%)
私立出身Dr   2.4%
 教育学Dr   3.4%
 人文学Dr   1.7%
 社会学Dr 2.5%

結論:私立出身の喰えない分野のDrは
   D論が書けないと他のラボにロンダして1からやり直す(恐らく中退)
   と推定される
  
   無駄なのに…

38 :Nanashi_et_al.:02/01/12 06:49
      進学率(平均0.9%)
私立出身Dr 2.4%
 教育学Dr 3.4%
 人文学Dr 1.7%
 社会学Dr 2.5%

結論:私立出身の喰えない分野のDrは
   D論が書けないと他のラボにロンダして1からやり直す(恐らく中退)
   と推定される
 
   無駄なのに…

39 :Nanashi_et_al.:02/01/12 07:30
学振が取れたりするんじゃないの?
ダブルドクター。

40 :Nanashi_et_al.:02/01/13 04:20
企業行って論文博士っていう道は、実際のところどうなん?

41 :薬屋:02/01/13 04:27
会社にもよりますよ。
簡単にとらせてくれるかもしれないし、論文すら書かせてくれないかも(秘密保持のため)
あてにするのは決してリスク小さくない。

42 :精密機械屋:02/01/13 09:52
>>40
配属される職場による。
うちの部署は簡単に取らせてくれる。
ちゃんと調査してはいるべし。

43 :Nanashi_et_al.:02/01/19 21:35
周りには学位持ちしかいないから、
特に利点とかって感じたこともないなぁ。

44 : :02/01/26 01:05
取ってみると、こんなモンかって感じだった。もっと自分なりの哲学など持てば良かった。
今のままでは単なる経験値の進化したヤツだなぁ

45 :Nanashi_et_al.:02/01/26 03:52
博士とると、どうどうと博士コントができるようになります

46 :Nanashi_et_al.:02/01/26 05:06
>>45確かに
就職は分野とか上の先生によるんじゃない。
生物系の大半の実験ごり押しで月月火水木金土土で博士とっても
それは他のヒトでもできること。数式で新しい発見、かつ工学な
ら就職先あるかも。ただし情報系は俺は実験科学だと思うからそ
ういう意味では生物系と同じだな。JPEG2000位のものを開発できる
なら別だけど。

47 :46:02/01/26 05:09
スマソ「月月火水木金金」だった

48 :Nanashi_et_al.:02/01/26 17:14
>>46が情報の何処をみて実験科学というのかわからん.
コンピュータの原理にしろ理論先行.
メディア技術だけと思うなよ.


49 :Nanashi_et_al.:02/01/27 02:13
>>40
日本特有の制度である論博は、そのうち無くなる運命にあるようです。

50 :Nanashi_et_al.:02/01/27 02:29
当然であるとおもわれます>論文博士廃止

51 :46:02/01/27 02:38
>>48そうなの?
あなたはおそらく専門のヒトだ。(「。」じゃ無くて「.」だから。)
もしそうなら俺の勉強不足だ。失礼なこと書いてスマソ。
よく考えると情報通信と情報処理さえごっちゃにしとった。
少し勉強するために逝ってくるよ。

52 :Nanashi_et_al.:02/04/04 20:51
とくになし

53 :Nanashi_et_al.:02/04/04 21:14
>>50
なぜ当然と考えるの?


54 :Nanashi_et_al.:02/04/04 21:59
世界中で日本だけのクソシステム。
それから、文部科学省としては、きちんと金を払って学生になって学位を取って
貰いたいということだろ。
だって、論文博士は10万くらいだろ。
課程なら数百万はかかるのだから。

最後に、理系はともかく、文学などの学位が出にくい分野との格差をなくすためね。


55 :Nanashi_et_al.:02/04/04 22:06
>>54
別に課程すませた人と同じクオリティの論文書ければいい気もするが
だいたい文学博士なんてそんなに社会的需要ないんだから
学位でにくくてもいいんじゃないか

56 :Nanashi_et_al.:02/04/04 22:48
家庭なら監視があるが、
特に企業と医系がそうだが、誰が書いた論文か分からんからなぁ、論博は。


57 :Nanashi_et_al.:02/04/04 23:03
医学博士はカネで買えます。

58 :Nanashi_et_al.:02/04/04 23:47
>>54
文部省が財源目当てに論博を廃止したがっているという話はよく聞く。
ここのところ社会人向けの博士課程を増やしたのはその布石だとか。
クソシステムだとは思わないなあ。10万円で済むのが腹立つの?
それから、世界中で日本だけというのは事実じゃないね。
イギリスにも論博あるよ。

>>56
おおお、その問題があったか。
だが、インチキを見抜くのも主査の教授には必要な能力だと思うな。

59 :主査:02/04/05 00:12
よけいな仕事増やしてんじゃねぇよ ヴォケ

ソルジャー要員はもう要らねぇってんだろ カスどもが

60 :質問!:02/04/05 00:35
>>57
金払わなくても医学博士は簡単に取れるよ。
論文なしで、4年間いれば貰える所も多いのでは?
医学系の場合の話。
それともうちだけ?

61 :副査:02/04/05 00:36
ソルジャー=課程の学生

62 :Nanashi_et_al.:02/04/05 00:39
>58
>だが、インチキを見抜くのも主査の教授には必要な能力だと思うな。

だって主査はグルなんだもん。
見抜くもなにも、ねぇ。

63 :Nanashi_et_al.:02/04/06 02:39
あまりに博士が出ていない研究室は危険
過去2,3年間に学位を取ったものがいるか
調べるべし.教官は学生が博士課程に行っ
てもらうと予算が来るので行くように薦めてくるけど..



64 :Nanashi_et_al.:02/04/06 02:47
>>63
ドクターコースの学生が何人もいる割に論文があまりでない研究室も危険。


65 :Nanashi_et_al.:02/04/06 02:49
>64
何人ぐらいから多い?

66 :Nanashi_et_al.:02/04/06 02:54
>>65

年平均で3,4人,後期課程に進む研究室はざらにあります
阪大は後期課程の学生が多い研究室があるので有名です
だとすると...15人ぐらいいたら多いということになるのかな?

67 :Nanashi_et_al.:02/04/06 02:54
D1からD3までで4,5人もいれば十分では?
まあ,オレの知ってるとこでは10人いる研究室もあるけど.

68 :Nanashi_et_al.:02/04/06 03:01
>>66-67
10人はおおいなぁ
出口が狭そう


69 :Nanashi_et_al.:02/04/06 03:09
Dの数は研究室の雰囲気とかによる影響が大きいね。
いくら面白い分野でも研究室の雰囲気が悪いとDは少ないよ。

70 :Nanashi_et_al.:02/04/06 03:22
雰囲気が悪いためにDが少ない場合は
教官がDを取れる課題を理解している場合がある

しかし,雰囲気が良くてもDが少ない場合は
教官がDを取れる課題を理解していない可能性がある

後者の研究室をいかに識別するか
もしくは自分の能力・努力でなんとかDを取るか
どっちにしろ後者はあまりお薦めできないなぁ

71 :Nanashi_et_al.:02/04/06 03:54
>70
そんな教官のせいにしてちゃだめじゃない?
Dともなったら教官は付属品でしょ?

72 :70:02/04/06 04:07
>>71

それは,あくまで望まれる能力であって
全てのD希望者および進学者が持ち合わせている能力ではないと思いますが
どうでしょう?

自分は,指導教官に抱っこされていません
しかし,自分が考え,進んでゆく過程に対する
重要なアドバイザー方の一人として考えています
そう考えると,指導教官の能力というのも重要になってきませんか?

73 :Nanashi_et_al.:02/04/06 04:12
たしかに指導力というより、背景になれる力というか、
研究室の一員としての手本になれる力は結構大きいものはあるだろうね。

74 :質問!:02/04/06 07:49
>>71
博士過程の学生レベルで全てがこなせるほど、
研究は甘くないのではないか?

75 :Nanashi_et_al.:02/04/06 12:28
>重要なアドバイザー方の一人として考えています

って一転ジャン

76 :Nanashi_et_al:02/04/06 15:46
Dの数なんて教授のやる気次第だろ。

77 :Nanashi_et_al.:02/04/06 18:12
博士課程に行く人って学部の頃はどの位の成績だったんですか?

78 :質問!:02/04/06 18:25
>>77
さまざま

79 :Nanashi_et_al.:02/04/06 21:40
意外とあまりよくない人が多い

80 :Nanashi_et_al.:02/04/06 21:41
なして?

81 :Nanashi_et_al.:02/04/06 21:49
俺は学部のときは200人中下から20番あたりだったよ。
そんな俺も何を思ったか大学院行って、
今じゃ研究者として頑張ってるよ。

82 :Nanashi_et_al.:02/04/06 21:55


83 :Nanashi_et_al.:02/04/06 22:04
>>80
良い成績を上げるためのある期間内での一定範囲のお勉強と
研究者に必要な粘着的こだわりとは時として対立するから。


84 :Nanashi_et_al.:02/04/06 22:09
80=83のようだ

85 :Nanashi_et_al.:02/04/06 22:11
良く分からんが、その"="記号の定義を教えてくれ。


86 :Nanashi_et_al.:02/04/06 23:20
劣等生のコンプレックスを解消するために
研究で粘着質に頑張って成果を挙げる奴も居る。

87 :Nanashi_et_al.:02/04/06 23:26
80<83だな


88 :Nanashi_et_al.:02/04/06 23:28
>俺は学部のときは200人中下から20番あたりだったよ。
学部のときに順位なんてあったの?

89 :Nanashi_et_al.:02/04/06 23:44
博士課程に進む最大の理由は、学位が出易い事です。
修士で、論文博士狙いだと10年はかかるだろ。
就職するか学位を取るか、それだけの違い。

90 :Nanashi_et_al.:02/04/07 00:34
>>89
いまは10年もかからんよ。社会人院生もできるし。

>>1
教授は雑用が多いので学生を自分の手足として使いたいから進学を勧めるのよ。
職探しが厳しいかどうか、先輩達の動向を見ればわかるやろ。

91 :Nanashi_et_al:02/04/07 00:49
>>89
まだ働きたくないからってのが最大の理由と思われ。

92 :Nanashi_et_al.:02/04/07 00:53
>>91
そして働きたくても働けなくなる??

93 :Nanashi_et_al.:02/04/07 04:52
今までは良かったけど、独立法人化して教授がベンチャーはじめたりすると、学生をていのいい労働力として利用しだす可能性がある。
先生をよく見極めることですね。
ユースケ某氏はさっそくベンチャーの役員になるというし。

94 :Nanashi_et_al:02/04/07 09:38
>63
教官は学生が博士課程に行っ
てもらうと予算が来るので行くように薦めてくるけど..

これはデタラメ。博士課程の学生なら普通は付く予算以上に研究費を使うはず。
優秀な学生ならいいが、ゴミ学生だとお金的には割にあいません。
理系だと一人当たり150万は研究費使うだろ。

95 :Nanashi_et_al:02/04/07 09:43
>32
>博士は卒業しても就職できるの2/3だけでっせ.
>文部科学省統計

あんたおかしいんじゃないの。
博士号を取得したからって全員が就職できるなんて考えが
はじめっから甘いんだよ。
博士課程の間に所定の業績を残せなかったやつらに就職がないのは当たり前だろ。


96 :Nanashi_et_al:02/04/07 09:49
ここでは、教官にこき使われることを極度に
恐れている書き込み目立ちますが。

博士課程は本当に研究で自分を磨きたいやつだけが
くればいいんじゃねーの。
それに研究はある程度の人数でやることも多いから
教官も含めて他人とうまくやっていく能力、協調性も大事だよ。
自分の得になること意外には1分たりとも自分の時間を割きたくない
と言うようなやつはどこの職場、組織でも嫌われ者になるよ。


97 :Nanashi_et_al:02/04/07 14:15
学生で自分たちのことをソルジャーなんて言ってるのは
能力がないゴミが多いんじゃないの。
自分の能力にあったことをやりなよ。
出身大学がどこでも能力のないやつは研究なんてやっても無駄なんだよ。
税金の無駄。日本のために早くやめて下さい。


98 :Nanashi_et_al.:02/04/07 14:21
税金の無駄使いをやめて、
税金を払う人間になれ。
日本の国家財政は破綻しかけてるんだ。
破綻したら、研究どころじゃなくなるぞ。

99 :Nanashi_et_al:02/04/07 14:32
米のゲノム全解読アメリカの会社にやられちゃいましたね
しかもその米の品種は日本晴れ、つまり日本の米。
これからは日本人の主食の米の品種改良はアメリカが先行して行くだろう。
日本は高い特許料をしはらってアメリカから米の苗(種米?)を
買い付けなければならなくなるかもしれないよ。
でも無理解な人たちには生物の
遺伝子解読も役に立たない研究に見えるんだろうね。


100 :Nanashi_et_al.:02/04/07 14:38
日本もゲノムプロジェクトに随分な金かけたんじゃないの。
なんでアメリカに負けたわけよ。
国民が無理解だからか?

101 :Nanashi_et_al:02/04/07 14:59
>100
プロジェクトを仕切りたがり
変な予算配分をする文系出身の官僚がバカで無理解だからです。

102 :Nanashi_et_al:02/04/07 15:02
>100
確かにまじめに日々研究に打ち込んでいる
研究者のやってることを根拠もなしに分かりもしないで
役に立たんと批判するのは確実に士気の低下につながるだろうね。




103 :Nanashi_et_al:02/04/07 15:38
とにかく博士に行こうかどうか迷ってるんだったら、
行きたい意志がそれほどないんだったら、行かなきゃいいんじゃないの。
別に教官に強くすすめられてるわけでもないんでしょ。
教官だって、できの悪いのにきてもらっても嬉しくも何ともないんだし。


104 :1:02/04/11 19:20
逝くことに決定しました.
いろいろ有難うございました.

105 :Nanashi_et_al.:02/04/11 19:40
大変だろうけど, がんばってね.


106 :灯台のM2:02/04/13 04:07
 今の時期になって教授に博士課程進学希望を切り出したりすると
小一日くらい問いつめられそうな予感…。

 だって言えなかったんだもん…。

107 :Nanashi_et_al.:02/04/13 04:15
M1のときに手続きとかいるのでは?

108 :Nanashi_et_al.:02/04/13 05:03
>>106
漏れは逃げてたが、結局出願期間の前日の飲み会で説得されて願書提出。
おととしの寒い12月の日の出来事だった(藁藁




109 :Nanashi_et_al.:02/04/13 11:09
>>107
漏れはいらんかったぞ.

110 :Nanashi_et_al.:02/04/13 23:54
イネゲノムの解析って日本とかがやってるプロジェクトの方が
解析精度を上げてやっているんではなかったでしたっけ?
関係者の情報キボンヌ。

当方は完全に欧米の軍門に下った資源エネルギー関係です・・・。

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)